Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【佐賀】“公務員”はいらない? あの佐賀で何が… [夜のけいちゃん★]

1 :夜のけいちゃん ★:2021/06/25(金) 20:38:20.22 ID:1+/mmxEE9.net
2021年6月24日 15時27分

 “公務員”と聞いて、どんなイメージが浮かぶだろう。「公平公正」「まじめ」「手堅い」「安定志向」「頭が固い」…などなど。私自身、誤解を恐れずにいえば「お堅い人たちが前例を踏襲しながら淡々と業務をこなしている」という印象を持っていた。ところが、そんな印象は、がらりと変わった。佐賀県庁の採用の実態を知ってからは―

ベテランひしめく!?新人研修

“異変”に気付いたのはことし4月、佐賀県に採用された新人職員の研修を取材した時だ。

パリッとしたスーツを着た若者たちに交じって、「新人」と呼ぶには少々、違和感がある人たちがいる。しかも、結構な割合で。
「ことしで45歳。これまでさまざまな経験をしています。まず商社に7年…」

「入庁前は6年間、看護の仕事をしていました」

「建設会社では都内の地下鉄の駅を造っていました」
“社会人経験豊富な”新採用職員
“社会人経験豊富な”新採用職員
そう、彼らは民間企業などで勤務経験がある、社会人採用の職員たちだ。商社や金融、ITなど前職も多様なら、年齢も20代〜40代と幅広い。

ことし入庁した行政職84人のうち28人が社会人採用者。実に3割以上を占めていた。
社会人採用者の割合は全国トップ

佐賀県は15年前から社会人採用を続けてきた。

当初は、職員の年齢の偏りを是正することが目的で、数人程度だったが、最近では多様なキャリアを持つ県政の担い手として20人前後を採用。

行政職全体に占める、およそ12%という割合は、全国の都道府県でトップとなっている。
「公務員になりたい人」はいらない

採用のパンフレットが、すべてを物語っていた。
「私は、公務員です」の公務員を横線で消し、キャッチコピーには「公務員という職種はない」という刺激的なフレーズ。

採用担当者の会議でも、公務員らしからぬ、ぶっ飛んだ発言が。

「はっきり言って『公務員になりたい人』はいらない」

「公務員になりたいのではなく佐賀県職員として何がしたいのか。明確なビジョンを持ったプロ意識のある人を採用したい」
背景にあるのは、古い“お役所”仕事では急激な社会の変化に太刀打ちできないという強い危機感だった。変化の激しい時代に対応し、県民が“いま”求めているサービスを提供するためには、民間などで培われた柔軟な思考が必要だというのだ。

長文につき全文はソースで
ソース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210624/amp/k10013099801000.html?__twitter_impression=true

181 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/25(金) 21:38:11.54 ID:I5GoiC260.net

そもそも地方議会とか地方公務員なんていらないんだよ
国が直轄すればいいだけ

24 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/25(金) 20:42:50.54 ID:jfhong+U0.net

FAX

241 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 07:43:24.60 ID:vVCeUUzY0.net

>>2
ロマンシング佐賀とか、佐賀の役所はそっち方面アグレッシブ

306 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/27(日) 22:10:44.20 ID:DIkAMJ+T0.net

>>303非正規で十份
正規のゴミ共さえ、個人情報悪用してるんだからな
犯罪起こしても裁判起こせばクビにならないからやりたい放題だ

50 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/25(金) 20:49:26.61 ID:AKG5MrTf0.net

買い手市場の驕り高ぶりだな

132 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/25(金) 21:10:34.08 ID:Y1WEryBR0.net

寄生虫ゴキブリ公務員限定利権の存在に疑問持ってない連中ってもうカルト宗教信者だよなwww
国民総狂信者になって「そういうものだから仕方ない」で納得して唯々諾々と無意味な利権制度の維持費強制負担wwww

例えばさ、「駐車料金一台千円」「購買に関わらず入店一人につき入店料1000円」
「会計に<この店舗の管理運営負担金を10パーセント上乗せ>」「入店時に別途入会費年会費払って入会した会員証提示義務」
「無駄に店内に過剰なまでの大量の店員と警備員、その人件費は店内商品売価に上乗せ」
「店内に居るだけで終日遊んでるだけの店員は年収800万以上、警備員は1000万以上、当然極太福利厚生、その維持費は売価に織り込み済」

なんてな顧客舐め腐った小売店、あったとして行く?
ある訳ないよな?仮にあったとしても他の店に行けばいいだけの話だよな?

じゃあさ、もし、
「スーパーコンビニドラッグストアディスカウントストア・・個人向け小売経営全ては国の直轄独占事業」で、
「そういう小売店しか存在しない、ていうかこの国では小売店は全てそういうもの」
であったとしたら?
「皆も同じ状況で我慢してるんだから仕方ない」「選択肢が無い」「無いよりマシ」だから
「利用せざるを得ない」よな???
むしろそれが当然の状態になって感覚麻痺したら
「もし無ければ皆が困る公益に資する存在」だの「存在してるだけで有難い、多少の負担は気にしない」になるよなw

これが「寄生虫ゴキブリ公務員システム」なwwww
「天皇は神」ばりの鉄板洗脳フレーズ「公的な業務は信頼性の高い公務員にしか任せられないキリッ民間に任せたらとんでもない事になるキリッ」
現実は「公権」駆使して利権拡充と犯罪がまかり通ってるだけ、てなオチなw
でも「民間人よりも信頼性のある公務員キリッ」
マジウケルwww

34 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/25(金) 20:45:21.27 ID:jjHkz9870.net

佐賀フロンティア

94 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/25(金) 20:59:59.10 ID:KUHaJUUg0.net

民間から地方公務員に転職したけど、変えようとしてもあの組織は無理だw

6 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/25(金) 20:40:03.40 ID:Y1WEryBR0.net

阿久根市長の竹原信一氏は家業の建設業を通じて、役所と関わる中で広がる官民格差を感じた、
竹原支持の市会議員は言う「市職員の家は豪邸、市営住宅はオンボロ」
その後市長に当選した竹原氏は市職員の年収を公開
260人の市職員の大多数54パーセントの年収700万以上、一方市民の年収は200〜300万
ある市民は言う「この辺は100〜200万が普通ですよ、それがさ、市の人達だけ700〜800取るっていう、それおかしいよね
ひまそうに座ってる自治労幹部
「市民と市職員の給与格差を持ち出すことは市長としてやるべきではない」
★阿久根市は日本の縮図★だ
「私の数年分の年収。下げて当然でしょ」
 6日午後、阿久根市役所を訪れた会社員の女性(61)は、昨年末に張り替えられた紙を見て、うなずいた。

 〈1億6270万円(正規職員数22名)〉。部署ごとに2007〜09年
度の人件費と職員数が並び、最後に〈皆様のお役に立つ職場作りに努めます〉とある。
「市職員の半数以上が年収700万円」
「立派な車や家を持っているのは公務員だけ」
 住民の多くは「官民格差」に敏感だ。

 市役所から5キロほど離れた山あいで十数頭の肉牛を飼育している寺地政文さん(74)が格差を感じ始めたのは、
竹原信一前市長(51)が09年2月、市のホームページに全職員の給与を公表してからだ。
「肉は売れず、数億円の借金を抱える仲間もいるのに……」。
県外にいる子どもたちまでも「不景気で帰省できない」と言い、今年の正月は孫にも会えなかった。
「とにかく格差のない阿久根にしてほしい」。その思いをますます強くした。

 市中心部の商店街。ある通りには15年前に27店があったが、今も営業しているのは5店だけだ。

144 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/25(金) 21:16:33.61 ID:kl5qyQFW0.net

佐賀県民はクソ

ソースはおしん

2hcreate

Next Post

「謎の言葉」でスーパーの万引き3割減 警部が店に仕掛けた秘策とは?⇒ 朝日新聞が手の内を暴露してしまう [ニライカナイφ★]

日 6月 27 , 2021
元スレ 1 :ニライカナイφ ★:2021/06/26(土) 08:05:01.34 ID:0GG2 […]