Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【事件】「限界だった」たった1人の介護の果て・・・。なぜ22歳の孫娘は「大好きなおばあちゃん」を手にかけたのか★4 [記憶たどり。★]

1 :記憶たどり。 ★:2020/10/28(水) 16:29:02.37 ID:BBNcrmBK9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d8b4118b573407a48542abb6aa5c45e630f08ba

黒髪をキュッと結んだポニーテール。白いブラウス。顔を上げた小柄な女性(22)は、年齢より幼く見えた。

9月、神戸地裁。幼稚園教諭だった女性は、初めて法廷に立った。同居していた祖母(当時90歳)の殺害を認め、
「介護で寝られず、限界だった」と語った。親族から介護をほぼ1人で背負わされ、仕事との両立に苦しんだ末のことだった。

なぜ、社会人1年目の女性は「大好きだったおばあちゃん」を手にかけるまで追い詰められたのか。裁判を傍聴し、関係者への取材を重ねた。

◇両親離婚、育ててくれた「大好きなおばあちゃん」

2019年10月8日早朝、女性は神戸市須磨区の自宅で同居する祖母の口にタオルを押し込み、窒息死させた。認知症だった祖母には、
徒歩5分以内に住む3人の子供がいた。女性の伯父、父、叔母だ。にもかかわらず、介護は家族の中で女性がほぼ1人で担った。

そうなった経緯には女性の生い立ちが大きく、関係している。

女性が3歳の時に両親は離婚。ともに暮らした母は、小学1年生の時に脳出血で亡くなった。児童養護施設に移された女性を引き取ったのが、
父方の祖母だった。学費や生活費を工面してくれ、ピアノも買ってもらった。幼稚園の先生になる夢も応援してくれた「大好きなおばあちゃん」だった。

一方、祖母には気性が激しい面があった。「あんたは借金ばかりつくった母親から生まれたんや」と、女性に存在を否定するような言葉を
投げることも少なくなかったという。女性は中学生になると、精神的なバランスを崩すようになった。睡眠薬を大量に飲み、何度も救急車で運ばれた。
医師からは「祖母と同居しない方がいい」とアドバイスされ、叔母の家に身を寄せた。

短大に進学し、睡眠薬の服用もなくなった女性は夢だった幼稚園教諭として働くことが決まった。しかし、その頃から祖母の体調が
悪化し始めたことで、女性の生活は再び狂い始めた。

19年2月、祖母は自宅前の坂道で転んで入院した。アルツハイマー型認知症と診断され、排せつや身の回りのことが1人でできない要介護「4」と認定された。
自宅に戻った祖母は、靴を履かずに深夜にうろつき、近所の家の呼び鈴を鳴らした。「おばあちゃんを一人で家に置いておくのは危ない」。
それが親族の総意だった。

◇親族の協力得られず、仕事との両立に悲鳴

誰が祖母を介護するのか。神戸市内で清掃会社を経営する伯父は仕事に忙しく、父は手足がしびれる病気だった。叔母にも小さい子供がいた。
「おばあちゃんに学費を出してもらったんや。あんたが介護するのが当然やろ」。叔母の一声で、介護は女性が担うことになった。
幼稚園教諭として働き始めて1カ月後、7年ぶりに祖母との同居が始まった。

この頃、女性は高校の同級生だった親しい友人に、「祖母の介護を始めて、おむつ代や食費も自分で出している」と打ち明けている。
慣れない仕事への戸惑いもこぼした。連日上司や同僚に怒られ、職場で介護の話をしても「ウソつき」と、取り合ってもらえなかったという。

祖母は平日の日中こそデイサービスに通ったが、夜間や土日は自宅にいる。女性は毎日、仕事から帰宅した後、祖母に夕食を食べさせた。
1〜2時間おきにトイレに連れていき、排せつすればシャワーを浴びさせた。深夜の散歩に付き合った。1日2時間ほどしか眠れなかった。

同居を始めて2週間で、女性は限界を察した。「介護は無理かもしれん」。父と叔母に伝えた。

女性と親族の関係は特殊だ。中学から短大時代まで身を寄せた叔母の家では、「許可がないと遊びに行けない」と友人にこぼし、
叔母の子供の面倒をみるために学校の早退や部活を休むことがよくあったという。

裁判で検察官が読み上げた供述調書によると、伯父は女性について「明るく優しい子。きょうだいが母の世話を任せきりにしていた。重い罪は望まない」と話した。

だが、「無理かも」とこぼした女性に、叔母は「それくらいコントロールできるやろ」と言うだけだったという。女性は祖母を担当するケアマネジャーと
直接連絡を取ることも禁じられ、何を言っても「あなたが面倒をみて」。事件が起きたのは、そんな生活が5カ月続いた末のことだった。

事件当日は、朝からどんよりと曇っていた。まだ暗い午前5時半、女性は隣で寝ていた祖母に「汗をかいた」と起こされた。

※以下、全文はソースで。

前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603864226/
1が建った時刻:2020/10/28(水) 12:32:18.34

754 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 18:01:02.35 ID:pk4b7WcX0.net

関守町と名字まで出てるし近隣住民には鬼叔母と清掃会社経営の叔父一家は特定されてんだろうな
>代理人弁護士によると、最近、ようやく事務職のパートを見つけたが、着る服にも事欠く生活が続いているという。
いやー胸糞悪いね

598 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 17:48:32.58 ID:QLdcBiCY0.net

叔母もクズだけど我関せずな父のせいで
叔母がファンネルになってるだけ感もあるんだよな

771 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 18:02:25.43 ID:PV1DwxyV0.net

>>750
普通はそう言う疑問を感じるよね

964 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 18:16:09.59 ID:EDa+xekP0.net

>>6
あと蒟蒻畑のひとくちゼリーも

20 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 16:36:31.91 ID:l62avpvD0.net

NHK「下流老人」って番組で、子供はなく、妻にはとっくに先立たれ、本人は
要介護5の寝たきり、所持品は妻の遺骨と位牌だけで貯金ゼロ、毎月の年金と生活保護を
全部NPOが管理して、数ヶ月おきにいろんな施設をたらい回しにされてる90代の爺さん
出てきたんだけど、施設を移るたびに「万が一の場合、延命処置を希望するか」って確認されるのよ、規定で
その爺さん、確認とられるたびに毎回「希望する、死にたくない、死ぬのは怖い」って答えてたのが
すごい印象深かった
今、安楽死を希望してる奴も、いざ本当にあと数時間後に自分が死ぬってなったら土壇場で
泣き叫びながら逃げ出すと思うよ、あれ結局やってること死刑と同じなんだもん

340 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 17:20:31.48 ID:EF20bv+J0.net

認知症介護は戦争だ。担った者しか理解できない。
そもそも家族介護とする国の方針がおかしい
釈放されたら身元保証人になって、養ってもいい

656 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 17:53:11.70 ID:D8aHDB590.net

>>304
そういう人もいるだろうけど国民年金とかだと月数万とかもいるから

手足痺れる病気とか具体的な病名出ないの父親は本当に病気なんだろうか

854 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 18:09:09.78 ID:+IY9lmu60.net

え、なにこれ
父親いんの?胸糞悪すぎだわ
親父が殺れよ

412 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 17:29:22.90 ID:o/dVFdpg0.net

>>387
恐ろしいぞ。裁判でどこまで明かされるのか。

882 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/28(水) 18:11:01.51 ID:uv+QG6/x0.net

尊属殺の判例以来の胸糞事件だな。

2hcreate

Next Post

【コロナ】 世界の新規感染者数、1日で過去最多の50万人超 [影のたけし軍団★]

木 10月 29 , 2020
元スレ 1 :影のたけし軍団 ★:2020/10/28(水) 23:02:15.85 ID:SdgO […]