Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【ワシントン・ポスト】 コロナワクチンを接種できないでいる人々に思いを巡らせずにはいられない・・持てる者と持たざる者の線引き明確 [影のたけし軍団★]

1 :影のたけし軍団 ★:2021/02/09(火) 11:12:27.31 ID:KPnrd+n+9.net
多くの人たちと同じように、私は過去10ヵ月間、この瞬間を心待ちにしていた。専門家らが、人類を一時停止させる可能性のある病原菌の存在に警鐘を鳴らしたとき、
これが世界規模の大流行、つまりパンデミックであることが宣言された日から──。

新型コロナウイルスがあらゆる大陸、あらゆる国へと容赦なく拡散するなか、それは想像できるかぎり最も普遍的な経験となった。
何ヵ月にもわたり、「元気にしてるかい?」という問いの答えはおのずから明らかだった。「君と同じだよ」 「みんなと変わらないさ」

ロックダウン、それに耐えて何とか危機を乗り越え、そしてまた待つ日々の繰り返し。不安と退屈、そして愛する人を失った悲しみのなかで四季は移り変わっていった。

そんな経験の終わりを告げる、心待ちにしていた瞬間は注射針とともに訪れた。
1月17日、私はエルサレムのバスケットボール競技場でファイザーのワクチンを接種したのだ。

まずは妻が、次に私が──接種できた多くの人と同じように、私の目は涙で潤んだ。
だが同時に、ワクチンを接種できないでいる人々に思いを巡らせずにはいられなかった。

私は56歳で、これといった基礎疾患もない。それなのにワクチンを受けられた。
一方で、私よりはるかに感染や重症化のリスクが高いにもかかわらず、接種できるのがいつになるか分からない人たちが大勢いる。

たとえば、米デラウェア州にいる私の妻の両親。言うまでもなく、義父母は高齢である。
それから、私がいま暮らすアパートからわずか数キロ先のパレスチナ自治区ヨルダン川西岸に暮らすパレスチナ人たち。

エッセンシャルワーカーではない私の体内に強力な免疫ができていく一方、変異株が猛威を振るう南アフリカをはじめ、
世界を見渡せば、数えきれないほどの医療従事者がマスクと手袋だけを武器に、コロナとの闘い2年目に入ろうとしている。

ワクチンの到来は、持てる者と持たざる者の線引きを明確にした。

パンデミックのエンドゲームがどれぐらい続くか──安全と思えるようになるまで、あと何日または何ヵ月かかるか──は、
私たちがどこに住んでいるか、どんな政府のもとに暮らしているかに大きく左右されるのだ。

私は、ワクチン接種キャンペーンにおいて目覚ましい成功を収めている国に住んでいて幸運だった。
イスラエルはすでに人口の約3分の1、280万人の接種が終わっている。このうち2度目の投与も受けたのは50万人に上る。

これほど順調に接種が進んでいる理由の一端は、900万人という人口の少なさと国民皆保険制度にある。
国営の医療機関が、全市民のデジタル化された医療記録をIDナンバーで追跡しており、接種できるようになった人への連絡がつきやすくなっている。

そんな国に暮らすアメリカ人移民たちは、祖国で50州がそれぞれのワクチンプログラムで接種が遅々として進んでいないというニュースを聞き、頭を横に振らずにはいられない。

製薬企業もイスラエルを支援している。というのも、イスラエル政府はワクチン確保のために欧州諸国より2倍の額を支払ったとされるほか、
同国は記録的速さで開発されたワクチンの効果を確かめる魅力的な実験場になっているのである。

ファイザー社との契約には、イスラエルの医療データベースへのアクセスを同社に認める条項が含まれているという。
政府は、国民のプライバシーは保護されると明言してはいるが。

私がワクチンを接種できたことを伝えたパレスチナ人の大半は喜んでくれた。私のためにも、そして「私たち」のためにも良かったという。

たとえば、西岸のラマラに住む友人は、検問所を何度も往復している私がウイルスから保護されたのは朗報だと喜び、
私がウイルスを西岸に持ち込む可能性がなくなったのはさらに良いことだと語った。

だが、別の友人は素直には喜べないことを認めた。彼と彼の家族、その他大勢のパレスチナ人が不安で押しつぶされそうになっているのに、
パンデミックから一足早く抜け出した私を見るのはつらいと語った。

彼らは、いつ接種できるとも分からないワクチンを、ただじっと待つしかできないのだ。
https://courrier.jp/news/archives/231367/

1月17日、エルサレムでワクチンを接種した米紙「ワシントン・ポスト」のエルサレム支局長スティーブ・ヘンドリックス
https://courrier.jp/media/2021/02/03234329/israel-essay-a09d8eaa-5bd1-11eb-8bcf-3877871c819d-336×450.jpg

20 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 11:22:50.15 ID:/ei5fgIh0.net

貧困層は、コロナで慢性疾患持ちや高齢者家族が死んでむしろ助かるだろ
健康で若い世代が生き残るとか最強

16 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 11:21:02.22 ID:0uy79MSG0.net

先進国の場合、確かにダウンタウンという所の配慮は大事だろうけれども、
栄養と衛生はある程度整ってはいるからね

ただやはり高齢者や障害者は危険というのはあってそちらは優先したとしても、
その他はそういう国へワクチンを回すのが妥当だと思う

64 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 13:05:42.36 ID:E0mHvcm10.net

>>43
これ因果関係ないやつも入ってるでしょ

68 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 18:23:19.04 ID:xIOIA20z0.net

金持ちワクチン打たず

51 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 11:50:47.77 ID:u9rd+jL40.net

>>5
ワクチン打ってコロナに感染せず天寿を全うするのを選ぶな。
確率的にそれが一番高いわけだし。

22 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 11:23:23.59 ID:0RFinp9i0.net

>>14
結局これになると思うんだよな
駄々をこねてるだけにしか見えない
そのうち行き渡るだけありがたいと思えばいいのに

45 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 11:40:51.90 ID:Bi6DOUfO0.net

持ち込む可能性がなくなった、てどうなん
重症化しないだけでかかるでしょ

61 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 12:14:33.74 ID:d345sKSK0.net

>>5
駆虫薬のイベルメクチンを選ぶ

勝手に二択にするな

52 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 11:53:00.22 ID:WeWQc6rR0.net

インフルエンザワクチンだって、感染しないわけじゃなく
熱が下がるのに4日かかるところを3日で下がるくらいの効果しかないのに
>私の体内に強力な免疫ができていく一方
過剰な期待をしすぎw
ワクチンが困ってるぜ

7 :ニューノーマルの名無しさん:2021/02/09(火) 11:17:28.36 ID:1VZxrkGF0.net

ノブレスオブリージュ

2hcreate

Next Post

【冬キャンプ】日産キックスPR記事 落ち葉の上で焚き火をしてしまう→監修者が謝罪 ★2 [雷★]

日 2月 14 , 2021
元スレ 1 :雷 ★:2021/02/09(火) 17:41:26.92 ID:FfZ2o3jR9. […]