Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【武漢ウィルス】まったく信用できないWHO「武漢でのコロナ調査」 中国寄りの姿勢にうんざり [砂漠のマスカレード★]

1 :砂漠のマスカレード ★:2021/02/18(木) 03:08:23.94 ID:DAR83mY89.net
■中国は約1年間、WHOの本格的調査を拒否

 2月9日、WHO(世界保健機関)の調査団は、中国の武漢市での新型コロナウイルスに関する現地調査を終了し、中国当局と共同で記者会見を行った。

中国は約1年間、WHOの本格的調査を拒んでおり、WHOの調査団が武漢市に入れたのは今年1月14日のことだった

調査団は最初にクラスターが発生した華南海鮮卸売市場やアメリカのトランプ前政権からウイルスの漏洩を指摘された武漢ウイルス研究所などを調査し、関係者から話を聞いた。しかし、WHOは武漢ウイルス研究所からのコロナウイルス流出の可能性を否定し、発生源についても武漢市以外である可能性を示した。

 世界各国が注目していたWHOの現地調査だったが、その公表内容には期待を大きく裏切られた。

 ■WHOの中国寄りの姿勢にはうんざりさせられる

 そもそも中国当局と共同で記者会見を行うこと自体おかしい。まるで政治ショーである。WHOはどこまで中国をかばう気なのか。これでは中国の太鼓持ちだ。新型コロナが発生して以来、WHOの中国寄りの姿勢にはうんざりさせられる。

 ここ数年、WHOは中国寄りの言動が目立つ。特に新型コロナに関しては露骨だ。WHOはもっと早く武漢入りできるように中国当局に圧力をかけるべきだった。

 新型コロナのパンデミック(地球規模の流行)の責任の一端はWHOにある。WHOが中国の当初の言い分をうのみにした結果、世界各国の対応が遅れ、多くの感染者と死者を出すことになった。

■中国当局は「冷凍食品に付着したウイルスから感染」と主張

 2月9日の記者会見で、WHO調査団の中心メンバーである感染症専門家、ピーター・ベンエンバレク氏はこう説明した。

 「武漢で採取された新型コロナウイルスの遺伝子配列は特定のコウモリのそれとかなり類似している」

 「人への感染ルートは、ウイルスの自然宿主とみられるコウモリと人との間に別の動物が存在する可能性が強く、感染経路を調べるにはかなりの時間がかかる」

 「ウイルスが最初に発生したのは武漢とは限らない」

 「中国だけでなく近隣諸国のコウモリも調べる必要がある」

 「武漢ウイルス研究所から流出した可能性は極めて低い。今後、研究所の調査の必要はない」

 「華南海鮮卸売市場については市場にあった輸入食品のサプライチェーン(供給網)の調査が必要だ」

 WHOは中国当局の主張、たとえば「中国に輸入された冷凍食品に付着したウイルスから感染した」という言い分を本気で信じているのか。

 ■「中国以外から感染が始まったという証拠は極めて限られている」

 ただ、WHOの調査団のメンバー全員が中国寄りというわけでないようだ。感染症の研究者であるオーストラリア人のドミニク・ドワイヤー氏は、同国の放送局のインタビューに対し、こう話している。

「コウモリを媒介して感染した可能性が最も高い」

 「感染は中国から始まったと思う」

 「中国以外の地域から感染が始まったとする証拠は極めて限られている」

 「中国とは見解の相違がある。だが、調査によって新型コロナの理解が深まった」

 新型コロナ対応を検証するためにWHOが設置した独立調査委員会も今年1月18日、中間報告書を公表し、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)の宣言を見送った昨年1月22日と23日の専門家による緊急委員会についてWHOの対応を批判している。

 「なぜこれより前に会合を開かなかったのか、なぜ宣言の発出に合意できなかったのか不明瞭だ」

 この「国際的な公衆衛生上の緊急事態」は同年1月30日になって宣言されたが、1週間も宣言発令が遅れたことで世界各国の初動対応に大きく影響したことは間違いない。

2021/2/16 16:31
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.sankeibiz.jp/econome/amp/210216/ecb2102161631013-a.htm%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAfu3vbaJu_KSjwGwASA%253D

24 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 03:34:25.91 ID:SDQrOfl40.net

接待受けに行ったんだろ

39 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 03:52:07.14 ID:0usLDhEB0.net

>>34
日本では住み分けって

家屋などもねぐらとして利用します。と書いてるが
https://www.advan-group.co.jp/times/koumori_syurui_nihon/

20 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 03:28:48.22 ID:cBMV331s0.net

中国が悪いと考えるより、世界が間違ってると考えてみる発想の転換も必要である

100 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 16:31:44.14 ID:IGTg41IH0.net

誰がどうみても新型コロナの起源は客観的状況証拠から言って
中国の武漢ウイルス研究所から漏れた細菌ウイルス兵器だろ。

4 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 03:10:08.66 ID:DAR83mY80.net

■WHOは再調査を行い、あらためて記者会見を行うべきだ

 産経社説は書く。

 「ようやく武漢入りした調査団だが、華南市場の調査は1時間強で打ち切られた。一方で中国共産党がコロナへの『勝利』を誇示する展覧会への訪問には時間が割かれた。すべての行動には中国側関係者が同行しており、調査日程も中国側が主導したことを物語る」

 これではとても現地調査とは言えない。客観性に欠ける。開いた口がふさがらない。

 さらに産経社説は指摘する。

 「WHOは新型コロナの感染拡大当初から、国際社会の信用を損ねていた。テドロス事務局長は昨年1月、北京を訪問して習近平国家主席と会談し、『中国政府が迅速で効果的な措置を取ったことに敬服する』と絶賛した。トランプ前大統領はWHOを『中国の操り人形』と呼んだ」

 トランプ氏にはさまざまな問題はあったが、WHOを中国の傀儡とする見方は正しいように思う。これまの動きを見る限り、テドロス氏は習近平氏の手先である。

 最後に産経社説はこう主張する。

 「WHOが信用回復を望むなら、改めて中国を離れた調査団とともに会見し、中国当局による初期の隠蔽疑惑についても明確に所見を述べるべきだ」

 賛成だ。WHOは中立の立場で再調査を実施し、その結果を正確に公表すべきである。

 

58 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 04:46:01.90 ID:I8+8vfnh0.net

しかしWHOもコロナがきっかけで化けの皮剥がされて世界的に信用も失ってこれからどうするんだろ

37 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 03:50:49.55 ID:4BySUpZ20.net

>>6
頭悪いな現状見てみろよ
もしその通りなら一瞬にして感染拡大してもっと悲惨なことになってるわ
ある程度耐性のあるアジア人の間で数が増えて拡散したいがいねーだろ
味覚がおかしくなるとか明らかに変わった症状出んだからすぐ気づくわ

102 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 16:44:30.30 ID:unigwydo0.net

せめて中国の市場に生きてる小動物とか持ち込むのはいい加減やめさせろ。

6 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 03:13:51.39 ID:aCc0XrMk0.net

WHOは確かにクソだが、コロナの震源はヨーロッパ→アメリカ→中国だろ

68 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/18(木) 05:23:24.39 ID:lwiS/on70.net

中共のせいで要らぬワクチンを打つ羽目になる
ファックCCP

2hcreate

Next Post

すごいこと思いついた! 市長選では候補者全員の名前が書かれた用紙に丸印を書く方式に変更したら疑問票減るんじゃね? と神戸市 [水星虫★]

金 2月 19 , 2021
元スレ 1 :水星虫 ★ :2021/02/17(水) 09:11:10.84 ID:30Yu8H9 […]