Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【IT】Facebookが55億円超の和解金をPTSDを患った下請けの監視モデレーターらに支払うことで合意 [かわる★]

1 :かわる ★:2020/05/13(水) 19:04:15 ID:NeojgLxi9.net
Facebookなどのソーシャルプラットフォームには日々大量の写真やムービーが投稿されていますが、その中にはポルノや暴力的なコンテンツなど、プラットフォームのルールに反した不適切なものも含まれます。そんなコンテンツを監視・削除するモデレーターたちは業務のストレスから精神的な障害を患うケースもあり、Facebookに対する集団訴訟が起こされていますが、Facebookがモデレーターたちに対して5200万ドル(約56億円)もの和解金を支払うことで合意したと報じられました。

Facebookのモデレーターたちは日々の業務においてレイプや殺人、自殺に関するショッキングな画像やムービーを目にすることも多く、中には業務のストレスからパニック障害や心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症する人もいるとのこと。Facebookの下請け従業員として働くモデレーターたちが置かれた過酷な状況や精神的な苦痛については、以下の記事を読むとよくわかります。

殺人や暴力映像を監視・削除するFacebookのモデレーターの間にセックス・大麻・差別ジョークが広まる事態に – GIGAZINE

過酷な業務で知られるFacebookのモデレーターとして勤務した結果、PTSDを発症したSelena Scolaさんが、2018年9月にFacebookに対して訴訟を起こしました。Scolaさんはレイプや殺人、自殺などの画像を定期的に見ることを求められ、9カ月間勤務した後にPTSDになってしまったそうで、最終的にアメリカの4つの州でモデレーターとして働くほかの人々も加わった集団訴訟に発展しました。これらのモデレーターたちはAccenture、Cognizant、Genpact、ProUnlimitedといったコンサルティング会社から業務を委託された下請け従業員でしたが、Facebookが従業員に対して安全な職場環境を整えなかったと主張しています。

モデレーターによる集団訴訟の結果、2020年5月8日(金)にカリフォルニア州のサン・マテオ上級裁判所へ「Facebookが現在および過去に勤務したモデレーターたちに、メンタルヘルスの問題への補償として5200万ドルを支払う」との予備的和解が提出され、Facebookはこの和解案に同意しました。補償は合計で1万1250人ものモデレーターが対象となり、各モデレーターは最低1000ドル(約11万円)を受け取ることができるとのこと。

Facebookは1000ドルの補償金が医療目的で費やされることを意図していますが、使い道はモデレーターたちに任されるそうです。また、PTSDやうつ病などのメンタルヘルスの問題があると診断された場合には追加で1500ドル(約16万円)の補償金が与えられるほか、複数の診断が組み合わさった場合は最大で6000ドル(約64万円)、さらにFacebookのモデレーターとして勤務している最中に深刻な被害を受けた人には、最大で5万ドル(約540万円)が補償されます。

原告の弁護士であるスティーブ・ウィリアムズ氏は、「フェイスブックが私たちと協力して、ほんの数年前には想像もできなかったような仕事をするモデレーターたちを助けるため、前例のないプログラムを作成したことを嬉しく思います。この業務で受ける可能性のある被害は現実的で深刻です」とコメントしました。

和解案には金銭的な補償だけでなく、モデレーターたちの精神被害を軽減するための新たなコンテンツ管理ツールの導入も含まれています。Facebookはモデレーターが監視するコンテンツの音声をデフォルトでミュートとし、画面をカラーではなくモノクロにするといった対策を予定しており、2020年末までに全モデレーターのうち80%、2021年中には全てのモデレーターに対して改善されたコンテンツ管理ツールが提供されるとのこと。また、モデレーターはメンタルヘルスの専門家と1対1のコーチングセッションを毎週受けることが可能になるほか、毎月のグループセラピーセッションも利用できるようになります。

加えてFacebookは、モデレーターを採用する際に採用候補者の感情的回復力について調査したり、職場での心理的サポート情報や、職場基準の違反を報告する方法をモデレーターに通知したりすることも、ベンダーに対して求めていく予定です。

Facebookの広報担当者は、「Facebookを誰にとっても安全な環境にするために、この重要な仕事をしてくれた人々に感謝しています。私たちはこの和解を通じて、彼らに追加??のサポートを提供することを約束します」と述べました。
https://gigazine.net/news/20200513-facebook-settlement-suffering-ptsd-moderators/

43 :不要不急の名無しさん:2020/05/14(Thu) 04:25:34 ID:WzQcF3jF0.net

>>41
あ、それは平気なんだなー
自分に脅威が及ばないやつは大丈夫
ピパピパもそういう意味では平気

いまだにドキドキするのは
頭皮の疥癬とか乾癬とか
規則正しい病変が脅威

27 :不要不急の名無しさん:2020/05/13(水) 19:59:30 ID:PdPOfHn50.net

こんなのAIでできないの?
技術進んでないんだねー

13 :不要不急の名無しさん:2020/05/13(水) 19:16:38 ID:jXuLdq5e0.net

>>1
Facebook見るだけのお仕事?
是非やりたいが

20 :不要不急の名無しさん:2020/05/13(水) 19:22:43 ID:r1wKSkah0.net

FBはフリーや退職して組織に属さない人は良いけど怖いぞ
一言で影で悪口言われる材料になるぞ

19 :不要不急の名無しさん:2020/05/13(水) 19:22:32 ID:yPjGjXWM0.net

>>15
思考力や分析力、コミュ力高いのに低賃金なんてなかなかいないぞ
間違って削除したり放置すると大変なことになる
自分は勿論、投稿者や会社・被害者・社会に責任取れるの?

28 :皇帝パルパティーン:2020/05/13(水) 20:00:43 ID:8xu0lZ0o0.net

不適切な投稿者へのペナルティが緩いことが問題だ。
Facebookには複数アカウントに対する規制がなく
本人認証の仕組みもないから無法地帯になりやすい。
TwitterJAPANも今は公式アカウントの発給を制限している。
Googleを始めとする広告ビジネスに歯止めを設けるべきだ。

2 :不要不急の名無しさん:2020/05/13(水) 19:06:07 ID:641HyH6C0.net

ストレスなんかどの職種でもあるわ

34 :不要不急の名無しさん:2020/05/13(水) 20:36:50 ID:8g5RqBrG0.net

>>32
おまえが立ち上げてみろよ

24 :不要不急の名無しさん:2020/05/13(水) 19:30:19 ID:yuxNezHP0.net

>>22
はい
グロ

29 :不要不急の名無しさん:2020/05/13(水) 20:03:04 ID:Kv5HFLJu0.net

人の垢をさんざんバンしてきやがって その挙句に
障害者を装って 和解金せしめるのかよ
fb運営も糞の塊だが こいつらもクズだよなぁ ┐(´д`)┌ヤレヤレ

*ロシアが行ったフェイスブックなどでの ネット工作の実態
https://yamatoxx00xx.blogspot.com/2020/04/blog-post_26.html

*ツイッター の闇  炎上の危険性からツイッター 社員のスパイ事件まで 
https://yamatoxx00xx.blogspot.com/2020/02/blog-post_6.html

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【新型コロナ】『人類の9割が死滅』と予言 「ヨゲンノトリ」山梨で厄除け商品続々 御朱印も(写真あり) [ジェット★]

日 5月 17 , 2020
元スレ 1 :ジェット ★:2020/05/17(日) 16:51:41 ID:k3BF5fr69. […]