Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

米大統領選、期日前投票9160万人 前回総数の3分の2超 [蚤の市★]

1 :蚤の市 ★:2020/11/02(月) 13:14:11.82 ID:6mTz+rPc9.net
米大統領選の期日前投票が1日までに9160万人となり、2016年の前回選挙の投票総数の3分の2を超えたことがわかった。多くの州が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために期日前投票を拡大しており、空前の勢いになっている。

米CNNテレビの報道によると、16州ですでに半数以上の有権者が投票を済ませており、16年の投票総数の約67%に達しているという。州ごとでは10月30日時点で、テキサス州とハワイ州が期日前投票だけで16年の投票総数を上回った。

中西部ウィスコンシン州、南部フロリダ州など激戦州でも期日前投票に有権者が殺到している。共和党、民主党の支持が拮抗し、選挙のたびにどちらの党が勝つか分からない「スイングステート(揺れる州)」が勝敗に影響するため、有権者の高い関心がうかがえる。

民主党のバイデン前副大統領は投票率向上のため、郵便投票を含む期日前投票の活用を呼び掛けている。すでに郵便投票をした有権者のうち、民主党支持者は共和党支持者の2倍以上とされる。

一方、共和党のトランプ大統領は「郵便投票は不正選挙の温床だ」と厳しく批判しており、選挙後に結果の正当性を巡り混乱が生じる恐れがある。トランプ氏は期日前投票を巡る訴訟について「最高裁に持ち込む」と法廷闘争も示唆している。

日本経済新聞 020/11/2 11:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65739140S0A101C2MM0000/

31 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 17:34:04.64 ID:v8ZBbAgU0.net

18世紀の投票制度を今までずっと維持してきたことの方が奇跡

本人が負けましたと言わない限り
(将棋に例えれば)頭金を打たれてもまだ終局ではないというのが現行ルールだろ

20 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 14:04:32.81 ID:KM3ij2rq0.net

これ投票率100%超えるヤツだ

18 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 13:58:40.75 ID:C+bNlxYm0.net

>>14
さすがに多すぎて全部無効なんて無理

7 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 13:30:02.74 ID:HgwTDAwi0.net

そしてかなりの数が取り消したがってるという

7 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 13:30:02.74 ID:HgwTDAwi0.net

そしてかなりの数が取り消したがってるという

36 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 18:43:18.27 ID:YE+EBeUs0.net

>>34
ゴリ押しというか最低限の予防線でしょ
そもそもトランプはずっと前から郵便投票の不正を警告してる
Twitterとの確執も、同社がそうした警告ツイに勝手にファクトチェック付けたのが発端です

25 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 14:11:08.43 ID:4AjbdEFY0.net

>>12
それ
バイデン側は他にも検閲とか平気でやらかす
そんなやつらなら不正選挙くらい平気でやるだろう

23 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 14:07:20.00 ID:T0VVZCES0.net

どう考えても不正投票でワロタ
選挙というものがわかっていない国の工作だわな

29 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 17:05:25.94 ID:k/1LNv8z0.net

トランプ大統領当選に金賭けたいなぁ

5 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 13:29:15.35 ID:qg/Jqebd0.net

売電

2hcreate

Next Post

【国際】AIでよみがえる高校銃乱射事件の被害者 米大統領選の投票呼び掛け [朝一から閉店までφ★]

火 11月 3 , 2020
元スレ 1 :朝一から閉店までφ ★:2020/10/30(金) 13:11:54.46 ID:Wp […]