Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【挑発】米海軍が駆逐艦を台湾海峡の中間線の中国側で航行させる

1 :ガーディス ★:2020/04/11(土) 21:49:46.73 ID:x0vFgoJ79.net
 米海軍が駆逐艦を台湾海峡の中間線の中国側で航行させた背景には、新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、台湾周辺や南シナ海などで拡張主義的な行動をやめない中国に圧力をかける狙いがありそうだ。米海軍は空母4隻で感染者が確認され即応態勢に疑念が持たれかねない状態でもあり、中国軍のさらなる挑発行動を阻止したい思惑もうかがえる。

 米海軍は2018年後半以降、ほぼ月1回の頻度で艦艇に台湾海峡を通過させている。米海軍が通過しない月には英国、カナダ、フランスの艦艇や公船が通過してきた。米海軍の通過は月の下旬が多く前回は3月25日だったことから、今回は通常の通過と異なる意義付けも見受けられる。
https://special.sankei.com/a/international/article/20200411/0003.html

66 :名無しさん@1周年:2020/04/11(土) 22:23:51.62 ID:wMyFdZaR0.net

金門島は台湾領ですからなにか問題が?
中国側も武漢コロナの話題そらしに米軍のEP3に体当たりして
不時着させた事件をまた起こすかもね

26 :名無しさん@1周年:2020/04/11(土) 22:03:29.66 ID:z734j+mL0.net

「このタイミングでかよ!」なのか
「このタイミングだしねー」

38 :名無しさん@1周年:2020/04/11(土) 22:06:40.20 ID:cqkgLQQ90.net

>>32
趣味?なんの話?

131 :名無しさん@1周年:2020/04/12(日) 09:10:26 ID:7j3iPFzH0.net

>>124
今アメリカ側に付けば、中国からの借金で首が回らない国は、借金をチャラにするチャンス

6 :名無しさん@1周年:2020/04/11(土) 21:51:44.78 ID:NISxLL+O0.net

流石に中国にキレてるだろうしな

74 :名無しさん@1周年:2020/04/11(土) 22:27:07.66 ID:QSS9Ysej0.net

>>57
国賓

91 :名無しさん@1周年:2020/04/11(土) 22:45:43 ID:wh0kB7EL0.net

意味ないな
実害を出すウイルス
示威行動にしか使えん軍
中国人にしか効かないウイルスを開発したと言った方がよほど効果あるぞ

118 :名無しさん@1周年:2020/04/12(日) 00:12:43 ID:S/ZQUFw/0.net

>>1
ジョージアガイドストーン
これはどうなの?5Gの免疫力低下がコロナを悪化させているのかな?ーって。
・早期導入テストをしていた北海道の事。
・鳥取、島根、岩手が導入検討中で少ない事。
他のスレでこれが気になる。↓
こんなレスあったけどどうなんだろう
新型コロナウィルス感染率: /百万人
【5G未導入国↓】
ミャンマー 0.1
エチオピア 0.1
バングラデシュ 0.3
ナイジェリア 0.5
インド 0.7
【5G試験中↓】
エジプト 6
パキスタン 7
ロシア 9
フィリピン 11
ブラジル 18
【5G導入国↓】
アメリカ 374
フランス 576
ドイツ 689
イタリア 1529
スペイン 1556
中国の武漢は、5G先進都市の1つであり、2019年秋の時点で市内に5,800基もの5G基地局を設置し、これは中国中部で最大、全土でも3番目の規模の設置量でありました。

79 :名無しさん@1周年:2020/04/11(土) 22:31:05.42 ID:lMxvbLDI0.net

アメリカ激怒 世界も激怒

30 :名無しさん@1周年:2020/04/11(土) 22:05:10.06 ID:T3Cbiuza0.net

>>17
シナ利権の権化の様な売電が当選したら、どーすんだよ。

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【4コマ】第103回「魔王軍はホワイト企業38」脳内ポートフォリオ

日 4月 12 , 2020
漫画:スガラジカル « 前の話へ | 第1回から読む Source: ロケットニュース2 […]