Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【調査】「私はLGBT」8.9%に増加 11人に1人がLGBT 電通調査

1 :スタス ★:2019/07/31(水) 16:25:21.06 ID:Dt2YSaNN9.net
当社が2019年1月10日にニュースリリースで開示した「LGBT調査2018」(電通ダイバーシティ・ラボ(DDL)が取りまとめ)の結果について、ご理解を深めていただくため、リリース本文の前に補足説明を加えております。
「LGBT調査2018」についての補足説明
DDLの「LGBT調査」では、これまで便宜上、LGBTなどのセクシュアルマイノリティに該当する人を「LGBT層」と呼んでいました。
これはニュースリリース(2019年1月10日付け)の注釈に記載のとおり、「セクシュアリティーマップ(セクシュアリティを身体の性、心の性、好きになる相手の性に分けたもの)」の2と10(ストレート:生まれた時に割り当てられた身体の性と性自認が一致しており、異性愛者である人)以外の方々と規定しています。
従いまして、この「8.9%」の中には、「クエスチョニング(Q):自分の性自認や性的指向を決められない・決まっていない人」やその他も含まれています。
そうした意味でも、DDLが2012年、2015年、2018年に行った「LGBT調査」は、実質的にはすべてLGBTQ+調査であったと言えます。

リリース本文
電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2018」を実施
− LGBT層に該当する人は8.9%、「LGBT」という言葉の浸透率は約7割に −

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)においてダイバーシティ&インクルージョン領域に対応する専門組織「電通ダイバーシティ・ラボ」(以下「DDL」)は、2018年10月に全国20〜59歳の個人60,000名を対象に、LGBTを含む性的少数者=セクシュアル・マイノリティ(以下「LGBT」層)に関する広範な調査を行いました。その結果、LGBT層に該当する人は8.9%、「LGBT」という言葉の浸透率は68.5%となりました。

加えて今回の「LGBT調査2018」では、LGBT層に対する性別・年代別の好意・容認度の傾向や職場の環境、メディアの影響力、行政による制度づくりに対する意見などについても聞いています。
当社は2012年と2015年にもLGBT調査を実施していますが、今回は国際的な大型スポーツ大会を目前に、東京都でもSOGI(Sexual Orientation Gender Identity:性的指向、性自認)に関する差別を禁止する条例が制定され、各職場での理解促進や制度づくりが進んでいるという実情を踏まえ、新たに調査を実施することにしました。
 
本リリースでは、本調査で得られたファインディングスの一部を紹介します。
なお、本調査では、セクシュアリティを「身体の性」、「心の性」(性自認)、「好きになる相手の性」(性的指向)の3つの組み合せで分類し、DDL独自の「セクシュアリティーマップ」に基づき、ストレート(異性愛者であり、生まれた時に割り当てられた性と性自認が一致する人=2と10)と答えた方以外をLGBT層と定義しています。

http://www.dentsu.co.jp/news/release/image-cms/19-002-01%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97.jpg

798 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 20:06:35.84 ID:mJGPoTL00.net

現実は同性愛者は0.7%だけ
男女どっちもいけるバイは1.4%しかいない(大阪市内住民調べ)

古い情報でデマ記事を広めるなよ

電通によると、調査の回答者は、調査会社のモニターの中から抽出した60000人。
母数がモニターに偏っているが、日本ではLGBTQの割合を示す研究が他になかったため、報道や企業などがLGBTQに関して言及する時にはこの調査が論拠とされてきた。
「13人に1人」という数字が、性的マイノリティーに関する理解や政策を押し上げてきた一方、懐疑的な視点も常に付きまとってきた。

2019年04月29日
LGBTQの割合「13人に1人」ではなかった 「3%」という”下方修正”をどう見るべきか

「国立社会保障・人口問題研究所」の研究グループが大阪市の協力を得て行った調査。
無作為に抽出した大阪市内の18歳から59歳、1万5000人にアンケートを送り、4285人から回答があった(有効回収率28.6%)。

調査では性自認や性的指向(性愛感情を抱く相手の性別)を質問。

性的指向では「異性愛者」「同性愛者(ゲイ・レズビアン)」「両性愛者(バイセクシュアル)」のほかに、
誰に対しても性愛感情を抱かない「無性愛者(アセクシュアル)」と「決めなくない・決めていない」「質問の意味がわからない」という選択肢も設けた。

この結果、「ゲイ・レズビアン・同性愛者」は0.7%、「バイセクシュアル・両性愛者」は1.4%、「アセクシュアル・無性愛者」と回答したのは0.8%だった。
「異性愛者」は83.2%で、「決めたくない・決めていない」は5.2%に上った。

性自認についての質問では、0.7%が「トランスジェンダー」に該当。

「ゲイ・レズビアン」「バイセクシュアル」[トランスジェンダー]に当てはまる人は2.7%で、「アセクシュアル」を含めると3.3%となった。

114 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 16:47:09.55 ID:a2UKVqkz0.net

>>16

そう思う、電通の日本性秩序解体プロパガンダ

>>54 >>77

77 :【日本は逆行】今、世界は「LGBTの危険性」から目覚めようとしている!:2019/07/31(水) 16:42:23.00 ID:a2UKVqkz0.net

>>1
.
“国民国家”という意識がないと、「グローバリズムの害悪」がわからない、
それがないと、どんどん“ポリコレ”という形で入って来る物を受け入れてしまう。
.
    ヘイトスピーチの対策法を設立させた自民党や官僚もそう、
    今度は、「LGBTの法案」を推進しようとしている。

それは社会を混乱させるという意図を持って日本に入ってきているのであって、
それを安易に、ジェンダーフリーなどで推進しているのは、非常に滑稽である。
.
  トランプを始めとして、世界はそれから目覚めようとしているのに、
  いまだに、ぜんぜん“目覚めていないのは日本”なんです!

  【秋の特別対談『馬渕睦夫氏と語る』[桜H30/10/6]より】〔↓☆トル〕
   https:☆//youtu.be/BU4nkKMmVfo?t=3195

.
http://o.8ch.net/1atov.png

59 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 16:39:16.15 ID:ZeAzHhyb0.net

>>1
調べたのは電通なら嘘だろ
反社闇会社なんか信用ならん
こいつら虚言ばっかりじゃん

855 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 20:51:09.03 ID:zoggb+m+0.net

ウソつけ

526 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 17:51:00.60 ID:7BI8ZN3y0.net

いつもの扇動
マスコミほか、このサービスを使っている役所なり何なりが、
ダイバーシティ(笑)推進の口実を得たということ
「もはや民草が考えをさしはさむ余地はない、吹かせた風に黙って靡け」という宣言であり命令だ
平民が考える葦であっては都合の悪い人たちばかりの国

683 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 18:42:08.59 ID:hNrV1Ase0.net

嘘だろ?

119 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 16:48:00.08 ID:1khqQO+q0.net

性癖だろ

599 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 18:08:04.80 ID:MgYvokwt0.net

そんなに多いなら最初からネタになってないだろ

955 :名無しさん@1周年:2019/07/31(水) 23:52:35.08 ID:xakHdmuw0.net

5〜10%程度はいるだろうなとは思うので、わりと感覚的に妥当と思える数字。

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【NHK】受信契約巡りサイトに警告文「違法行為に対処」 ★ 2

木 8月 1 , 2019
元スレ 1 :みつを ★:2019/07/30(火) 21:51:01.70 ID:NK80tfmR […]