Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【ロシア軍】米誌 ロシアの重火力投射システム「ソンツェペク」の危険性を説明

1 :しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★:2020/02/06(Thu) 11:16:12 ID:iLtO7OAQ9.net
米ナショナル・インタレスト誌の専門家マイケル・ペック氏はロシアの重火力投射システム「ソンツェペク」を取り上げ、なぜこれが米国にとって重大な脅威となっているのかを説明した。ペック氏は、このシステムの一撃でロシア軍は敵の防衛を「完全破壊」し、大規模な突入作戦を開始できる。

報道によると、2001年、重火力投射システムのTOS-1A「ソンツェペク」はТ-72戦車のシャーシ(戦車車体下部)の上部に装着された。

現在、ロシア軍には重火力投射システムTOS-1「ブラチーノ」と新型のTOS-1A「ソンツェペク」が配備されている。

TOS-1A「ソンツェペク」は搭載弾薬数は24発で、射程距離は6キロ。自動車化狙撃兵および戦車部隊を火力支援し、敵の兵器を戦闘不能状態に陥らせる。このシステムには、改良された発射装備とロケット弾の自動誘導システムが装備されている。

ペック氏いわく、このような強力なシステムで武装した大隊は、強固な敵陣の突破を目的にしている。

ナショナル・インタレスト誌は「ソンツェペク」の任務を、「物心両面で破壊的な焼夷弾を使用し、都市、掩体壕、塹壕から敵軍を排除すること」と述べている。

ペック氏によると、TOS-1A「ソンツェペク」に搭載の燃料気化爆弾は爆発後に敵の防御施設に壊滅的な影響を与える。こうすることでTOS-1A「ソンツェペク」は自動車化狙撃兵やT-14戦車「アルマータ」が進軍するために「道を切り開く」。

https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/707/23/7072397.jpg
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/707/89/7078912.jpg

https://jp.sputniknews.com/russia/202002057078925/

93 :名無しさん@1周年:2020/02/06(Thu) 21:46:45 ID:zjp1DoUo0.net

ブリッツクリークの問題点は見た感じのサイズレートではありません
 距 離 だ と 思う  んですけれど

86 :名無しさん@1周年:2020/02/06(木) 14:32:41.51 ID:dNIdO3lh0.net

最近やたらとレッドチームが騒がしいな

ひょっとしたら新型肺炎も、いざとなったらこんなの持ってますよ?的な
中国のデモンストレーションなのかも知れんよ

5 :名無しさん@1周年:2020/02/06(Thu) 11:20:39 ID:npNm1clx0.net

>>2
なんでやこんなに穴あるのに(・ω・)

96 :名無しさん@1周年:2020/02/07(金) 10:31:57 ID:JDdOx68b0.net

ロシアとの陸戦だけは避けた方がいいな

67 :名無しさん@1周年:2020/02/06(Thu) 12:38:50 ID:LAy+11Xf0.net

カチューシャちゃんじゃん

62 :名無しさん@1周年:2020/02/06(Thu) 12:27:21 ID:xhJyrFQ70.net

ロシアおなじみの
スターリンのオルガンやん

7 :名無しさん@1周年:2020/02/06(Thu) 11:21:33 ID:z8Lh/gXU0.net

ちょっとした傾斜で盛大にコケそう

58 :名無しさん@1周年:2020/02/06(Thu) 12:19:52 ID:Th051WN20.net

>射程距離は6キロ
アメリカには脅威じゃないでしょ
欧州はどうだかしらないけど

95 :名無しさん@1周年:2020/02/07(金) 06:31:41 ID:6kqFOMJ90.net

>>94
この手の兵器を見る度にそれを思う
まぁこれは近代的な軍隊が運用しているのだからランチャーのユニットごと交換出来たりするのだろうけどWW2当時のカチューシャなんて上空から20機銃でひと嘗めされただけで誘爆&火の海になってただろうに

17 :名無しさん@1周年:2020/02/06(木) 11:27:13.70 ID:UecWy+1G0.net

>>94
この手の兵器を見る度にそれを思う
まぁこれは近代的な軍隊が運用しているのだからランチャーのユニットごと交換出来たりするのだろうけどWW2当時のカチューシャなんて上空から20機銃でひと嘗めされただけで誘爆&火の海になってただろうに

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【2コマ】東西の女装 第3回「東のファッション2」

金 2月 7 , 2020
漫画:TSUKURU « 前の話へ | 第1回から読む Source: ロケットニュース […]