Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【恥ずかしがり屋の変質者】春日井市で小太りの男が女子生徒に卑わいな文章を携帯電話で見せる 愛知

1 :みつを ★:2019/12/14(土) 04:45:06.10 ID:2NwZmwaK9.net
【恥ずかしがり屋の変質者】春日井市で小太りの男が女子生徒に卑わいな文章を携帯電話で見せる 愛知

https://this.kiji.is/578301903156741217

(愛知)春日井市柏井町4丁目で卑わいな声かけ類似行為 12月13日夕方
2019/12/14 04:25 (JST)
©日本不審者情報センター合同会社

愛知県警によると、13日午後4時ごろ、春日井市柏井町4丁目で女子生徒への卑わいな声かけ類似行為が発生しました。(実行者の特徴:男性、20〜50歳、小太り、黒色系服装)

■実行者の言動や状況
・卑わいな文章を携帯電話で女子生徒に見せた。

■現場付近の施設
・勝川小学校、中部中学校、春日井高校、イオン春日井ショッピングセンター

49 :名無しさん@1周年:2019/12/14(土) 16:45:21.95 ID:KIT3FR/R0.net

春日井市議選 (定数32 立候補者41)
https://www.chunichi.co.jp/senkyo/chihosen2015/kaihyo/Q23005.html
当 2,837 佐々木 圭祐 (58) 公 現 党支部長 3
当 2,777 石原 名子 (64) 公 現 学校理事 6
当 2,691 田口 佳子 (53) 公 現 党副支部長 2
当 2,617 石飛 厚治 (46) 公 新 党支部役員 1
当 2,557 田中 千幸 (58) 公 現 党副支部長 3
合計13479票
得票総数94174票
得票率 約14.3%

春日井市議選開票 統一地方選2019 中日新聞(CHUNICHI Web)
https://www.chunichi.co.jp/senkyo/chihosen2019/kaihyo/aichi/Q23005.html
当3,159 小林 宣子 51 公 新 党副支部長 1
当2,622 佐々木 圭祐 62 公 現 党支部長 4
当2,603 田口 佳子 57 公 現 党副支部長 3
当2,536 田中 千幸 62 公 現 党副支部長 4
当2,322 石飛 厚治 50 公 現 党支部役員 2
合計13242票
得票総数85490票
得票率 約15.5%

最下位当選の得票を見る限り、6名〜7名の当選者を通す能力がある
議席占有率は約20%

大体学会の悪評が立つ地域は公明党の議席占有率が高いよね

40 :やりすぎ防犯パトロール問題 9:2019/12/14(土) 16:36:44.10 ID:KIT3FR/R0.net

>>39 からの続き
やりすぎ防犯パトロールの問題が、実際に民事事件化した組織的なストーカー事件のケースと酷似しているとの指摘が相次ぎ
疑問視されると同時に、問題視されています

※記事の転載に規制が掛かっている為、参照先URLと重要部分の纏めを掲載します(■=cyzo.com ▲=2011 ●=postです)
※記事タイトルも同様の理由から改変してあります

現役の産業医が語る、「リアルでブラックなクビ切り術」
http://www.■/▲/10/●_8912.html
・実際に、ストーカーチームに加わった事で、逆に精神を病んだ人物より、(メールで)相談を受けた産業医がいる
・送信されたメールの内容は、次の通り。「上からの指示でこんな事をしたが、もうやりたくない。死にたい」
・邪魔になった従業員を退職させる手段に、以前は、組織的なストーカー行為を行う企業があった、と産業医が証言している
・組織的なストーカー行為を行う宗教団体の行動部隊と、企業の法務部との間に、パイプがあり、宗教団体の行動部隊に依頼して行われていた
・手口としては、ターゲットにした社員と、道でのすれ違いざまに『野山太郎、死ね』と囁く
・ホームの対面から、じっと視線を合わせる、など
・ノイローゼになるまでやる
・そうして相談に行くと、「最近、人の視線が気になりませんか」と言ったり、「幻聴は聞こえますか」などと言って誘導し、統合失調症にでっち上げる

敗訴で明らかになった、女性弁護士の、ブラック過ぎる手口
https://www.■/▲/09/●_8463_entry.html
・不都合な社員、退職させたい社員がいる時には、組織的なストーカー行為と呼ばれているる手口を使う
[具体的な手口]
A 社員の周辺に複数の人間を常に付き纏わせ、社員に精神的苦痛を与え続ける
B Aにより、社員が堪らなくなって、怒鳴ったり、暴力を振るったりしやすい環境を作る
C 若しくは、精神的苦痛により、自殺しやすい環境にする行為を続ける事で、自殺に追い込んで殺害する
D 被害を訴えるターゲットに対し、統合失調症・妄想障害等の偽の診断書を作成し、ターゲットの発言の信憑性を低下させる
E Dを実行した後に、産業医が、治療だと称して、措置入院などを行う
F マスコミ、警察、裁判所などを欺き、対応が出来ないようにする
G このようにしてターゲットを自殺や泣き寝入りに追い込む

生活安全警察が実施するやりすぎ防犯パトロールでは、既に、被害者の中から、自殺者が出ているとの話もあります
元から、標的にした個人を、自殺させたり、統合失調症にでっち上げる事で
社会的に抹殺する事を目的としている組織的なストーカー行為と、全く同じ事をやっているのですから
標的にした個人が自殺したり、過剰ストレスから精神障害を発症したりするのは当然の事です
生活安全警察も、防犯協会も、同問題に深く食い込むとされる創価学会の幹部達も
やりすぎ防パトを実行し続ければ、標的となった個人が自殺したり、精神障害を発症して気が狂う事を承知で実行している
明らかに未必の故意が成り立つので、組織的な殺人罪に当たる

関与している生活安全部の警察幹部達、創価学会の幹部達、防犯協会の幹部達は
組織的な殺人罪、あるいは、組織的な殺人未遂罪で逮捕・起訴されるべきであり
全員極刑に処すべきであると考えます

6 :名無しさん@1周年:2019/12/14(土) 04:50:10 ID:SzqrtuCY0.net

「おしり」とか書いてある奴を恥ずかしそうにみせて来るんだろ。

47 :やりすぎ防犯パトロール問題 関連情報:2019/12/14(土) 16:42:01.09 ID:KIT3FR/R0.net

>>46 からの続き

602名無しさん@1周年2019/12/09(月) 00:26:08.52ID:wDHlULeG0
>>573
来ててもっていうか、やりすぎ防パトなんかは、この自治会や町内会の問題ともろに被ってるからな
学会が学会員らに自治会や町内会の役員を積極的に引き受けるように呼び掛ける運動を1990年代の終わり頃から初めて
それを実行した事で町内会や自治会、PTA、その他の住民組織の役員の多くを学会員が占めるようになって
地域によっては地域に存在する大多数の住民組織を学会が役員となった学会員を経由し
間接支配できるようになった結果、それを悪用して嫌がらせし始めたのが
やりすぎ防パト問題の元凶の一つになってるから
この件に関しては宗教学者の島田氏も触れてる

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A#%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E8%B2%A2%E7%8C%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95
>■地域貢献活動

>創価学会では、個々の会員および団体レベルの双方で、近隣友好や地域貢献を推奨している。具体的には、祭りなどの行事への協力がある[SG 42]。
>創価学会本部および聖教新聞社本社がある新宿区信濃町では、町内会の盆踊り大会や防災イベントに会場を提供するなどしている。

>また、音楽隊が地域行事に際し演奏を行うケースもある。地域貢献の体験談集が過去に発刊されている[35]。

>宗教学者の島田裕巳は、「創価学会員が『広布即地域貢献』として団地自治会長や学校PTA、商店街役員などに積極的に就任し、
>それらの組織を『折伏の足場』にしようとしていると述べている[36]。一般の人は仕事などに追われてそれらの役員には就きたがらないが[36]、
>創価学会はそうした状況を利用して地域で主導権を握ろうとしている」と、分析している[36]。

12 :名無しさん@1周年:2019/12/14(土) 04:57:41.65 ID:VQXz8P980.net

>>11
不審者情報の一覧

◆◇◆名古屋奥様 な〜ごや育児情報◆◇◆
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/baby/1576047211/

41 :やりすぎ防犯パトロール問題 10:2019/12/14(土) 16:36:49.97 ID:KIT3FR/R0.net

>>40 からの続き
なお、このやりすぎ防パト問題ですが、長い間、調べる人が出なかった為、統合失調症の被害妄想だと切り捨てられたり
記事が出されたのがツカサネット新聞というネット新聞社であった為、記事の内容は出鱈目である、等と吹聴され続け
なかなかこういった組織犯罪が行われている実態が、世間に知られ、浸透する事はありませんでした
しかし、今年の参院選で、東京選挙区から、オリーブの木より出馬された溝口氏がこの問題を調査していることがわかりました
同氏のツイートの一部を掲載します

https://twitter.com/mzgc_yp_otaku/status/1133265050687246336
>みぞぐち晃一・前参議院議員候補(オリーブの木)
>@mzgc_yp_otaku
>返信先: @abmramgmnmttktさん

>ありがとうございます。
>色々な方から、相談を持ち込まれてから「#集団ストーカー行為」「準監視行為」等に、荷担されてしまった近隣の人の話を聞きました。
>悪気はなく、集ストの中心人物が、何も知らない普通の人を上手に巻き込んでいく様です。
>素性の知らない人からの質問は答えないのが良策です。
>23:53 – 2019年5月27日
https://twitter.com/mzgc_yp_otaku/status/1128338295186915328
>みぞぐち晃一・前参議院議員候補(オリーブの木)
>@mzgc_yp_otaku

>あなたは、知っていますか?
>集団ストーカーやストーカー案件に立ち向かう姿勢を見せた者に、それらの人たちが標的にすべく動くことを。
>それは、被害者側を応援する側に回った人にも向かうから、関わりたくない人は、被害者を避けていきます。
>加害者は法律にも詳しく、組織的に動く事もあります。
>9:36 – 2019年5月14日
twitter.com/mzgc_yp_otaku/status/1182111080153108480
>みぞぐち晃一・前参議院議員候補(オリーブの木)
>@mzgc_yp_otaku

>知らずに荷担させられてしまった人たちに、集団ストーカー行為を受けたと名乗る被害者に訴えられても、
>解るはずがない。
>むしろ、頭がオカシイ人が何か言ってきた、となるだろう。
>分断を引き起こし、地域不安を増大させて、防犯の予算確保を維持していると考えると合点がいく気がするのだけどなぁ…。
>18:50 – 2019年10月9日
twitter.com/mzgc_yp_otaku/status/1181941946501042176
>みぞぐち晃一・前参議院議員候補(オリーブの木)
>@mzgc_yp_otaku

>市民が中心のボランティア組織であるPTAや町内会や自治会といった組織が、防犯パトロールをしています。
>その防犯パトロールに、公的組織や特定組織が【特定人物】を私見を織り交ぜて狙い定め、監視させるような
>#集団ストーカー行為 に荷担させる事があってはなりません。
>7:38 – 2019年10月9日

このように、現実に発生している問題で、証言も取れています
実行犯は生活安全警察、防犯協会、そして創価学会です
繰り返しになりますが
関与した生活安全部の警察幹部、防犯協会の幹部、創価学会の幹部らを、組織的な殺人罪、あるいは、組織的な殺人未遂罪で逮捕・起訴し
全員極刑に処すべきであると考えます
このような卑劣な組織犯罪を行い、治安を乱し、社会を破壊している組織犯罪者達に対しては、決して甘い顔を見せるべきではありません
(deleted an unsolicited ad)

39 :やりすぎ防犯パトロール問題 8:2019/12/14(土) 16:36:36.69 ID:KIT3FR/R0.net

>>38 からの続き
>■警察への浸透を企図

>  創価学会には「水滸会遺戒置文二十六箇条」なる秘密文書がある。これは創価学会の原島嵩元教学部長によれば、昭和53年頃、池田紙が佐久間
> 昇副教学部長に命じて、池田氏自身の「天下取り」構想を戸田城聖会長の言行録としてまとめたものだという。
>  その中には、「総理大臣」の位置付けや「総理大臣」ポスト奪取の構想をはじめ、「官庁」への浸透の必要性、「政治家対策」など、若い時分から
> 「天下を取ろう」をキャッチフレーズにしていた池田氏の「天下取り」のための構想、青写真が述べられているが、その中に「警察権力」への浸
> 透方法として、警部や警部補などの現場の指揮者を学会員で占めていく構想が語られている。
>  民社党の元委員長で、非自民連立政権で厚生大臣などを務めるなどした大内啓吾氏は、平成7年に開催された「創価学会による被害者の会」の
> 集会の席上、厚生大臣時代、警察関係者から警視庁には4000人もの学会員の警察官がいると聞かされた旨、語った事実がある。いくら学会員
> とはいえ現職警察官が、今回、書類送検された千葉南署の巡査長のように、創価学会・公明党のために軽々に違法行為を犯すとは考えたくないが、
> 「水滸会遺戒置文二十六箇条」などの存在もあるだけに、気になるところ。
>  いずれにせよ竹入元公明党委員長や龍元都議会公明党幹事長、そして山崎元創価学会顧問弁護士らが明らかにしているように、創価学会は公
> 明党の政治力を背景に、警察や検察を自家薬籠中の存在とし、学会員らによる犯罪を隠蔽するとともに、その権力を対立する人物や団体を攻撃
> するための武器として利用している。
>  北海道警や福岡県警などで発覚した捜査費裏金問題を追及することも重要だが、同時に警察が創価学会によって汚染されていないかどうか、
> 偏向していないかどうか、こうした点についても厳しい監視が必要である。
ソースのスクショ
https://i.imgur.com/zsX0ZTz.png

43 :やりすぎ防犯パトロール問題 12:2019/12/14(土) 16:38:42.85 ID:KIT3FR/R0.net

>>42 からの続き
■関連レス 他スレからの転載■

例えばこれは、政治活動家として有名な有門大輔氏のブログなんだけど

侍蟻SamuraiAri 反米反日分子と戦うネオ親米愛国派!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51968851.html
> 我々も創価学会批判のポスティング活動を展開した時(平成21年の都議選と衆院選)、さんざん創価学会信者らの妨害に遭ったが、
>向こうは地元の公明党議員まで駆り出してきたりした。地元の議員なら所轄警察署にも顔が利く。
>こちらの個人情報が警察官を通じて漏れていたのだ。

こんな感じで、公明党の地方議員が警察署の警察官に働きかけて、自分達の個人情報その他を聞き出していた事実を語ってる
そしてこんな情報もある

特集/警察の創価学会汚染 創価学会との癒着は警察の汚点 ―学会員警察官の問題行動も多発 乙骨正生(ジャーナリスト)
http://www.forum21.jp/contents/04-9-1.html(現在リンク切れ)
>■公明党の政治力用い“癒着”を構築

> こうした警察や検察と創価学会の特殊な関係は、いまに始まったことではない。竹入義勝元公明党委員長は、平成10年夏に「朝日新聞」に
>掲載した「政界回顧録」の中で、創価学会の組織的な選挙違反事件をもみ消してもらうため警視庁や検察庁に“陳情”した事実を明らかにしているし、
>東京都議会副議長や都議会公明党幹事長などを歴任した龍年光元公明党都議は、築地の料亭「河庄」を根城にして、公明党都議が警視庁幹部を
>恒常的に接待し、両者の「癒着の構図」を作り上げることに腐心した事実を次のように語っている。
> 「『大阪事件』で警察・検察の厳しい取り調べを受けて、池田は警察と検察を恐れるようになりました。本来ならば、池田は自らの不明を
>反省すべきだったんですが、池田の意識は反省に向かうのではなく警察を抱き込むことに向かいました。
>そこで公明党が都議会でキャスティングボートを握るや否や、池田の指示のもと竹入や藤井がまっさきに警視庁の抱き込みに動いたのです。
> 左右の対立の激しい中で公明党は警視庁予算、人事を無傷で通してやることで恩を売りました。当時は社・共が警察に厳しい態度を
>とっていましたので、警視庁も公明党にすぐさますり寄ってきました。
> そうした公明党と警視庁の談合の場になったのが築地の料亭・河庄です。ここに入り浸って今泉太郎(元都議)などが警視庁の幹部を接待・懐柔
>したのです。後に公明党の推薦で兵庫県知事となった警視庁のY総務部長をはじめ、以後、歴代の警視庁幹部が入り浸っていました。
> その結果、創価学会・公明党の選挙違反は不問に付され、交通違反などももみ消されるばかりか、池田の女性問題を取り上げた月刊ペン事件の
>隈部大蔵編集長を警視庁の暴力団担当の四課がいきなり逮捕するというような、癒着の構造ができあがっていったのです。
>池田にとって『大阪事件』は、警察を抱き込むという学習効果を与えるという、
>国民一般にとっては極めて不幸な結果を生むことにもつながったのです」

創価学会は警視庁や道府県警察の警察本部に勤務する上層幹部や、警察署長、警察署の幹部達を懐柔して抱き込んできた事実があって
多分、こうした行為は今も行われていて、だから公明党の議員が県警本部や警察署に行って何かすると、警察の動きが変わるような事が起きる

だから学会は何をやっても警察に逮捕されないし、警察の動きが鈍くなるわけ
こんな芸当の出来る反社色の強い宗教団体は、創価学会くらいのものだよ

37 :やりすぎ防犯パトロール問題 6:2019/12/14(土) 16:34:34.94 ID:KIT3FR/R0.net

>>36 からの続き
■学会員警察官による職権濫用問題

特集/警察の創価学会汚染 創価学会との癒着は警察の汚点 ―学会員警察官の問題行動も多発   乙骨正生(ジャーナリスト)
http://www.forum21.jp/contents/04-9-1.html(サイトリニューアルにつき記事そのものが削除された)
> ■学会員警察官の不祥事も多発

>  ところでこうした公明党の政治力を背景にした創価学会と警察の関係とともに、見過ごせないのは今回、発覚した千葉県での現職警察官による
> 公職選挙法違反の事実に象徴される、学会員警察官による違法行為や不法行為、職権濫用やその立場を利用しての問題行為などである。
>  平成5年3月5日、衆議院の予算委員会において社会党の関晴正代議士は、創価学会の宗教法人としての適格性を問題にしたが、その際、青森
> 県 警の現職の警察官が、日蓮正宗の法華講に所属する老婦人に執拗に法華講からの脱講を強要した事実を挙げ、「人権侵害だ」とこう厳しく指摘
>している。
>  「平成五年二月十四日、青森県(住所略)、Kさんという方が法華講の講員で、ここにT・Y、学会員、現職警察官、青森市(住所略)、この方
> が元僧侶のY・S氏と地元の学会員を引き連れて強引な脱講運動の案内役をしたとある。脱講運動というのは、法華講の講から抜けろという運動
> ですよ、そして学会に来いということです。それぞれ信仰の自由がありますよ。(中略)一日に何度も来る、また一カ月に何度も来るという。そう
> して、脅迫的言辞を弄している。こっちへ戻らなければ地獄へ落ちるぞ、こっちへ戻らなければ殺してやるぞと。これは何ですか。
>  今私は青森の例をとりました。この事実は、現職警察官が僧侶を案内して、そうして行っているわけですよ。お帰りください、これからテレビ
> を見なければならないのですよと言ったって帰るものじゃない。こういうことは公序良俗に反する行為でしょう。公序良俗に反するような行為が
> 公然と行われている。一体これをだれが取り締まるのですか。暴力団取締法というのがあるけれども、それに似たようなことが行われているとい
> うのは人権侵害もいいところでしょう」

3 :名無しさん@1周年:2019/12/14(土) 04:46:31.74 ID:A/7kJFWmO.net

外国人の仕業だ
間違いない

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

松屋の「超一部店舗限定」なジョージア料理『シュクメルリ』を食べてみた → 松屋を信じられなくなった

土 12月 14 , 2019
先日松屋の公式Twitterが見過ごせない動きを見せた。駐日ジョージア臨時大使らによる、松屋で「シュ […]