Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【検察庁法騒動】Twitterの“大きすぎる影響力”と功罪 [ばーど★]

1 :ばーど ★:2020/05/21(Thu) 11:55:34 ID:SFUfAWcW9.net
 5月18日、安倍晋三首相が首相官邸で記者の質問に答え、賛否が飛び交っていた、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案について言及。今国会での成立は見送られた。

 政府が成立を見送った背景には、Twitterでの反対運動が高まり、それをメディアが大きく取り上げたことがある。世論調査で反対が圧倒的に多くなったことも、安倍首相が「国民の皆さまのご理解なくして、前に進めていくことはできないと考える」と語った理由だろう。

 芸能人や文化人などをも巻き込んだTwitterでの反対活動が政府の動きに作用したということだが、匿名でいくつもアカウントが作れてしまうTwitterがこれほどの影響力をもったことに、あらためて驚かざるを得ない。それと同時に、次々と自動でツイートやリツイートができるプラットフォームの中で、ツイート数で現実世界に向けて勢いを誇示し、勢力を拡大するという事象にも不気味な感じを禁じ得ない。

 今回の騒動では、そんなTwitterでの投稿をめぐって、いくつかの重要な指摘がなされていた。そこであらためて、影響力を持ち過ぎた、一民間SNSであるTwitterというプラットフォームをどう捉えるべきか、海外での事例も踏まえながら考察してみたい。そこにはビジネスパーソンも知っておくべき、驚くような実態がある。

■スパムやボットが多かったのか

 そもそもTwitterのSNSとしての最大の特徴は、誰でも匿名で利用できることである。しかも比較的簡単に、1人がいくつものアカウントを作れてしまう。さらにスパムやボットによるツイートなど、自動的にツイートやリツイート数を増やすようなことも、禁止ではあるができてしまう。フォロワーを購入することも可能だ。

 そんなプラットフォームで、今回は「#検察庁法改正案に抗議します」を含むツイートが最大で500万件以上投稿されたと報じられている。そしてその「抗議」に反対する側からは、スパムによって多数のツイートがなされたか、または、自動で投稿するボットがほとんどだったのではないかとの指摘が出た。

 この意見には特に根拠もなく、政治的なポジショントークで希望的観測にすぎないのだが、それを堂々とツイートできてしまうのが匿名性を確保したTwitterの特徴の一つだ。こうしたツイートに対し、安倍支持者らは「そうだそうだ!」と賛同した。

 ただ実際に検証を行った人の見解(参考リンク)によれば、スパムやボットだったとは言えなさそうだ。とはいえ、反対にスパムやボットではなかったとも言い切れず、実際に1人で何回も同じリツイートをしているような人も確認されている。

 しかも、米南カリフォルニア大学などの調査では、Twitterユーザー全体のうち最大で15%がボットの偽アカウントという指摘もあり、世界中でスパムやボットが蔓延しているのは現実である。

 逆に、「#検察庁法改正案に抗議します」に賛同してツイートした人たちからは、こんな声が上がっている。例えば、Twitterの「トレンド」で表示されていたツイート数が減ったという意見だ。改正案に声高に反対していたタレントのラサール石井氏は「はい。Twitterが消えました。皆さんまた一から始めましょうや。こちらはお陰様で時間はいくらでもあるんだから。」とツイートし、1.7万回リツイートされていた。

 本当に消されたのか。ただこれについても、ツイート数がまとまって合計に反映されなくなるケースもあるために、ユーザーの多くが参考にしている「トレンド」のツイート数を見て数が減っていることを理由に「消えた」とは言い切れない。それはTwitter社も、取材に認めている(関連記事)。

■Twitterの「声」をどう見るか

 実は、これらの議論はどうでもいい。大事なのは、Twitterというプラットフォームをめぐっては、事実かどうか分からない主張でも、自分の都合のいい話であれば、多くの人が検証することなく乗っかってしまうことだ。そして伝言ゲームのように、どんどん既成事実化して広がっていく。

 そんなTwitterが盛り上がり、それを芸能人やメディアが取り上げることで世論を動かし、実際に国の法案を止めた。多くの匿名の人たちが、何が起きているのかよく理解していないプラットフォームを使って、そんなことを実現しているのである。

2020年05月21日 07時00分 ITmedia
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2005/21/news016.html

116 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(木) 12:29:31.83 ID:AxvTNqj40.net

>>89
少なくともTwitterよりは信用できるわ

192 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 13:34:06 ID:L4Y2l8Np0.net

>>2
それやってもデマは出ると思うけどね
ツイッターで、本業を雑所得申告してるフリーランスに持続化給付金が出ないことを経費のごまかしや事業税の脱税だから当然ってしてる税理士が結構いるけど
事業税どころか所得税がかからない低所得の本業フリーランスがいることや、内職などの必要経費に例外があるのを無視してる人が多い。

147 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 12:45:38 ID:AUoRgsrr0.net

>>142
こんな工作し放題で扇動されやすいのにか?

40 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 12:04:54 ID:7qAh+Nlu0.net

アベさん定年延長したら言うことを聞きましょう
クロさんはいはい延長しましょう法律も変えましょう
アサヒが許さないぞみんなのツイッタの山を受けろ!
あいたたこれはまいったごめんなさい、かに見えたが
クロはアベの宿敵アサヒのお友達!大どんでん返し
クロとアサヒはいずれまた会おうアハーハハハ大団円

130 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 12:36:42 ID:QX+yxhBI0.net

Twitterも特定アカウントの表示規制に動くだろうね

42 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 12:05:14 ID:EWjeMoDB0.net

パヨは過激なこと言ってもbanされないへん言論空間として偏ってるしねえ。

193 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 13:39:23 ID:e7SSG8SB0.net

ツイッターが国民の声はねえだろ
フェイスブックならまだ分かるけど

187 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 13:22:19 ID:veRwO4HV0.net

>>179
タモさんの都知事戦の支持率やら
散々bot使ってたのウヨ側だけどね
そのやり口をいよいよ左も真似したとしても何も言えねえ

政治活動の公平性はだから大事
必ずいつか相手も利用すると思え
陰謀論や口だけうまい評論家使っての信者戦法にメディアコントロール

左にやられてはじめてネト右翼や似非保守評論家たちは自分の罪の重さに気づくんだろう

そろそろ左のそこまで言って委員会やら虎ノ門が出来て
お笑いや芸能人や商売人と結託しはじめるだろうけど
もう散々日本はそれを許してきたから文句言えねえな

100 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 12:24:43 ID:XWqvqkBa0.net

>>1>>16

あくまでも『ジャップ連呼厨』が書いていた事だから真相は不明だが、この黒川ってのは
『村木事件(部下を有罪にして官僚を無罪にした事件)』の関係者らしい。
他には『ヘイトスピーチ禁止法』やら、『取り調べ可視化の骨抜き』にも関係していたとか。
思えば森友問題も、厚労省絡みの不正らしいから、『民主党政権誕生前から厚労省絡みの事件に
関係していた人物』と言う事になる。

あくまでも、『ジャップ連呼厨が5ちゃんねるに書いた事』だから、真相は俺も知らないが。
ちなみに「ジャップ連呼厨」は発見したが、レスを返さないから確認不能。

【米国】米上院、中国企業の米国上場廃止につながり得る法案を全会一致で可決 外国政府の支配下にある企業は米株式市場への上場禁止 [ごまカンパチ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590017925/6

197 :不要不急の名無しさん:2020/05/21(Thu) 13:48:30 ID:gE8v84Zo0.net

偏った評価は詐欺っぽいと書かれてた本を見つけた
ネットはそれに近い状態になることがあるような気がする

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【2コマ】きょうの過ち 第51回「思いの違い」

月 5月 25 , 2020
漫画:TSUKURU « 前の話へ | 第1回から読む Source: ロケットニュース […]