Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【トランプ氏】選挙結果覆すよう司法省に圧力 最高裁への提訴要請 [みつを★]

1 :みつを ★:2021/01/25(月) 07:33:17.75 ID:AJTTezk79.net
https://jp.wsj.com/articles/SB11421755720397894739404587242093109539970

トランプ氏、選挙結果覆すよう司法省に圧力 最高裁への提訴要請

By Jess Bravin and Sadie Gurman
2021 年 1 月 25 日 07:23 JST

23 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/25(月) 08:11:39.73 ID:hEuQ8hYH0.net

トランプはアホだということがよくわかった

50 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/25(月) 09:29:07.66 ID:C7jC5wLU0.net

>>17
よくある糖質特有のこじつけ。
専門用語で関連妄想という。

36 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/25(月) 08:41:43.89 ID:gS+MkCmc0.net

>>33
ネットで真実を知りましたw

76 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/25(月) 10:31:01.44 ID:+0rLe9+D0.net

相変わらず、不正があったとキチガイが
まだ言っているんだ

死ねよ、カス

31 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/25(月) 08:37:47.50 ID:4h8Aaxzh0.net

>>11
以下は事実だぞ?
・4年前、トランプ票が多かったペンシルベニア州バトラー郡で
 「投票用紙が届かない」という苦情が数千件。
・異常な投票率の高さ。
・ウィスコンシンとペンシルベニアだけ異常な郵便投票率の高さ。
・ペンシルベニア州の最高裁判所が「署名が違っていても有効票」という
 キチガイ判決。
 それも10月23日に。※投票日は11月3日。
・選挙監視員を追い出して開票集計。
・ジョージア州フロイド郡で集計漏れとみられる2600票が見つかった。
・マスコミの異常な偏向報道。(発言を途中で打ち切る含む)
・ツイッター、YouTubeの異常な検閲。
・結局、投票用紙の真贋を誰も確かめない。

>>24
「不正は無かった」は、「票集計の数の操作はあまり無かった」というだけ。
投票用紙の真贋を確かめた人間はいない。

19 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/25(月) 08:00:10.71 ID:zFoNd9Jj0.net

ドナルド・トランプ前大統領が退任直前の数週間にわたってジェフ・ローゼン司法長官代行の解任を画策し、
根拠が示されていない中で大統領選挙での不正を追及するため別の人物を後任に充てる検討をしていた。
事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。トランプ氏は司法省に対してジョー・バイデン大統領の
当選無効化を最高裁で求めるよう圧力もかけていたという。

だがトランプ氏自らが指名した司法省当局者らは法的根拠が欠けているとして最高裁での提訴を拒否し、
これらの努力は失敗に終わった。また関係筋によると、司法省高官らはトランプ氏がローゼン氏を解任すれば
集団で辞任する意向を示した。

ローゼン氏やウィリアム・バー前司法長官に加え、ホワイトハウス法律顧問のパット・シポローネ氏なども
最高裁への提訴に反対していた。関係筋によれば、提訴は外部の弁護士が推進したものだったという。…

・・・無料部分だけ読んでもスゲー話だなw
トランプ自ら指名した司法省当局者がみんな拒否w
トランプむちゃくちゃやなー

97 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/26(火) 02:03:19.32 ID:jJk4kgXy0.net

>>90
必要なのは扇動者ではなく指導者

94 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/25(月) 12:35:37.56 ID:KJRr11Gc0.net

大統領という権力を持った方が、不正を暴けないってどうなの?不正が無かったってことじゃないの?

96 :名無しさん@13周年:2021/01/25(月) 14:46:46.82 ID:CocfSl91S

>>94
ぺンシルバニア州の公聴会、3時間半ほどのずっと見て、聴いていました。
ジュリアーニ弁護士の元、不正目撃の証人達が次々と証言しました。
天井から撮影されていた偽投票用紙の運び込み等もありました。
不正の証拠は沢山あったのですが、どの裁判所でも蹴られました。

憲法違反の投票のあった複数州と同じ扱いでは・・・とテキサス州などが
連邦最高裁判所に訴えましたが、最高裁判所長ジョン・ロバーツはエプスタイン島の常連。
脅されていたんでしょうね。
アリート判事、トーマス判事の反対はあったものの、7:2で訴えは却下。
司法が機能していませんでした。

トランプはこの時点で、正攻法ではなく有事体制を取るべきだした。
12月23日にごり押しでもペンス・カードを切らせれば良かった。
(不正のあった州の選挙人届け出の手紙は受け取らせないようにすれば良かった)
でも、トランプは何もしませんでした。考えが甘い。

つまり、彼はビジネスマンであって、政治家ではなかったということでしょう。
勝てるチャンスは山のようにあったのに。

65 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/25(月) 10:18:05.33 ID:MrIUTLke0.net

>>62
CNBCによると、弾劾裁判日程はまだ確定はしていないようだ。
共和党側が党内調整に時間をかけたいとのこと。

弾劾が成立するためには、民主党50名+共和党議員17名の賛成が必要。
マッコーネルが弾劾に賛成するか否かで決まるとのこと。

弾劾が成立したら、その後に公民権停止投票に移る。
こっちは51票で成立するので、民主党議員50人+ハリス副大統領の決選票1で決まる。

2hcreate

Next Post

【国土交通省】“引っ越し時期ずらせないか検討を” 人手不足深刻 [孤高の旅人★]

水 1月 27 , 2021
元スレ 1 :孤高の旅人 ★:2021/01/24(日) 12:31:15.71 ID:g+J18S […]