Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

日本一カッコいいマッチョを決める『ミスターマッチョコンテスト』、アニヲタが華麗に優勝「人と話すのが苦手でした。ですが、筋トレをはじめ……」

世は空前の筋肉ブーム。猫も杓子もプロテインである。そんな中開催されたのが、日本一カッコいいマッチョを決める「ミスターマッチョコンテスト」だ。

男性美容メディア『BiDAN』と筋トレYouTuberぷろたんさんが共同で開催したこのコンテスト。並みいるイケメンマッチョを押しのけて見事グランプリに輝いたのは……アニヲタやないかーーーーーい

・200以上の筋肉がエントリー

応募総数200以上のエントリーがあったというこのコンテスト。それだけに選出されたファイナリスト10名は、どいつもこいつもバッキバキのキレッキレだ

しかも、爽やか系からチャライ系、ビジネス系まで、各種イケメンが揃っている。そんな美筋肉の博覧会で、見事グランプリを受賞したのがこの人。

その名も「手乗りTAIGA」さん

ってアニヲタやないかーーーーーい

・「手乗りTAIGA」という言葉の秘密

説明せねばなるまい。「手乗りTAIGA」という言葉に秘められた意味を。かつて、一斉風靡したライトノベル原作のアニメがあった。その名も『とらドラ!』。

コンプレックスを抱えた高校生たちが大人になっていく葛藤を瑞々しく描いた本作は、スタッフも素晴らしく声優もハマり役で、アニメ好きの間では伝説的な作品の1つとなっている。

私は4周見ているが、文化祭とバレンタインと最終回は何度見ても鳥肌ものだ。そんな本作のヒロイン・逢坂大河(CV釘宮理恵)のあだ名が「手乗りタイガー」なのである。くぎゅぅぅぅぅぅぅ!

・Twitterを見てみると

アニメ好きからすると、あの作品で泣いた仲間としか思えないこの名前。しかし、偶然の一致だったら申し訳ない。そこで、「手乗りTAIGA」さんのTwitterアカウント(@Taiga_bbj128)を見てみたところプロフィールに下記のことが書かれていた。

「21.bodymake ■2016Mr.Model Japan5位入賞 ■2017BBJ静岡大会4位入賞 ■2018BBJ静岡大会グランプリ ■2018bbj横浜大会グランプリ アニヲタ」

やっぱりアニヲタやないかーーーーーーーーーい!!!

なお、手乗りTAIGAさんはミスターマッチョコンテストの「筋トレによって自分が変わったと感じるエピソードは?」という質問に以下のように答えている。

「筋トレをはじめる前の僕は、自分に自信が持てず人と話したりすることが苦手でした。ですが、筋トレをはじめ、自分のからだがどんどん変わっていき自分に自信が持てるようになりました、またジムに通うことで自然とコミュニケーションが増えて今では人と接することの多いパーソナルトレーナーとして働かせてもらっています」

──自分に自信が持てず人と話したりすることが苦手だった……そこからの数々のグランプリ受賞はまさにアニメの登場人物みたいなストーリーと言える。

人は変われる。アニメなどのフィクション作品では、そんな「成長」は王道のテーマと言えるが、現実ではなかなか変化していくことは難しい

しかし、実際に成長した人を目の当たりにすると一歩踏み出す勇気をもらえるような気がする。筋肉ブームである今、私たちは筋肉の裏に隠されたストーリーを見ているのかもしれない。

参照元:Twitter @Taiga_bbj128PRTIMES
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【消費税】消費税10%で家計の負担増は年間4.4万円、景気悪化の懸念も ★4

火 7月 30 , 2019
元スレ 1 :孤高の旅人 ★:2019/07/28(日) 14:09:33.74 ID:IohjW8 […]