Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【缶詰マニア】イギリスのスーパーで「ビーフシチューの缶詰」を買ってみた結果 → 千鳥の大悟みたいな味だった

ステーキの缶詰? イギリスのスーパーでその缶詰を見た時、私(中澤)はまずそう思った。パッケージにはゴロッとした肉。名前は「Stewed Steak」と書かれている。

そこで調べてみると、「Stewed」は煮込みという意味。直訳すると「煮込みステーキ」になるが、材料がビーフなので、これはステーキ肉のビーフシチューということだろう

シチューと言えば、ヨーロッパの伝統料理。そこで、本場のビーフシチューを味わってみるべく、この缶詰を3ポンド(約400円)で購入したところ……千鳥の大悟みたいな味だった

・開缶

日本でも馴染みのある家庭料理シチュー。にんじん、たまねぎ、じゃがいも、肉、色んな具材がとろとろ溶け合う味は旨みとコクのオーケストラだ。本場ヨーロッパのシチューはやはり日本の味とは違うのだろうか? 缶詰を開けてみると……

肉SUGEEEEEEEE

缶詰の中からゴロゴロと転がり出してくる肉・肉・肉の嵐。このボリューム感にまず驚いた。材料の項目を見ると、どうやらこの缶詰は65パーセントが肉なようだ。全体の重さが392グラムなので、単純に計算したら250グラムくらいステーキ肉ってことか? 凄い……。

・食べてみた

早くも本場の迫力に圧倒されてしまったが、味の方はどうなのだろうか? レンジでチンしてスプーンですくってみると、余ったソースが絡みつきながらトロッと落ちる。トロみはかなり強めなようだ。そのまま食べてみたところ……

まろやかすぎるソースにワインの渋みが全面に広がる。そんなソースが存分に絡む肉を噛むとパサッとした食感が口を襲った。

こ、これは……

クセが凄い

濃厚だが、舌を包み込むような優しさはなく味に角がある。これが本場の味……。とは言え、味的には食べられなくはない。日本人がイメージするまろやかさとはちょっと違うというだけの話だ。

・食べているうちに慣れるかも

それなら、392グラムもあるわけだし食べているうちに慣れるかもしれない。大丈夫。俺ならイケる。ステーキもまだ240グラムは残ってるし……とにかくスプーンを止めるな! スプーンを止めたらそこで試合終了だ!! うおおおおおおお!

クセが凄い!

クセが凄いッ!!

クセが凄いわァァァアアア

──結局、食べ終わるまで慣れることはなかった。お腹いっぱいである。それほどに、本場のクセがあふれ出すこの缶詰。もはや千鳥の大悟なみのクセの強さである。

・成り上がり

ちなみに、私が千鳥の漫才で一番好きなのは2003年頃M-1やオールザッツ漫才で披露していた「幼馴染のさっちゃん」だ。千鳥……売れたなあ。この缶詰を食べていると、千鳥の成り上がりに想いを馳せずにはいられない

缶詰はただの保存食ではない。そこにはそれぞれの物語が詰まっている。今回もそんな物語を知ることができた。400円は非常に安いと言えるだろう。

って缶詰関係ないやないか! もうええわっ!! ありがとうございましたー。

Report:缶詰研究家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

多弱の時代を終わらせる 新会派「立国社」の国対役員、理事らが初顔合わせ - 立憲民主党

水 10月 2 , 2019
立憲民主と国民民主、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(社保)、社会民主の4党派による衆院の新会 […]