Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【死に戻り】心停止で死亡確認の6時間後、加熱したら生きかえったぞ:英国

1 :猪木いっぱい ★:2019/12/06(金) 19:23:47.79 ID:p7rYSZAN9.net
英国の教師が心停止に苦しんでから6時間後に生き返った

彼女はバイタルサインを示さず、心臓は電気的活動を示さなかった

スペインのピレネー山脈の吹雪で道に迷った英国人女性は、彼女が心停止を起こしてから6時間後に蘇生した、と医師は明らかにした。

オードリーマッシュと彼女の夫は、11月にカタロニアのピレネー山脈でハイキングをしているときに吹雪で立ち往生しました。医師はこの事件を「世界規模で例外的」と呼んでいます。

バルセロナに住んでいる教師のマシュさん(34歳)は、突然の豪雪に巻き込まれたときに、夫のローハン・シェーマンや友人とハイキングに出かけました。彼らは避難したが、マシュ女史は重度の低体温になり、心臓が止まる前に意識不明になった。

吹雪の中断により、シェーマン氏は携帯電話から山の上の夫婦の位置の写真を送信することができ、救助隊はそれらに到達することができました。

6時間後、ヘリコプターで救助された後、彼女はバルセロナのバル・デブロン病院で復活しました。

バイタルサインなし

エドゥアルド・アルグド博士は、彼女は20℃の体温で到着したと言いました。通常の体温は37℃です。彼女はバイタルサインを示さず、心臓は電気的活動を示さず、腎臓と肺は機能していませんでした。

医師は、彼女の体が通常の温度まで穏やかに温められれば生き残ると信じていました。彼女は医療機器に接続されており、徐々に加熱しながら体の周りに血液を送り続けました。

彼女の体温が30°Cに達すると、医療スタッフは除細動によって彼女を蘇らせようとしましたが、失敗しました。2回目の試行は成功しました。

記憶喪失

マシュ女史は緊急事態の思い出がなく、彼女の人生が危険にさらされていることを知りませんでした。意識を回復した後、彼女は非常に混乱していると感じたと言いました。夫婦は、受けた医療処置を称賛しました。

夫婦は、来年山に戻ることを望んでいると言った。
マシュ女史は、次は暖かくして登るわ。と言いました。

アルグド博士は、次のように述べています。「オードリーの症例は、スペインで記録された類のない最長の心停止の1つです。」

彼は、彼女はどんな種類の神経学的損傷も受けておらず、ほとんど完全に回復し、手の敏感さと動きを除いて通常の生活を送ることができると言った。

google翻訳
https://inews.co.uk/news/world/british-teacher-brought-back-to-life-six-hours-after-suffering-cardiac-arrest-1333924
https://inews.co.uk/images-i.jpimedia.uk/imagefetch/https://inews.co.uk/wp-content/uploads/2019/12/cardiac.jpg

22 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:32:04.58 ID:2z//CXGB0.net

ピレネー山脈とか凄くキレイなんだろうけど、やっぱ山の事故って怖いわ。

12 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:28:51 ID:XDoFBGcG0.net

たまに聞く低体温からの仮死状態からの復活ってやつ?

74 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:44:58 ID:eVgGHDMC0.net

法律的には死人?裁けないから犯罪し放題?

16 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:30:39.05 ID:LndKCNvg0.net

エーシスだったの?
心停止って具体的になんだったの?

52 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:39:37 ID:XQxrIV/00.net

レンジでチン

170 :名無しさん@1周年:2019/12/07(土) 01:44:38 ID:4euj2FjS0.net

> 体外で血液に酸素を供給して再び戻すことのできるECMOは、心臓系に接続されると、その心肺機能を引き継ぐことができるため、患者の心臓と肺を休ませることができる。

> スペインでECMOが蘇生術に使用されたのは今回が初めてだったが、マーシュさんの体温は30度まで上昇した。時間は午後9時45分だった。

> 医師らは除細動器を用いて再び蘇生を試み、そして成功した。

36 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:34:59 ID:UFJLKjF50.net

西郷どんみたいなもんだろ

88 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:50:51.80 ID:T+rIe8oF0.net

子どもが大学病院で手術受けた時低体温にしたらしい。ベッドに戻ったら電気毛布で温める感じで準備してあったんだけど
どうも看護師さんたちの様子が変だと思ったら冷やしすぎたんだと。そんな〜と思ったけどまあ順調に体温戻ったわ。

37 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:35:18.37 ID:kY9rA7TW0.net

人間は温めると生き返るのかも知れない

38 :名無しさん@1周年:2019/12/06(金) 19:35:24.61 ID:drMPr9na0.net

>>1
心拍停止6時間後に蘇生、低体温症の女性 スペインcaption +

【12月6日 AFP】スペインでこのほど、重度の低体温症に陥った女性が、6時間以上に及ぶ心拍停止後に蘇生した。女性が5日、自身の生還を「奇跡だ」と称賛した。

 生死の境をさまよったのは英国人女性のオードリー・マーシュ(Audrey Marsh)さん(34)。11月3日、夫と一緒にピレネー山脈(Pyrenees)を散策中に吹雪に遭い、その場で倒れてしまった。午後1時ごろだったという。

 それから2時間半あまりが過ぎたころ、2人の元に救助隊が到着した。すでにマーシュさんの心臓活動は停止し、体温は18度しかなかった。いわゆるバイタルサイン(生命兆候)のない状態だっという。

 当初、現場での蘇生を試みたが効果がなかったため、スペイン・バルセロナ(Barcelona)にある、膜型人工肺装置(ECMO)を備える病院にマーシュさんをヘリコプターで搬送した。

 体外で血液に酸素を供給して再び戻すことのできるECMOは、心臓系に接続されると、その心肺機能を引き継ぐことができるため、患者の心臓と肺を休ませることができる。

 スペインでECMOが蘇生術に使用されたのは今回が初めてだったが、マーシュさんの体温は30度まで上昇した。時間は午後9時45分だった。

 医師らは除細動器を用いて再び蘇生を試み、そして成功した。

 マーシュさんは、処置に当たったバルデブロン病院(Vall d’Hebron Hospital)蘇生科の医師らとともにバルセロナで記者会見に臨み、「これはまるで奇跡のようだ」とコメントした。

 バルデブロン病院蘇生科長のエドゥアルド・アルグド(Eduard Argudo)医師は、AFPの取材に対し、「これはスペインの記録に残る中で最も長時間に及ぶ心停止からの生還の症例だ」と述べ、アルプス(Alps)やスカンジナビア(Scandinavia)でも同様の症例が記録されていると付け加えた。

 アルグド医師によると、マーシュさんの命が助かった理由の一つは低体温にあるという。

 医師は、「低温状態では体の代謝速度が低下し、各臓器に必要な血液と酸素の量が減少するため、これが脳を保護する助けになる」と説明しながら、マーシュさんが低体温症で命を落としかけたのと同時に、それによって命を救われたのだと指摘した。

 処置後の回復は驚くほど早かった。1週間もしないうちに集中治療室を出て、神経障害もみられなかった。病院によると、手の動きはまだ完全に回復していないものの、マーシュさんの生活ははほぼ通常通りに戻っており、数日中には仕事に復帰する見込みだという。

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【国会】#河井案里参院議員が診断書提出 自民 病名は適応障害

月 12月 9 , 2019
元スレ 1 :孤高の旅人 ★:2019/12/06(金) 17:07:09 ID:Sl+bi2cy9 […]