Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【読売新聞スイス大使】異例のメディア出身大使 識者「権力監視弱まる恐れも」

1 :みつを ★:2019/08/31(土) 21:34:51.11 ID:yqf44C7H9.net
https://www.asahi.com/articles/ASM8Z5QFJM8ZUTFK017.html

異例のメディア出身大使 識者「権力監視弱まる恐れも」
有料会員限定記事
2019年8月30日20時53分

 安倍内閣は30日の閣議で、読売新聞グループ本社の白石興二郎会長(72)をスイス大使に充てる人事を決めた。報道機関の現職トップの大使起用は異例。外務省によるとメディア出身者の起用は5人目で、朝日新聞出身で東大教授だった石弘之氏以来17年ぶりだ。

 9月2日付。読売新聞によると、白石氏は30日付で会長を退任した。白石氏は今年4月新元号決定の際に意見を聴かれた「元号に関する懇談会」の有識者9人の一人。
 白石氏の起用について、菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で「大使も含め、人事はすべて適材適所で行っている」と語った。

 白石氏は読売新聞社で政治部次長、グループ本社執行役員社長室長、東京本社編集局長、論説委員長などを務め、2013年から今年6月までは日本新聞協会長だった。
 グループ本社社長時代の11年には読売巨人軍の取締役オーナーに就任。巨人の現役選手が野球賭博に関与した問題の責任を取り、16年に辞任した。

 スイス大使の前任は、安倍晋三首相の三十年来の友人で、内閣官房参与として経済ブレーンを務めてきた本田悦朗氏。本田氏が4月に辞職した後は空席となっていた。
 報道機関のトップだった人物が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です
有料会員になると続きをお読みいただけます
残り:719文字/全文:1204文字

15 :名無しさん@1周年:2019/08/31(土) 21:42:52.70 ID:QCDCXN2z0.net

CIA自民党

29 :名無しさん@1周年:2019/08/31(土) 22:58:12.24 ID:5S3Ui22f0.net

スイスのプライベートバンク情勢に
何かしら大きな動きでもあるんですかね

37 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 03:10:22.42 ID:UkMSJbnN0.net

>>29
火の無いところに煙は立たないっていうし、何かしかの理由はあると思う
他国でもよくわからん奴にこの読売の大使みたいな似たような事させてたら、いよいよ怪しい

3 :名無しさん@1周年:2019/08/31(土) 21:35:18.86 ID:G4bSjmeJ0.net

朝日、読売に嫉妬w

12 :名無しさん@1周年:2019/08/31(土) 21:40:03.87 ID:RKOF0yZW0.net

読売は自民とずぶずぶ
朝日は韓国とずぶずぶ

20 :名無しさん@1周年:2019/08/31(土) 21:58:39.45 ID:3BOUXZRR0.net

朝日「うちで大使になれればもっともっともっと韓国のサポートが出来るものを・・・」

8 :名無しさん@1周年:2019/08/31(土) 21:38:51.47 ID:SCnDpU8E0.net

お金さえ持っていれば誰でも大使になれる

5 :名無しさん@1周年:2019/08/31(土) 21:35:57.29 ID:v7Y05Vhb0.net

メロンパン氏じゃなかった

9 :名無しさん@1周年:2019/08/31(土) 21:39:10.46 ID:QCitbFBF0.net

SNSに投`稿した「スタイル抜群.の.体.」.現`実.の`姿は`これ(画像)
https://wtgopuriter.patelmortgage.com/weee.html

34 :名無しさん@1周年:2019/09/01(日) 02:59:55.51 ID:oUCdA/La0.net

石弘之の時は画期的と言ってなかったか?

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【ホットデリバリーマン】これがNY人気ナンバーワンのイケメン配達人だ!

日 9月 1 , 2019
元スレ 1 :みつを ★:2019/09/01(日) 04:32:19.02 ID:J937SlNu […]