Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【地域】徹底分析!なぜ「サンポー焼豚ラーメン」は九州人に愛され続けるのか

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/07/22(月) 08:52:10.38 ID:mRBU4RuB9.net
マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界第九回 サンポー食品「焼豚ラーメン」 

カップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地カップ麺」をテーマにカップ麺を食べてレビューする連載の九回目。
今回は、サンポー食品の「焼豚ラーメン」。九州では知らない人のいないカップ麺を紹介していきます。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/2/62131_1460_4cc208342add7efab0f1a6048dff19b8.jpg
サンポー食品「焼豚ラーメン」
「焼豚ラーメン」は昔ながらの味
「焼豚ラーメン」は、1978年に販売が開始された、とんこつラーメンのカップ麺としては有数のロングセラー商品です。
ちなみに同年には「赤いきつね」も誕生しています。

地元九州で長く愛されて続けている商品で、1976年に販売開始されたマルタイの「長崎ちゃんぽん」とともに、九州の多くのお店で棚に並んでいます。
マルタイ「長崎ちゃんぽん」も地元で支持され続ける一杯なので、いつか機会があればご紹介したいと思っています。

「焼豚ラーメン」を製造販売するサンポー食品は、佐賀県基山町に本社を置く即席麺メーカー。福岡のマルタイや熊本の五木食品などとともに、九州のご当地即席麺メーカーとしてしのぎを削っています。

九州の即席麺といえば「棒状ラーメン」を思い浮かべる方が多いと思います。

全国的にはマルタイが有名ですが、サンポー食品もマルタイと同じ1959年に製品化しており、ともに元祖とされています。
「焼豚ラーメン」は久留米ラーメンの味を再現したサンポー食品の棒状ラーメン「三宝(みたから)ラーメン」の味を受け継ぎ、カップ麺として製品化されました。

九州のソウルフード「焼豚ラーメン」がどのような特徴を持った一杯なのか、早速食べていきたいと思います。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/7/f795b_1460_63e3d9c154b52c1d07dc84eaed981485.jpg
4つの別添袋
「焼豚ラーメン」には4つの別添袋が入っている
カップの中には、「スープ」、「調味油」、「焼豚」、「紅生姜」の4つの別添袋が入っています。
粉末スープとは別に調味油が入っていること、紅生姜が別袋になっていて取捨を食べる側で選べることが特徴です。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/5/75767_1460_155175c3c1e5eb1999d7e2062ad89fe9.jpg
先入れの「スープ」と「焼豚」
先入れの「スープ」と「焼豚」を開けた状態。粉末スープの中にコーンやネギが入っています。「焼豚」は薄いですが大きくて、ハート型なのが特徴となっています。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/6/d6291_1460_37686f46de5b0b381b9c1ed143b6ecf6.jpg
「焼豚ラーメン」調理後
「調味油」で本格的になるあっさり豚骨スープ
スープには、10種類の豚骨エキスが使われ、ガーリックやオニオン、ブラックペッパーなどで味が整えられています。

あっさり味の豚骨スープですが、その中で豚骨の旨みがしっかりあり、この価格帯のカップ麺としては厚みのある味。久留米や博多長浜の昔からあるラーメン店の味わいといった感じでした。

現在でこそ、カップ麺でももっと骨っぽさを感じられるような、本格的な豚骨スープが数多くありますが、他に豚骨ラーメンのカップ麺があまりなかった発売当時では、際立って本格的な豚骨スープだったものと思われます。

あっさり豚骨スープの中でガーリックやオニオンがほんのりと感じられるのとともに、ブラックペッパーが効いています。豚骨スープとしては強めのアクセントで、ラーメン店の卓上の胡椒を思わせる存在感でした。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/8/68abe_1460_3e97517658e95a2f2dfe46f92b4b1d3e.jpg
スープ表面に浮く「調味油」
粉末スープに加えて「調味油」が別添されています。

https://news.livedoor.com/article/detail/16806395/
2019年7月21日 12時0分 Jタウンネット

391 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 22:25:20.59 ID:ukL3eTHl0.net

ラーメンは月に2回程度にしとき

156 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 10:18:50.97 ID:imFFKqVa0.net

>>137
大砲ラーメンってどこにあるんだっけ?
昔よく大龍とひろせには行ってたけど、大砲の場所を思い出せない

41 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 09:13:12.15 ID:ba0QBKQa0.net

初めて見たわ

358 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 19:25:24.78 ID:i0LkCQn20.net

とんこつのわりには妙にしょっぱいのがなんか嫌なんだよねえ
袋だったらうまかっちゃんでいいんだけど
カップ麺だと豚骨でこれだ!っていうのが無いんだよねえ

227 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 11:09:33.52 ID:M0AK2uIj0.net

長崎チャンポンはたまに食いたくなるが、焼き豚ラーメンを食う事はないなぁ
カップラーメンの種類が少なかった数十年前は選択肢にもなり得たけど

383 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 21:37:07.62 ID:8hW4Xjr10.net

焼豚はラーメンに入れず
袋から出してそのまま食べる

291 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 12:39:14.70 ID:kPLI0pIM0.net

ヒガシマルの袋焼きそばも入れとけ
安くてソースがめちゃウマい
あと五木系なら佐ノ助のほうが推し
佐賀か長崎のメーカーだよ
マルタイちゃんぽんは素材に拘りまくって価格押さえて失敗したな
味は変わるし具は安物になってまるっきり別物になっちまった
良心的なメーカーだけに生き残って欲しいね

453 :名無しさん@1周年:2019/07/23(火) 07:53:31.58 ID:wiI5QOV20.net

九州だけど今まで不思議と無縁だったな
買ってみるか

346 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 18:54:01.80 ID:EwLbcqDG0.net

>>26
ばってんラーメン

53 :名無しさん@1周年:2019/07/22(月) 09:18:30.23 ID:fAsH99RT0.net

屋台ラーメンの袋も好き

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【100均検証】ダイソーの『ハンドル野菜カッター』に氷を入れて「かき氷」を作ってみたらこうなった

水 7月 24 , 2019
ムショーに「かき氷」が食べたくなる時がある。そんな時のために そこそこ高価なかき氷器も持っているのだ […]