Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

立憲民主党 辻元清美 副代表 菅首相に要求「国会開きましょうよ」「予備費執行しましょうよ」 [ベクトル空間★]

1 :ベクトル空間 ★:2021/08/20(金) 13:42:36.59 ID:XLg0SA8B9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/ec8f172116cb93127dba7a1ed097839ac150a539
(全文はリンク先を見てください)
立憲民主党副代表の辻元清美衆院議員(61)が19日、自身のツイッターで配信した動画で「菅総理、一刻も早く国会を開きましょうよ」と訴えた。

【写真】前代未聞!辻元清美氏の「リモート応援演説」

 立民は新型コロナウイルスの感染爆発をめぐり、国会を開くことを要求しているが、政府・与党が慎重な姿勢を崩していない状況だ。辻

191 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/20(金) 16:09:08.24 ID:BekHRu2g0.net

>>185
だな

111 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/20(金) 14:25:56.26 ID:3×4/UYiA0.net

普通の国みたく365日の定例国会にしろよ
野党が反対するから成立しないんだっけか

316 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/21(土) 15:22:57.83 ID:31VAnqKI0.net

前代未聞の応援演説みたいに

「リモートで開きましょう!」

って言ってたら二重丸なんだがな。
アクリル板とマスクだけならデルタ株は防げないから、集まる形なら今は開かない方が良いよ。

193 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/20(金) 16:10:05.86 ID:T7Gh3RwB0.net

何で直接言わないの?

171 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/20(金) 15:46:46.32 ID:SIYCqb8W0.net

>>154
辻元弟は最悪やけど
土井たか子とか福島みずほや野田聖子に比べると代議士として清美の方はまたマシなんじゃないの?

名前も清く美しくだぞ??

73 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/20(金) 14:07:17.03 ID:+QpSuWwg0.net

>>69
パヨは説明できないから無能っていわれんだよ

240 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/20(金) 16:44:26.31 ID:CEPpc0lU0.net

辻元のツイッターって、限られた人以外コメントできないようになってて
国民の声を聞くつもりがないのはお前もや、と言いたい

17 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/20(金) 13:45:57.45 ID:hKmIOlhm0.net

30兆円の未消化予算あるなら国民に給付金配れるよな?

345 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/23(月) 09:44:03.74 ID:aQueD9dS0.net

辻元の表の顔=舌鋒鋭く切り込む論客
辻元の裏の顔=実は与野党協調を重視していて与党や内閣とも対話をしている
辻元の裏の裏の顔=関西生コン

231 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/20(金) 16:40:07.79 ID:CvtZgDNl0.net

書き換えた事情が
「大阪のこの土地の特殊事情」
忖度したのも「大阪の特殊事情」

大阪の特殊事情=同和と在日だからな

そこに詐欺師の籠池が
右翼を偽装して、安倍の名前を使った
パヨクチョンは反日朝鮮人とその帰化人だから、
その部分は野党は追及しない

官僚をはめた(口封じした)のは
同和と在日の犯罪だ

その証拠に、加害者側の圧力団体の当事者
=辻元朝鮮人とか枝野とかは
だんまりじゃねーかw

関与した政治家っていうのは
辻元と枝野 など在日同和関係 
当時は民主党政権
辻元と枝野が真犯人だから
この二人顔色悪いし、
追及の歯切れが悪いんだな

この森友学園事件は、
従軍慰安婦でっち上げ事件と同じだ

2hcreate

Next Post

【産経新聞】自民若手「心が折れそう」 衆院選前の逆風に1都3県では、結構な確率で討ち死に★6 [孤高の旅人★]

水 8月 25 , 2021
元スレ 1 :孤高の旅人 ★:2021/08/22(日) 20:35:49.83 ID:sMXene […]