Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【伝統】「天皇陛下の衣装にも使われていた」アメリカが敗戦国・日本の大麻栽培を禁止した”本当の理由” [ごまカンパチ★]

1 :ごまカンパチ ★:2021/08/30(月) 19:32:03.74 ID:Kac953Tt9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d548b8e0bb5a1c0b783c788a6d904215d589ccf
戦前の日本には、大麻の栽培、所持、使用を禁止する法律はなく、農家は自由に大麻を栽培していた。ところが終戦後の1948年にGHQによって突然禁止された。
※略

■伝統だった日本の大麻栽培をいきなり禁止したGHQ
厳罰主義の大麻取締法は、終戦後の1948年に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の指示によって制定された。
つまり、科学的根拠に基づき、日本政府が独自に判断して大麻を禁止したのではないということだ。
※略
大麻は産業用として使い道が広く、葉や茎の部分からは麻繊維が、実の部分からは油がそれぞれ取れ、芯の部分は建築材料に使える。
また、大麻草は成長が早くて害虫にも強く、栽培の手間がかからないこともあり、重宝されていた。
さらに大麻は胃腸や喘息の薬としても効果があることがわかり、医療用にも使われていたという。

加えて重要な点は、大麻は日本の文化・伝統と深く結びついていたことだ。
昔は天皇が行う毎年の新年行事に麻の衣装が使われ、伊勢神宮で使われたお札は麻紙で作られていたと言われている。
『広辞苑』(第七版)によると、伊勢神宮には「大麻および暦の作製・配布など神官の付属事務所をつかさどった役所(神宮神部署)」が存在したが、1946年に廃止されたという。
このように重宝され、日本の文化や日本人のアイデンティティとも深く結びついていた大麻をGHQはいきなり禁止したのである。
当時の日本政府の担当者も、GHQから大麻取締法を作るように指令がきた時は、「驚いた」と正直に述べている。

■アメリカでもさまざまな目的で大麻が使用されていたが…
それにしても、米国はなぜ日本に対し、大麻を禁止するように指示したのだろうか。理由は簡単で、米国内で禁止していたからだ。
しかし、実は米国でも1937年に「マリファナ課税法(MTA=Marijuana Tax Act)」が制定されるまで、大麻はさまざまな目的で広く使用されていた。
MTAは大麻の取引を登録制にして手続きを煩雑にし、法外に高い税金を課すことによって大麻の販売を禁止しようとした、
実質的な「連邦大麻禁止法」だが、なぜ重税をかけようとしたのか。

その理由は後述するが、連邦政府は当時、大麻を法律で禁止するために必要な、説得力のある科学的証拠を提示できなかった。
大麻の有害性・危険性を示す証拠が十分に示されないまま、連邦議会にMTA法案が提出されたため、米国医師会(AMA)など医療関係者は強く反対した。
AMAの代表は連邦議会の公聴会で、
「医療目的の大麻使用が乱用につながるという科学的な証拠はない。医療用大麻を合法的に使えるようにしておくことは、患者の権利として非常に重要である」と証言し、
また、一部の医師たちは「依存性が低く、大きな治療効果が期待できる大麻の使用を禁止することで、人々の受ける損失は計り知れない」との抗議文を政府に送ったという。

さらに産業用大麻(ヘンプ)の生産者も成長が早くて手間がかからず、用途が広い大麻の栽培を禁止する法律の制定に対し、強く反対した。
それもそのはずで、米国では1600年代から1800年代にかけて、大麻はずっと主要農作物だったのだ。
合衆国初代大統領のジョージ・ワシントンや第3代大統領のトーマス・ジェファーソンが自らの農場で大麻を栽培していたのは有名な話である。
このように広く普及していた大麻を、当時の連邦政府はなぜ禁止しようとしたのか。その背景にはいくつかの理由が指摘されている。

■大麻禁止は連邦捜査官の再就職支援に利用された
ひとつは、連邦捜査官の再就職支援の一環ではなかったかというものである。
1933年に禁酒法が廃止され、それまで酒の取締りをしていた連邦捜査官が失業のリスクにさらされたため、彼らに「大麻の取締り」という
新たな仕事を提供する必要があったのではないかということだ
※略

ふたつ目は当時、警察などの法執行機関のなかに広がっていたメキシコ系移民や黒人に対する人種差別と憎悪である。
米国では1800年代に産業用大麻が広く栽培されていたが、1900年代に入ると、精神活性作用の強い嗜好用大麻(マリファナ)がメキシコ人によって大量にテキサス州の国境地帯に持ち込まれ、
小包郵便などで他の州にも送られた。
その結果、テキサス州の警官はこの状況を忌々しく思い、メキシコ系移民に対して激しい怒りや嫌悪感を抱くようになった。
この人種偏見が法執行機関関係者の間に広がり、マリファナ課税法の制定につながったのではないかとの指摘である。

※続きはソースで

73 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/30(月) 21:02:26.81 ID:K4peY0un0.net

ゆくゆくJTがフィリップモリスを脅かす企業に成長しちゃったら困るから

502 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/31(火) 13:10:04.10 ID:Uw4wtzAB0.net

>>498
それも同じ事
産業用か何か知らんけど、それと嗜好用大麻を混同してるのが大麻解禁派
俺は産業用なら解禁してもいいと考えてる

しかし、お前みたいな奴が出てくるからこんなスレだとなぜか反対派側になる
お前らがうさん臭いから

医療用等で大麻の規制を緩めようという記事が出るたびにお前らみたいなのが嗜好用もそのうち解禁するとか、海外では解禁されてるとか
そんな医療用とは無関係な話をしてくるから、うさん臭いんだよ

893 :ニューノーマルの名無しさん:2021/09/01(水) 11:08:32.05 ID:xZWzFHMh0.net

>>890
そういうところがダメ

俺は今の日本の現状を俯瞰的に眺めて考えているんだよ
俺個人がどうだという話ではない

大麻で逮捕されてる奴らの馬鹿面とか、
ネットで見る大麻解禁派の主張とか

やっぱりアレじゃんw
国民の多くから認めてもらって、嗜好用も解禁される流れにもっていくのは無理だろうな

464 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/31(火) 12:42:54.42 ID:olYoLCQw0.net

>>460
アルコールでもやろうと思えばできちゃうから意味のない議論って伝えてるよ

164 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/31(火) 07:48:20.51 ID:inXXHq0x0.net

下手すぎる日本語は不味いと気付いたヤク中はそろそろコピペが多くなりますよw

787 :ニューノーマルの名無しさん:2021/09/01(水) 08:24:04.36 ID:W6gNewUH0.net

酒より安全でリスクは低いの確か
世界的に大麻解禁の流れになったら、日本も追従するだろ
そうなると困るのが、酒造業界
大麻が広まれば、酒の危険性が一気に知れ渡る

58 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/30(月) 20:12:30.68 ID:pp4e54S60.net

>>4
なるほど
なんか不自然なほど喚いてる奴がいると思ったらパヨクが喚いてたのか

404 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/31(火) 12:14:21.52 ID:9XSLjpS80.net

観葉植物として庭に植えてみたいな。
ものすごい高さになるらしいから、隣との境に植えておくと目かくしに使えそうだ

483 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/31(火) 12:52:51.50 ID:Wf0G9vJT0.net

>>67
許可はなかなか下りないわけだが。
どこの神社?バカすぎる神官でびっくりだぜ。

239 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/31(火) 10:02:33.77 ID:wondWlWc0.net

大麻取締法で栽培が大臣許認可制になったのが、栽培されなくなったのは麻糸目的ではなく吸うための盗難が相次いだからだよ

だから日本では品種改良が進んでラリれない麻糸目的の品種が栽培されてる
トチギシロはTHC0.1%未満

麻糸は古代から丈夫なので布を編んだりには使われてきたけど、花穂を乾燥させて燃やすような使い方はない
日本人は普通に昔から酒を飲んで酔っ払ってます

2hcreate

Next Post

【枝野代表】 “政権交代を実現し感染を封じ込めたい” ★4 [首都圏の虎★]

金 9月 3 , 2021
元スレ 1 :首都圏の虎 ★:2021/08/29(日) 15:25:57.08 ID:7ZseGa […]