Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【コロナ】父の容体急変→医師誤診→保健所シカト→別の病院で発覚→自宅へ戻され職場に発覚→「風評被害出てる」と退職→死亡★2

1 :ライスシャワー ★:2020/04/14(火) 22:56:40 ID:Gn7acBd+9.net
いけさん ィェィ?太郎 @is_ikesan 23:38 – 2020年4月12日
父親の容体急変→医師、レントゲンと血液検査から「コロナじゃありませんね」→保健所に連絡するも「コロナの事ばかり考えているとおかしくなっちゃいますよ」→別の病院でコロナ発覚→近所・職場に知られる→職場「風評被害が出ている」→父退職→父死亡
えぐい話だ…
https://twitter.com/is_ikesan/status/1249346213683408896

  ◇

■ コロナ犠牲の父、ひつぎ越し抱く 道内遺族「人ごとと思わないで」

 「決して人ごとだと思わないで」。新型コロナウイルスに高齢の両親が感染し、父親を亡くした道内の女性は力を込めた。女性は11日、父親の陽性確認からこれまでの日々を北海道新聞の取材に語った。大切な人を失う悲しみに加え、医療態勢の脆弱(ぜいじゃく)さや周囲からの差別、経済的困窮、「感染症で死ぬ」とはどういうことか…。ウイルス感染をめぐり起こる、さまざまな問題や苦悩がにじんでいた。

 「もっと早く入院できていたら、父は死ななかったかもしれない」。女性は今も「身震いする」ほどの怒りと悲しみを抱えている。

■感染確認遅れ

 同居していた父親の様子が急変したのは、3月上旬。深夜に突然、父親のうめき声が聞こえた。慌ててベッドに行くと、自力で起き上がれない状態だった。熱が39・5度も出ていた。道内は「緊急事態宣言」のまっただ中で、「コロナだ」と救急車を呼んだ。

 搬送先はなかなか決まらなかった。ようやく向かった病院でレントゲンと血液検査を受けたが、医師は「コロナじゃありませんね」と言った。ウイルスの感染を調べるPCR検査も受けられなかった。

 翌日も39度近い高熱が続いた。「父から『先生は、コロナ大丈夫って言ったよな』と聞かれるのがつらかった」。保健所に何度も連絡したが「医師が違うと言っているんでしょ。コロナの事ばかり考えているとおかしくなっちゃいますよ」と取り合ってくれなかった。

■迷惑恐れ退職

 搬送から2日後、別の病院を受診。防護服姿の看護師に検体を取られた。「やっぱりコロナだ。このまま入院させて」と祈ったが「外出しないように」とだけ言われ、自宅に帰された。

 次の日、陽性と連絡があった。自宅前に救急車が止まり、その後、防護服姿の保健所職員が現れ、近所に感染を知られた。

 道の発表では職業を伏せ、居住地も自治体名を出さないよう頼んだ。だが女性や女性の夫の職場の情報はすぐに周囲に広まり、職場からは「風評被害が出ている」と言われた。「親族や仕事場に迷惑をかけてしまう。もう仕事を続けられない」と退職した。

 入院した父親は日に日に弱っていった。3月下旬、医師から「もう最後だと思う。あなたも危ないけど会うかい」と聞かれ、防護服を着て3時間だけ面会した。父親を元気付けようと、ラップでくるんだ携帯電話越しに、親戚に「頑張れ」と声をかけてもらった。苦しそうに「うん、うん」とうなずく父親。その体にじかに触れることもできない。「何も心配ないから。ゆっくり休んで」と声をかけ続けた。

 家に帰り、着ていた服を全て捨ててお風呂に入った時、病院から電話が来た。「息を引き取りました」。父親の後に感染が分かって別の場所に入院した母親には、死を告げられなかった。「体調がさらに悪くなるのが心配だった」からだ。

■心ない言葉も

 感染予防のため、父親をひつぎ越しに抱いた。「死なせてごめんね」と何度も言った。お骨は夫と2人だけで拾った。

 しばらくして、親戚や親しい友人だけに父親の訃報を知らせた。心配してくれた人が居た一方で、「怖いから、もうあなたには会えない」「おまえの家には、1年は行けない」など、心ない言葉を投げかけられた。

 女性も夫もPCR検査を受け、いずれも陰性。それでも「自分が加害者になるかも」と、今も自宅からほとんど出ない。夫も「万が一にも迷惑をかけられない」と休職を続け、経済的にも厳しい日々が続く。

 家に居ると、大好きな父親を失ったのは夢じゃないかと思う。父親がどこで感染したかも分からないままだ。「こんなに何もかも苦しいと思わなかった」と女性。「心は負けていられない」と何とか自分を奮い立たせる。同じ苦しみは、誰にも味わってほしくない。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/411541

★1:2020/04/14(火) 22:15:32.20
【コロナ】父の容体急変→医師が誤診→保健所もシカト→別の病院でコロナ発覚→職場に知られる→職場「風評被害出てる」→退職→死亡
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586870132/
(deleted an unsolicited ad)

482 :名無しさん@1周年:2020/04/15(水) 06:32:22 ID:x7fMfjMT0.net

こないだ肺炎だった身としては、記事の適当さ加減が腹ただしいわ
肺炎の知識ろくになく、現状も分かってないやつが書いてるとしか思えない

胡散臭さが凄い、聞いた話をアレンジした創作としか思えん

246 :名無しさん@1周年:2020/04/15(水) 00:27:26 ID:529Qmmvd0.net

>>239
149例目の人が亡くなったという情報は出ていない
もし生きていれば勝手に話のネタにはできないだろう?
つまり実話の可能性が高い

603 :名無しさん@1周年:2020/04/15(水) 11:33:54 ID:vj0mjO480.net

>>599

伝染病の感染情報で風評するって手法が
古典的な斬新さだなw

259 :名無しさん@1周年:2020/04/15(水) 00:41:19.88 ID:DSCSrSvy0.net

>>249
そこらへんを曖昧にしてるんだよね
棺を抱いたのはいつどこでなのかとか
志村けんのケースだと死に目にも会えないし遺体も見られず焼かれて骨になって帰ってくる
志村けんの遺族と同じ経験をした遺族がネットで手記を発表してるけどこの記事の娘はそこにあまり触れない
防護服が足りなくて医者がゴミ袋被って奮闘してるのにちょろっと面会させるために貴重な防護服を無駄にするわけがないしすごく下手くそな作文

493 :名無しさん@1周年:2020/04/15(水) 06:46:46 ID:+wRnpZee0.net

>>474
自己紹介乙w

291 :名無しさん@1周年:2020/04/15(水) 00:54:44 ID:3GZj13XG0.net

もうどんな時でも録音録画はマストだな。

325 :名無しさん@1周年:2020/04/15(水) 01:14:16 ID:QMAnWf/50.net

容体急変の時点で救急車呼べば処置してくれるだろ
コロナかどうかなんて関係なく

118 :名無しさん@1周年:2020/04/14(火) 23:25:22 ID:OHhmiYlC0.net

>>96
そんなことはないぞ?
現に治ってる人もいる
だから再びかかった、なんて人もいるわけで

537 :名無しさん@1周年:2020/04/15(水) 10:15:16 ID:A19exJmI0.net

> 保健所に連絡するも「コロナの事ばかり考えているとおかしくなっちゃいますよ」
どこの保健所?
この発言した担当者は殺人容疑者だよな?
これじゃあ保健所は人殺しと言われても仕方ないぞ

発言した担当者と保健所長は遺族に土下座したのか?
もちろん懲戒免職だよな?

62 :名無しさん@1周年:2020/04/14(火) 23:14:22 ID:esY6tlHB0.net

まずこの北海道の医者と保健所検査しなあかんな

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【速報】東京都で新たに161人感染 計2319人に ★6

木 4月 16 , 2020
元スレ 1 :ばーど ★:2020/04/14(火) 19:39:51 ID:Fhmm0Q9R9.n […]