Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

大腸を使って小腸の再生成功  慶応大などのチーム [和三盆★]

1 :和三盆 ★:2021/02/28(日) 11:53:25.08 ID:MRsT/1/I9.net
 栄養の吸収を担う小腸の機能を大腸を使って再生することに動物実験で成功したと、慶応大などのチームが25日、英科学誌ネイチャー(電子版)に発表した。病気で小腸を切除し、栄養吸収が十分にできなくなった場合の根本的な治療法は現在、小腸移植しかない。研究チームは「構造が複雑で不可能と言われてきた小腸の再生医療につながる可能性がある」と話す。
 小腸は栄養や水分を吸収する生命維持に欠かせない臓器。表面が絨毛(じゅうもう)と呼ばれる長さ約0・5ミリの突起で覆われており、そこから栄養などを吸収している。

 佐藤俊朗・慶応大教授らのチームは、ラットの小腸の細胞を培養して、小腸上皮の基となる細胞を作製。切り取った大腸組織(約3センチ)の表面をはぎ取って、この細胞を注入した。
細胞注入後の大腸組織を、小腸を切除したラットの大腸の入り口付近へ移植したところ、消化液などの流れによって表面に小腸特有の絨毛ができた。さらに、本来大腸にはない、脂質を吸収するためのリンパ管ができ、内容物を押し出すぜん動運動も確認できた。

 移植を受けたラット7匹のうち6匹は19日以上生存し、2匹は体重も増えた。一方、小腸ではなく大腸由来の細胞を注入した大腸組織を移植したラット4匹は体重も増えず、移植後10日以内に死んだ。

 難病のクローン病や小腸がねじれる腸捻転では、小腸を切除しなければならない場合がある。チームによると、国内では1996年に初めて生体小腸移植が実施され、脳死後に提供されたケースも含め2019年までに計32例だった。他の臓器より拒絶反応が強く、移植が成功しても生存率が低い。極めて複雑な構造を持つことから再生医療研究も進んでいなかったという。

 チームの小林英司・慶応大特任教授は「小腸を切除した患者の大腸は、大きくなることが知られている。大腸の一部を小腸化できれば、移植後の免疫抑制剤を必要としない新たな治療法につながる道筋になりうる」と話す。

https://mainichi.jp/articles/20210225/k00/00m/040/022000c

30 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 13:35:53.34 ID:H3EA5sD00.net

大便を使って小腸の再生に見えたニダ

19 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 12:15:33.34 ID:gFkMgtLq0.net

移植って医療なのか

28 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 12:47:32.35 ID:mFFT5n8X0.net

テッチャンからコテッチャン作れるってことだな

33 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 17:35:17.21 ID:hdSBb0LW0.net

>>7
考える事は皆同じやなw

21 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 12:19:00.30 ID:SaBwDDTe0.net

むしろ肛門の再生早くしてお願い

18 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 12:14:10.30 ID:/KJjmKLo0.net

>>7
言おうと思ったら言われてた

8 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 11:57:00.74 ID:oBPQppN10.net

盲腸の再生とかいう
意味ない研究キボンヌ

29 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 13:27:35.33 ID:uI3C4ebF0.net

これって持つ煮込み界には革命なんじゃね?

15 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 12:07:12.55 ID:xDXq3OLo0.net

大腸は小腸をかねる

13 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/28(日) 12:00:20.43 ID:3AOV3kDD0.net

マジそれ?

腸いい感じ〜♪

2hcreate

Next Post

【えち鉄】土砂が線路を覆う…再開見通し立たず [チミル★]

木 3月 4 , 2021
元スレ 1 :チミル ★:2021/03/03(水) 08:50:06.62 ID:gXqqoM22 […]