Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

人口激減と超高齢化……2020年代以降の日本を待ち受ける未曽有の大変化 ★2 [首都圏の虎★]

1 :首都圏の虎 ★:2021/01/20(水) 22:36:31.37 ID:D/ibgUfI9.net
※ニューズウィーク日本版

<40年後の日本は、5人に2人が高齢者で、毎年人口が100万人近く減る社会になる>

総務省統計局は毎年、『日本統計年鑑』という資料を出している。あらゆる分野の統計が網羅された公的な総合統計書だ。

この資料の「人口」という章を見ると、過去から現在までの日本の人口の長期推移が出ている。これによると、20世紀初頭の1900年(明治33)年の人口は4385万人で、現在の3分の1ほどしかなかった。しかし翌年は4436万人、その翌年は4496万人と右上がりに増加し、戦前期は毎年、人口が50〜70万人ほど増えていたことが分かる。

今から100年以上も前の話だが、データを現在、さらには未来まで延ばすとどうなるか。ここで視覚化したいのは、前年と比較した増減だ。この数には、社会の活力のようなものが表れている。<図1>を見ていただきたい。

<図1>

1945年に戦争が終わった直後は、帰還兵や団塊世代の誕生により、年間の人口増加が大きくなっている。1949〜50年の1年間では、8177万人から8412万人へと234万人も増えた。

その後、凹凸しながらも高度経済成長期にかけて人口増加の時代が続く。平均すると年間100万人増のペースで、まさに日本社会が成長する時代だった。人口が1億人を突破したのは1967(昭和42)年のことだ。

だが70年代初頭(団塊ジュニア世代誕生)をピークに、人口増のペースは低下に転じる。出生数が減り、死亡数が増加に転じたためだ。その後もこの傾向は続き、ついに2005年、対前年の人口がマイナスを記録する。人口減少時代の幕開けだ。

グラフの右に目を移していくと、2020年代以降は50万人、70万人、さらには100万人減る時代になると予想される。たった1年間で、だ。ピンとこない人もいるかもしれないが、鳥取県の人口規模の自治体が毎年ごっそり消えていく、と言えば分かりやすいだろう。ある論者の表現を借りると「静かなる有事」だ。

<世界の人口は増え続けるが……>
日本は国土が狭いので人口が減ってもいい、という声もある。だが問題なのは人口の中身だ。バリバリ働ける生産年齢層が減り、体力の弱った高齢層が多くなる。グラフの終点の2060年を見ると、日本の人口は9284万人となり、そのうちの38.3%(A)が65歳以上の高齢者と見込まれる。人口は減り続け、2055年から60年までの5年間の人口増加率はマイナス3.73%(B)だ。

Aは老いの指標、Bは社会の活力の指標と読める。この2つをとった座標上に、2060年の世界の各国を配置すると<図2>のようになる。ドットの大きさで同年の人口量も表現した。

<図2>

ドットの大きさを見ると、人口首位はインド、2位は中国、3位はナイジェリアとなっている。日本は、この頃には世界の人口ランクで20位まで落ちる(現在は11位)。

左上は若くて活力のある国々で、ほとんどがアフリカの諸国だ。今後の世界の人口は増え続けるが、増分の多くはアフリカの国々で、宗教人口だと世界の3人に1人がムスリムになるという予測もある。

中ほどをみると、先進国のアメリカやイギリスは2060年になっても人口増を保てると見込まれる。中国は人口減少社会の部類に入っていて、この大国が外国人労働者を欲するとなったら、争奪戦は相当に激しくなるだろう。日本はと言うと、右下のゾーンにある。老いた、活力のない社会で、その極地はお隣の韓国だ。

<韓国の若者は国外脱出を志向>

これが2060年の国際社会の布置図だ。この頃の日本は5人に2人が高齢者で、毎年人口が100万人近く減るような社会だ。今のレベルの生産活動を行えているかどうかは分からない。機械化、ICT(情報通信技術)化、移民の受け入れを極限まで進め、どうにか国の体裁を保っているような状況だろう。

同じような未来が予想される韓国では、若者の国外脱出志向が強い。13〜29歳の8割が「外国に永住したい」「一定期間、外国に住みたい」「自国と外国を往来して暮らしたい」と答えている(内閣府『我が国と諸外国の若者の意識調査』2018年)。

日本では、今の居心地が良いためか「ずっと自国で暮らしたい」若者が6割と多くを占める。だがこの状況は変わり、国内で得られる給与の安さも相まって、若い労働者が海外に出ていく「出稼ぎ大国」になるかもしれない。確かなのは2020年代以降、日本を未曽有の大変化が待ち受けていることだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aaa697feb7fdae22e81a8ab26bd9c17f38feb63b
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210120-00010001-newsweek-000-1-view.jpg

★1 2021/01/20(水) 16:58:48.37
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611129528/

254 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 08:49:36.94 ID:u63fQyCB0.net

コロナで加速

152 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 07:22:12.72 ID:l8fhW2qQ0.net

子供がすべてっていう考え方は女性の考え方

270 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 09:00:52.88 ID:w788Jmuq0.net

すごくいい事だろう

179 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 07:44:28.33 ID:sRD68go/0.net

>>176
馬鹿だなお前
アメリカは大変だぞ
国民皆保険が無いんだからな
全て自分で舵を取らなきゃいけない
日本人にできるかよ
中国なら中共が全部面倒見てくれる
中国の方が楽に決まってんだろ

325 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 12:25:28.82 ID:KskXzLBq0.net

都内のタワマンで
親の介護と子供3にんを子育て

だいたい2億円はひつよう
これができるかな
日本

81 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 00:54:10.54 ID:FXcMYuyK0.net

介護でも他の労働でもロボットの所有者が儲けるだけだよ
労働者は仕事を失って収入が無くなる

105 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 06:15:47.87 ID:AwvS03Pm0.net

働いてて自立出来るのに実家暮らしで結婚しないこどおじが今は爆発的に増殖してて幅をきかせてる。
コスパメリットデメリットと損得勘定だけで物事を考え、貯金と自分のことしか頭にないクズ。
少子高齢化の最大の原因なのに俺は悪くないと国に責任転嫁するクズ。
コイツらから独身税徴収するべきだ。

343 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 14:04:39.11 ID:ZyrZC/kn0.net

>>334
むしろそんなに人口を増やしたいならさっさと没落して発展途上国に戻ればいい
フェミニズムなんて言ってられないくらいにならなきゃ少子化解決は無理

54 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/20(水) 23:14:34.43 ID:p8x58Nzk0.net

自民長年の成果だしもっと喜べよ?なに危機感煽ってるの?

209 :ニューノーマルの名無しさん:2021/01/21(木) 08:17:05.86 ID:nsSRZVri0.net

>>198
それはあるかもな

家督制度じゃないけど、自分の事業(小さな店でも)を継ぐ
存在として見なさなくなった子供は、負担にしかならないかも

今の自分の子供に望む職業に公務員が多いって記事があったが
この現象も子供をもうけようという意欲が低下してる兆候かもな

2hcreate

Next Post

【衝撃の事実】ツイッター社がトランプ大統領を追放したら73%誤情報が激減! ★2 [みつを★]

木 1月 21 , 2021
元スレ 1 :みつを ★:2021/01/17(日) 09:36:01.75 ID:Qp1CBfmJ […]