Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【老後】年金制度はなくらない「加入しなかった人」の悲劇 …iDecoにも入れない

1 :ばーど ★:2019/09/01(日) 15:55:35.69 ID:rFOrIk9G9.net
■高まる「年金不信」

※中略

■「年金に入らなかった人」の悲劇

※中略

一方で、「年金なんてもらえないかもしれないから、納める必要はない」と考えて、年金保険料を払っていないという人も多くいました。じつはそうやって年金を無視し続けた人たちが今、とても困っています。

個人事業主に雇われていたNさん(47歳)もその一人です。

Nさんは「給料からは所得税と雇用保険料がひかれていましたが、社会保険料は引かれていませんでした。給与明細の意味もわかっていませんでしたから、そこには何ら不思議に感じず、受け取ったお金を使い切る生活をしていました」と言います。

つまり、Nさんは社会保険には何も加入せず、国民健康保険に加入することも、国民年金に加入することもなくこれまで過ごしてきたのです。

就職したころはバブルが終わったばかりのころ。自営業者には「年金なんてもらえるかどうかわからないから、払わなくていい」という人も多かったですし、必ず入らなくてはいけないものであるという意識もありませんでした。ただ、Nさんが先輩たちの話を聞いているうちに、自分の職場には本来あるはずの健康保険も、年金制度もないことがわかりました。

Nさんはとりあえず健康保険には入ってみたものの、年金保険料は高額ですし、健康保険料と合わせて払うと生活が苦しくなると感じます。やはり国民年金には入らず、無視することを選択されたようです。年金を払うより貯金したほうがいいと思ったのです。

当時の銀行金利は2%、郵便局の金利は3%を超えていました。下手に運用するよりもお金を増やしやすい環境であったため、預貯金で貯めていくことが最高であると考えていたのです。そのため、払うよりも貯めていこうと考え、自宅に年金保険料の徴収をする人が何度訪ねてきても無視を決め、支払いは全くしていませんでした。

■気がついた時にはもう遅い…

時が流れ、預貯金金利が下がってくると、年齢のせいもあるのか、「年金がいくらもらえるのか、それで暮らせるのか、老後資金はいくらいるのか」というような話を多く聞くようになりました。

銀行の預貯金は全く増えません。今ある預貯金は1200万円ほどです。あと十数年で多少貯めていけるとは思いますが、少し増えたところで、年金で暮らし始めるであろう65歳以降の20年、30年を生きていく資金には少ないと感じます。

例えばあと10年ほどで預貯金が1500万円になったとして、30年生きるつもりで計算すると、1か月の生活費にできる金額は4万2000円弱。到底暮らしていける金額ではありません。

年金はやはり入っておいた方がよかったのかな、と思いましたが、受給資格には25年の資格期間が必要でした。自分は到底その期間を満たすことはできないと考え、加入をあきらめることにしました。

2017年、私的年金制度の一つの「iDeCo(個人型確定拠出年金)」が話題になりました。もともと加入できる条件はそろっていたのですが、そういった制度について情報がなく、知りませんでした。

iDeCoに加入すると預貯金のような元本確保型を利用しても、運用をしても掛け金は全額所得控除となるので、税金が安くなります。また、運用益は非課税ですし、年金制度なので受け取るときも税控除が効きます。非常に魅力的に感じ、申込をしようとしたところ、利用できるのは「公的年金加入者」で、かつ年金保険料をきちんと支払っている人だけだとわかりました。

年金に入っていないと、年金がもらえないだけではなく、税優遇の利いた年金づくり制度も利用できないとガッカリしました。ですがiDeCoが話題になってまもなく、年金の受給資格が「資格期間10年」に短縮されました。

加入するとiDeCoが始められますし、何とか国民年金の資格期間10年もクリアできます。もし、10年分より多く年金が欲しいと思えば、60歳以降、70歳まで年金保険料を払うことができる「任意加入制度」も使えることを知りました。

このような経過を辿り、Nさんはようやく国民年金に加入し、iDeCoも始めることにしました。もらえる年金額を少しでも増やせたことは、Nさんの将来のくらしを安定させることに繋がることでしょう。

■年金制度はなくならない

以下ソース先で

2019年9月1日 5時0分 現代ビジネス
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17013076/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/e/de453_1413_b8197369_7b79cda4.jpg

575 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 17:06:44.91 ID:iPmhAm1/0.net

>>536
年金の免除制度を用いると
年金を一銭も払わないで
満額払った人の50%の年金が貰える

889 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 17:44:54.63 ID:Yhcdk/+F0.net

>>858
強制労働の収容所に入れるべきだよな。

338 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 16:45:30.85 ID:XbtPGPBC0.net

>>256
課税所得がゼロだと全額免除

799 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 17:31:28.32 ID:lLLAEe3G0.net

貯金ほど無駄な行為もないからな
やるなら最低でも債権シフトの投信にしておけ
グロ3がおすすめだ

でもそんな金あるならゴールド積み立てた方がエエぞ

512 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 17:01:33.03 ID:XbtPGPBC0.net

>>491
固定の方が得だろ?
だからフラット35を使って投資用マンション買うバカが後を絶たないw

50 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 16:07:22.33 ID:crk+MOo80.net

未加入するぐらいなら減免申請しとけよw
1年以上無収入なら免除確定だし、免除されている分は国が国庫から
半分支払ってくれる。
ただ、国民年金なんてのは全額負担で将来的にも貰える額が厚生年金の半分未満
しかない。

494 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 16:59:57.03 ID:Hunblcj00.net

>>346
死んだ後にまで、お金欲しいの?

19 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 16:01:28.98 ID:Ub71yR6F0.net

なにこれ政府の公報?

582 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 17:07:48.77 ID:UkHtUAZq0.net

71年生まれ最初の団塊Jr世代としては
現在48歳→65歳になった時にデフレ脱却できてなかったら
無差別殺人やテロではなくチョンコちゃんランドの象徴
戦費調達年金を扱う省庁に戦争しかけに行く予定だから未払い問題なんて正直どうでもいいかな。

目標としては最低でもニュージーランドの無差別や大口病院を超えることかなw
とにかくデフレを続けてしまったことに責任感じるしな。

896 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 17:47:33.38 ID:9BGraK2P0.net

だから、健康保険、年金、労災保険、雇用保険の知識を
中学か高校のころに生徒に教えろや
こういうことを何も知らないままに世の中に出る人が多すぎ(´・ω・`)

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【毎日新聞】「竹島も戦争で取り返すしか」 N国・丸山穂高議員がツイート

月 9月 2 , 2019
元スレ 1 :スズムシのなく頃に ★:2019/09/01(日) 00:47:20.59 ID:yE […]