Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

若い世代増える「戦友会」 新たなつながりのきっかけは(NHK) [蚤の市★]

1 :蚤の市 ★:2020/09/11(金) 15:58:19.95 ID:s5xGWzVE9.net
戦後75年、さまざまな人たちが戦争の記憶を後世に伝える活動を続けていますが、先の大戦に参加した元将兵でつくる「戦友会」もそのひとつです。高齢化で会員数が減少する中、若い世代の会員が増えている「戦友会」があります。なぜ会員が増えているのか。きっかけとなったのはインターネットを活用した継続的な情報発信でした。
(映像センター カメラマン 早川きよ)

戦友会の活動 ネットで積極的に発信
戦場から生還した102歳の元衛生兵が戦後、初めて訪ねた上官の墓参りの様子や海外の戦場に残された遺骨を収集する動画。いずれもSNSとインターネットで発信されたものです。投稿したのは、戦友会のひとつ「全国ソロモン会」です。
「全国ソロモン会」は南太平洋のビスマーク・ソロモン諸島で従軍した元将兵が、慰霊と遺骨収集を目的に昭和40年に設立しました。

自然消滅や解散… 減少続く「戦友会」
「戦友会」は、先の大戦に参加した元将兵などで作られた団体で慰霊や戦争の記憶を後世に伝えるために戦後まもなく全国各地で設立されました。

専門家によりますと「戦友会」は、戦後、各地で少なくとも5000団体があったとみられていますが、会員の高齢化で解散や自然消滅する会が相次いでいるということです。

若い世代が増えている「全国ソロモン会」
「全国ソロモン会」も同様で、設立時に2800人余りだった会員は、現在はおよそ220人まで落ち込んでいます。

しかしこの会の違う点は、この5年間、若い世代を中心に会員が増え続けているところで、新たに加わった会員はおよそ50人にのぼっています。

その多くの人が、会が発信するSNSやインターネットをきっかけに入会しました。

入会した31歳の男性 きっかけは「検索」
去年入会した三輪勇太郎さん(31)もその1人です。
三輪さんの祖父は会の戦友たちと同じ戦場から帰還しましたが、三輪さんが高校生の時に祖父は亡くなり、三輪さんは祖父の戦争体験についてほとんど知りませんでした。
そうしたなか、去年、ふとインターネットで祖父がいた戦場の「ブーゲンビル島」を検索してみると、ソロモン会のホームページが出てきました。

そこには戦時中、武器や食料の補給もなく倒れていった将兵たちのことや、現地ではいまだに遺骨が置き去りにされていて、会が収容していることが書かれていました。

三輪勇太郎さん
「最初にホームページを見つけた時は、いろいろな活動の写真が載っているので『わあ、本当にこんなことをやっているんだ』という驚きと、こんな南の知らない島で亡くなって、そのままにされて75年がたち忘れられようとしているというのがショックでした」

「祖父について知りたい 子どもにも伝えたい」
三輪さんは会に入って戦場の様子をより詳しく知るようになると、生きのびた祖父はどんな思いで戦後を暮らしていたのか、知りたい気持ちが生まれてきました。この1年、祖父について母親と話すようになりました。

母親の三輪恭子さん(64)
「父が話していたことで、一番ショックだったのは『仲間の死体を踏んで自分が戻ってきた』というところだった。それでつらかったんだなと思って。戦友を亡くしてしまった分も、自分がこれから頑張って生きていくって事を父は選んだと思います」
三輪さんは、妻がことし出産する予定で、父親になります。生まれてくる子どもにも、祖父の思いや、犠牲となった戦友のことを語り継いでいきたいと考えています。

三輪勇太郎さん
「多くの犠牲があったという歴史を忘れない。祖父が語らなかった経験に近づくことがこの活動を通じてできるのかなと思っています」

「情報を発信し続けることが大切」
インターネットで会の情報を発信しているのは、寺の住職で会の事務局をつとめる崎津寛光さん(48)です。

12年前、崎津さんは、会の戦友に事務局を頼まれて以来、会が先細りしないようにと、SNSやインターネットによる情報発信に力を入れてきました。

崎津さんは、若い世代の人のなかにも戦争について興味を持っている人はいると考え、その人たちが知りたい時に知ることができるよう、活動を継続し、情報を発信し続けることが大切だと思っています。

また、崎津さんは語り継ぐことで平和につながると訴えています。
(後略)

NHK 2020年9月11日 14時39分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200911/k10012598021000.html

22 :不要不急の名無しさん:2020/09/11(金) 16:18:18.02 ID:qT98be+Z0.net

>>19
秀吉て何気に日本最強武将だよな中国一歩手前で行ったんだから

73 :不要不急の名無しさん:2020/09/13(日) 07:13:57.16 ID:zWGdestq0.net

>>41
石原は、「漂流教室」のパン屋の関谷みたいな奴だったんだな

20 :不要不急の名無しさん:2020/09/11(金) 16:16:09.65 ID:qT98be+Z0.net

グンソク足音が朝鮮から…

58 :不要不急の名無しさん:2020/09/11(金) 18:15:57.73 ID:H/40s+Ht0.net

てっきり若いネトウヨが自己満足と日本スゴイのために
入ったのかと思ったわ

51 :不要不急の名無しさん:2020/09/11(金) 17:57:09.00 ID:kkIuf5Dv0.net

>>48
こういった虐殺があったから後々は捕虜を大切にしたとも言えるし
アメリカの肩を持つわけではないが
戦後75年の現在より、当時を生きていた者は
インディアンとの征服戦争の名残りのほうが大きかっただろう

戦争を望んだのはユダヤ(スファラディ)と中国だが
その構造が今も継続してることを忘れてはならん

32 :不要不急の名無しさん:2020/09/11(金) 16:42:37.52 ID:+jFLo8zA0.net

日本共産党「羨ましい・・・」

2 :不要不急の名無しさん:2020/09/11(金) 16:00:58.84 ID:DU3X9jD40.net

> 戦時中、武器や食料の補給もなく倒れていった将兵たち

戦国時代の方がよっぽど補給はしっかりしていたのでは

14 :不要不急の名無しさん:2020/09/11(金) 16:13:18.66 ID:3bEpbIPt0.net

部活のチームメイトにでも会ってろよ

59 :不要不急の名無しさん:2020/09/11(金) 18:35:42.55 ID:RH+OooZZ0.net

死んだご先祖を思う会になっているだけだな。左右あっても構わんが左の人は肩身
狭いだろうな。

67 :不要不急の名無しさん:2020/09/12(土) 00:16:59.05 ID:U8RG04dP0.net

>>65
うちの爺ちゃん二回出征したわ

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

GoToトラベル、感染者“急増”で「除外」を 専門家らが政府に提言へ(JNN) [蚤の市★]

月 9月 14 , 2020
元スレ 1 :蚤の市 ★:2020/09/12(土) 07:02:00.29 ID:0a/RPjjW […]