Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」 英が要求

1 :ちくわ ★:2019/11/26(火) 18:41:44 ID:ZBr4oScH9.net
イギリス政府は25日、中国西部の新疆ウイグル自治区に、国連監視団が「即時かつ無制限にアクセス」できるよう、中国政府に求めた。

この要求は、中国の公文書が流出し、何十万人ものイスラム教徒のウイグル人が、新疆ウイグル自治区の収容施設で虐待されている状況が判明したのを受けたもの。

英外務省の報道官は、「新疆における人権状況と、中国政府の弾圧強化を深く憂慮している。とくに、100万人以上のイスラム教徒のウイグル人や他の少数民族の人々を、法にのっとらずに拘束していることを懸念している」と表明。

「イギリスは中国に対して引き続き、国連監視団が即時かつ無制限に新疆ウイグル自治区にアクセスできるよう求めていく」と述べた。

■裁判なしで100万人収容か

BBCパノラマや英紙ガーディアンなど17の報道機関が参加する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手した公文書には、収容施設に入れられた人々が監禁、教化、懲罰の対象となっている模様が記されている。

収容施設には、イスラム教徒のウイグル人を主体とした100万人近くが、裁判を経ずに収容されているとみられている。

中国の劉暁明・駐英大使は、こうした報道はでっち上げだとしている。

■「悔い改めと自白を促せ」

ICIJが「中国電報(The China Cables)」と呼んでいる流出文書には、2017年に新疆ウイグル自治区の共産党副書記で治安当局のトップだった朱海侖氏が、収容施設の責任者らに宛てた9ページの連絡文書も含まれている。

その連絡文書では、収容施設を高度に警備された刑務所として運営するよう指示。以下の点を命じている。

・「絶対に脱走を許すな」
・「違反行動には厳しい規律と懲罰で対応せよ」
・「悔い改めと自白を促せ」
・「中国標準語への矯正学習を最優先せよ」
・「生徒が本当に変わるよう励ませ」
・「宿舎と教室に監視カメラを張り巡らせて死角がないことを(確実にしろ)」

流出した文書はまた、収容者の生活が細かく監視、管理されている状況も示している。

「生徒のベッド、整列場所、教室の座席、技術的作業における持ち場は決められているべきで、変更は厳しく禁じる」

「起床、点呼、洗顔、用便、整理整頓、食事、学習、睡眠、ドアの閉め方などに関して、行動基準と規律要件を徹底せよ」

■1週間で1.5万人が入所

別の文書からは、ウイグル人の拘束と収容の規模がわかる。

ある文書は、2017年のわずか1週間の間に、新疆ウイグル自治区の南部から1万5000人が収容施設に入れられたとしている。

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチの中国担当責任者ソフィー・リチャードソン氏は、流出文書は検察当局に活用されるべきだと話す。

「これは訴追に使える証拠で、甚だしい人権侵害が記録されている。収容者は全員、少なくとも精神的拷問を受けていると言っていいと思う。自分がいつまでそこにいるのか、まったく分からないからだ」

■「中国に対する中傷だ」

流出した文書からは、外国の市民権をもつウイグル人の逮捕や、外国で暮らすウイグル人の追跡に関する明確な指示も読み取れる。

世界規模で捕獲網を張り巡らせるため、中国の大使館や領事館が役割を果たしていることも暗示している。

中国の劉暁明・駐英大使は、中国の施策は新疆ウイグル自治区の人々を守るためであり、同自治区では過去3年間、テロ攻撃は1件も起きていないと述べた。

「当該地域は現在、社会的に安定し、民族集団もまとまっている。人々は満足と安全を以前よりずっと強く感じ、生活を楽しんでいる」

「西側には、そうした事実を完全に無視して新疆について中国を熱心に中傷している人々がいる。彼らは、中国の国内問題に介入し、新疆における中国のテロ対策を妨げ、中国の順調な発展を妨害する口実を作ろうとしている」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-50554897-bbc-int
11/26(火) 14:08配信

147 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 20:20:36.77 ID:c+2XeK930.net

>>144
デニーさん?

91 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 19:27:43.29 ID:Mjg6nxRj0.net

>>1
お前はそれどころじゃないだろ?

230 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 22:17:18.37 ID:nuTER2880.net

国連が入るべきでしょ。

278 :名無しさん@13周年:2019/11/28(木) 12:47:26.40 ID:LW/6NNFP3

共産党ではなく国民党のままだったら
どうなっていたのだろうか……………………

184 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 20:50:12.57 ID:rDQZcO6S0.net

>>178
アメリカはかつての戦争で、広島、長崎に原爆を投げつけ、全国の都市に空襲を加え、非戦闘員の老若男女をむごたらしく殺した
沖縄県民の怒りは、沖縄戦における大量殺人と戦後の占領支配の体験に根ざしている
占領したアメリカは、沖縄県民が殺されたのは日本軍部に協力したからであり
アメリカはそれから解放するために沖縄を占領したといった【インチキな宣伝】をしてきた
沖縄戦と戦後の占領における沖縄県民の苦難への【新鮮な怒りを呼び起こすことはきわめて重要】である

沖縄を占領した米軍は「解放軍」のように宣伝したが、やったことは強姦、強盗など鬼畜のような蛮行だった

沖縄戦さなかの45年5月には、旧首里市役所職員古波蔵保知氏(38歳)と2人の男性が
国頭の山中の避難小屋の付近で米兵に腹を切り裂かれて殺された
古波蔵氏は首里の避難民を引率して疎開中、若い女性が米兵に追われて逃げてきたところに直面した
米兵はいったん引き返したが、その後約30人の武装米兵が避難小屋を襲撃
そして古波蔵氏ら3人の男を河原に引っぱっていき、自動小銃で射殺
米兵が引き揚げたのち、同じ小屋に避難していた婦人が河原におりてみると3人は腹を裂かれていた

ジェノサイド蛮族=自称ユダヤ=キリストカルト教徒=シナコリアン

203 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 20:57:18 ID:rDQZcO6S0.net

「終戦当時、強姦された日本人を保護」

1946年、満州からの日本人民間人の引き揚げが
開始されてから、博多港に上陸した日本人引き揚げ者は約1年半で139万人に上った

ソ連兵や北朝鮮の保安隊兵士に強姦されて、妊娠させられた多くの日本人女性が存在した
上陸寸前、絶望して博多湾に身投げした女性も多かった

妊娠した女性の中絶手術が厚生省博多引揚援護局二日市保養所で行われた

二日市保養所は、戦時中の愛国婦人会保養所の建物を利用し、1946年3月に開設された
引揚の混乱の中で暴行を受け、妊娠した女性の中絶や性病の治療等に約1年半にわたって携った

一見したところ男女の区別すらつかず、短く刈った頭を風呂敷で巻き
汚れ痩せ果ておなかだけ膨れた女性たちが、次々と保養所に運ばれてきた
引揚の途上での暴行を避けるため、女たちは一様に髪を短く刈り込んでいたが、膨らんだおなかを見れば
それもまったく無駄であったことがわかり、痛々しさは増すばかりだった

凄絶な体験を経て、一種の精神的な虚脱状態にあったためか、女性たちは概して無言のままだったという
迎えた人々も掛ける言葉も見当たらなかった
まず、「お風呂に入りましょうか」と入浴をすすめ、衣服の着替えを用意し、2〜3日休養してもらう手順だった
旧厚生省から食料だけは、豊富に支給されていた

手術は、医薬品不足のため、無麻酔で行なわれた
精神と肉体に凄まじい傷を負い、言葉を半ば喪失していた女性たちは、激痛にも一様に黙々と耐えた

11 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 18:45:40.89 ID:V/fBtGad0.net

安倍「反対する!
   習主席は偉大な指導者だ!」

42 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 18:59:39.48 ID:NsIvK5Vj0.net

安倍「反対する!
   習主席は偉大な指導者だ!」

126 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 19:55:39 ID:NnMkLFW60.net

安倍「反対する!
   習主席は偉大な指導者だ!」

166 :名無しさん@1周年:2019/11/26(火) 20:37:36.49 ID:qox0vAp00.net

安倍「反対する!
   習主席は偉大な指導者だ!」

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【福島第1原発事故】事故4日後に放棄 福島第一原発オフサイトセンター 解体始まる 大熊町

土 11月 30 , 2019
元スレ 1 :みつを ★:2019/11/26(火) 04:44:15.37 ID:OfB8XRGW […]