Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【軽自動車】「軽=貧乏」は古い価値観 “軽”を選ぶことが圧倒的に“合理的”であるワケ ★7 [鬼瓦権蔵★]

1 :鬼瓦権蔵 ★:2021/04/26(月) 00:45:56.75 ID:S+HH9liP9.net
全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/e612b37dae86e268f4db82aaac840280e66b8476

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1619356327/

個人的な話はさておき、「軽自動車は貧乏人の乗り物」というイメージは、軽自動車が200万円を超えることがザラになった今もなお根強く残っている。

「軽の白ナンバー」に対する反感
それを象徴するのが、軽自動車の「白ナンバー」に対する世間の反応である。
2017年10月から、東京オリンピック・パラリンピックを記念するナンバープレートが交付され、軽自動車であっても申請すれば白いナンバーを付けられるようになった(2021年9月30日までの受付)。

軽自動車を「格下」として扱いたい者にとっては、軽に「貧乏人の烙印」たる黄色ナンバーが付いていないのが気に食わないのだろう。
Googleの検索窓に「軽 白ナンバー」と打ち込むと、「うざい」「ダサい」「むかつく」といった単語がサジェストされる。「貧乏人は貧乏人らしく黄色ナンバーを付けておけ」という本音が透けて見えるようである。

しかし実際のところ、「軽=貧乏」というイメージは、もはや古い価値観でしかない。
もともとの取り回しのよさに加え、走行性能や安全・快適装備、車内空間などあらゆる面が著しく向上した現在の軽自動車は、デイリーユースを主とするユーザーにとって「もっとも合理的な選択肢」になりうる存在だ。

「軽=貧乏」は成り立たない
そもそも、「軽自動車に乗っているのは低所得者である」という認識自体が、現実を正しく捉えたものではない。
厚生労働省が2019年に発表した国民生活基礎調査によれば、世帯年収の平均値は552.3万円であり、中央値は437万円 。
対して、「一般社団法人 日本自動車工業会」が2020年に発表した「軽自動車の使用実態調査報告書」を見ると、軽自動車所有者における世帯年収の中央値は527万円(平均値は未発表)である。

所得分布で比べてみても、軽自動車を所有する世帯が低所得であることを示す要素は読み取れない。

1000万円以上の世帯は3%ほど少ないが、400万円未満の割合も少ない。
400万〜1000万円未満までの階層においては軽所有世帯が上回っていることをふまえれば、軽自動車はむしろ「中流層の経済状況に見合った車」ということになりそうである。

「軽=ショボい」も成り立たない

まず、「軽自動車は狭い」という点について言えば、これは90年以前の「旧規格」の印象に引きずられた価値観だろう。
90年と98年に行われた軽自動車の規格改定により、ボディサイズが拡大していくにつれ、「室内空間をいかに広くとるか」というメーカー間の競争も激化していった。

結果として、現在のN-BOXやタント、スペーシアやルークスといった「スーパーハイト系」の軽自動車は、多くの普通車が太刀打ちできないレベルの後席空間を実現している。

圧倒的な足下空間・頭上空間、優れた乗降性、多彩なシートアレンジにより、スーパーハイト系の軽自動車は子育てや介護など幅広いニーズに対応できる。
もはやこれを「狭い」と言えるのは、後席にロングスライド機構を備えたミニバンくらいのものだろう(軽自動車の車内空間の広さについて こちら に写真を多数掲載しております)。

走行性能も向上
かつての軽自動車には、「フル乗車だと坂道で進まない」「高速でエンジンが壊れそうなくらい五月蠅くなる」といった事態が生じていたが、現在のターボ付きモデルであればそうした心配もない。

かつての軽自動車は100km/h巡航時に4000〜5000回転ほどエンジンが回るケースもしばしばだった。しかし現行車種は同条件で2000〜2400回転程度に抑えられており、遮音性能も向上しているから、かつての「必死さ」を感じさせなくなっている。
普通車のコンパクトカーと遜色ないくらい、高速や坂道の走行に不安がなくなった。

日本の道路環境にジャストフィット
軽自動車の「取り回しのよさ」も、積極的に選ぶべき理由の一つである。
とりわけ、年々普通車のボディが拡大していく昨今の動向を鑑みれば、狭い道でもストレスなく進める軽のメリットも際立つというものだ。

「生活を便利にする道具」としての車選び
総じて軽自動車は、日本の道路環境や、国民の生活ニーズを的確に反映した車種である。
車の「ステータス性」を抜きにして、家電のように「生活を便利にする道具」として捉えれば、これほど合理的な車はない。

加えて、環境性能の高さもポイントである。燃費がいいだけではなく、車体が小さいため製造時のCO2排出量も抑えられる。

720 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 07:41:02.96 ID:A1mB+jH40.net

若い時はみんな軽に乗るけど、その後もずっと軽に乗ってる奴なんて女以外居ない

423 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 05:34:48.72 ID:GkjrZgnu0.net

>>407
ウチは俺の普通車と、嫁の軽の2台持ち
用途で使い分けてる

225 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 03:27:17.70 ID:26Zd1Yoh0.net

全体的にハンドルが遠いのだけがちょっとね
一種のクラッシャブルゾーン確保のためらしいけど
ボンネットが短いぶん衝突時にハンドルが車内に押し込まれても
身体に当たらないようにあらかじめ遠ざけてるんだとか

78 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 01:50:40.00 ID:CbEH46zn0.net

普通車と軽。
車体価格も維持費も全て同じでも軽を選ぶ人て何割いる?2割くらいはいるだろうか。小回り利くとか、駐車場狭いからとか。
N-BOXとアコード、どちらも350万円でも N-BOX買うの?

649 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 07:18:53.57 ID:NmZPqu1d0.net

そもそも1日の9割近く車庫に置かれているオブジェクトに大金出すなんて非効率

829 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 08:00:38.45 ID:BmDmY+s40.net

軽はザコ

631 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 07:12:35.64 ID:I+4tlH000.net

仕事、日常の足、レジャー、遠距離、近距離全部軽1台ですましてる
軽しか維持できないんじゃ!文句あるか!?

930 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 08:17:46.75 ID:E8msdhwg0.net

>>924
ターボ付きなら余裕よ?

59 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 01:37:08.12 ID:VMK8PSuQ0.net

>>53
ベースがダイハツじゃ、見せかけだけ高級っぽく見せても、中身が伴わないから無理だな

978 :ニューノーマルの名無しさん:2021/04/26(月) 08:27:41.73 ID:RyDM+8VS0.net

>>975
長女に我慢してもらえ

2hcreate

Next Post

【スピード感】ワクチン接種 “早ければ7月中にも一般の人へ開始も” 厚労相… [BFU★]

火 4月 27 , 2021
元スレ 1 :BFU ★:2021/04/27(火) 11:08:43.47 ID:Plhd8c5E […]