Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

英国のコウモリ、記録破りの2000キロ移動もロシアのネコに襲われ死ぬ [マスク着用のお願い★]

1 :マスク着用のお願い ★:2021/08/12(木) 14:50:52.55 ID:GP2GT19m9.net
https://www.cnn.co.jp/fringe/35175140.html
英国のコウモリ、記録破りの2000キロ移動もロシアのネコに襲われ死ぬ

カナダ・オンタリオ州トロント(CTV Network) 「オリンピアン」というニックネームを付けられた1匹のコウモリが、英国から飛び立ったコウモリとしては観測史上最長の距離を移動したものの、ロシアでネコに襲われ、死んでいたことが分かった。

このコウモリは、ナトゥージウス・アブラコウモリの雌の個体で、体重がわずか8グラムと非常に小さいが、最初に目印が付けられた英イングランドのヒースロー空港付近から、ロシア西部の村モルギノで最近発見されるまで、2018キロの距離を移動していた。

これは英国から欧州各地へと渡ったコウモリのうち、知られている中では最も長い距離の移動となる。またこれを超えるコウモリの渡りの記録は、2019年にラトビアからスペインへ2224キロ移動した例のみだという。

この出来事について、英国を拠点とする団体「コウモリ保護トラスト」は声明で、「これまで知られている中で、コウモリによるもっとも偉大な渡りの一つだ」と評した。

コウモリに関する記録を取り続けるブライアン・ビッグズ氏は「とてもエキサイティングだ」と語り、「この並外れた動物を保護する国際的な保護の取り組みに貢献し、魅惑的な生態についてより多くのことを学べることは本当に素晴らしい」と述べている。

だが全てが良いニュースだったわけではない。このコウモリはネコに襲われたとみられるけがを負ったことで発見され、ロシアの保護団体の元に届けられた。だがその後、死んでしまったという。

2021.08.12 Thu posted at 14:45 JST
CNN

161 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/14(土) 17:29:09.42 ID:LSi8Envc0.net

ステイホーム

82 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/12(木) 15:38:20.45 ID:+9fhEB1q0.net

>>1
おそロシア

159 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/14(土) 17:11:51.36 ID:gxIz0Ik90.net

89 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/12(木) 15:41:13.31 ID:g/UBIuIFO.net

コウモリを襲った猫はロシア政府に暗殺されるのか

24 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/12(木) 15:02:25.33 ID:xg23tOJ20.net

害獣さぁ…

112 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/12(木) 16:10:55.28 ID:N7/NPpNW0.net

渡りの距離が長い=偉大
なにこれ?
人間の物差しで考えて、偉大とか言ってんの?バカらしい

43 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/12(木) 15:09:51.27 ID:b3E95kfl0.net

コロナお届けに来ました

152 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/13(金) 12:42:05.90 ID:D59VAft50.net

>>150
バキに出てきそう

129 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/12(木) 17:24:31.42 ID:e2UsQQXC0.net

>>1
という事は、変異型コロナキャリアのコウモリが中国から日本へ飛んで来れると言うことだろうか??
昼間カッどうするコウモリも居るらしいから
可能なら、新たな驚異にもなりそうだ

既に稲の害虫はインドから飛来しているらしい
しかも日本全土で見つからない事は無いそうだ??

141 :ニューノーマルの名無しさん:2021/08/12(木) 21:34:55.32 ID:v3HFhqm50.net

>64
その頃、天敵の居なくなった林では…

2hcreate

Next Post

東京4295 ★3 [ネトウヨ★]

月 8月 16 , 2021
元スレ 1 :ネトウヨ ★:2021/08/15(日) 18:24:00.52 ID:4mLXcpp […]