Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【技術】イーロン・マスクが脳直結インターフェイス「Neuralink」をプレゼン

1 :アンドロメダ ★:2019/07/17(水) 19:01:45.58 ID:t9Zo4wW39.net
イーロン・マスク氏のステルス・スタートアップの1つがいよいよ表舞台に登場する。米国時間7月16日午後8時(日本時間7月17日正午午後1時)に 同社のサイトからビデオストリーミングによるプレゼンが公開される予定だ。2017年に創立されたNeuralink(ニューラリンク)のテクノロジーについて詳しく知ることができるはずだ。

NeuralinkはBCI(脳コントロールインターフェイス)を開発しており、マスク氏の遠大なテクノロジーのビジョンの重要な一環を占める。BCIは人間によるコンピュータのコントロールを改善し、AIがもたらす危険性を大きく減少させるのに役立つという。

そこでこれまでにNeuralinkについて分かっていることを振り返ってみよう。創立当初の目的は(少なくともその後1年程度は)脳に直結するインターフェイスをてんかんなど大脳に起因する慢性疾患の症状の軽減に役立てることだった。この研究の過程で「超広帯域の脳-マシン・インターフェイス」によって人間の脳とコンピュータを直結するテクノロジーが開発されたという。ともあれNewralink自身が公開している情報はこれだけだ。

Wait But Whyにサイトの共同ファウンダーであるTim Urban(ティム・アーバン)氏が発表した記事がNeuralinkが解決を目指す課題に関する最初の詳しい解説だった。私も同じ日にスタートアップの背景と目的を分析する記事を書いた。要約すれば、Neuralinkの使命は宇宙植民計画などマスク氏のほかのベンチャーと同様「人類の存続を脅かす危機」とマスク氏が呼ぶものを避けるための努力といっていいだろう。

Neuralinkの目的は当初の医療テクノロジーという領域をはるかに超えて拡大した。Wait But Whyによれば、医療のような現実の応用からスタートしたのは、コンセプトを実験する上で規制当局を納得させるのに便利だったからだったらしい。マスク氏の最終目的はコミュニケーションにおける「圧縮」過程を取り除くことだというのがTim Urban氏の説明だ。マスク氏によれば、例えば人間がコンピュータと対話するとき、内心の考えをキーボードで打ったり、マウスを操作したりして伝える。このとき、実際の考えは大幅な圧縮を受けている。Neuralinkは情報の圧縮と伸張の過程を取り除く。これにより人間とコンピュータの対話をロスレスで広帯域の直接コミュニケーションに変え、容易化、高速化を実現する。

このテクノロジーが人類の存続を脅かす危機を避けることに関係するというのはこういうわけだ。マスク氏によれば、人類は今後も否応なくAIの発達にさらされ、次第にコンピュータの処理能力が人間を圧倒するようになる。高度なAIを搭載したロボットが世界の支配者になるというドゥームズデー・シナリオを避けるためには、人間が脳を直接コンピュータに接続することでコントロール能力を格段に高めるようにする他ないというのがマスク氏の考えだ。

2年前にはこの最後の目標にはそのまま受け取るのが難しい部分も含まれていた。しかし今日、Neralinkがどこまで達成できたのか、目標設定に変更はあったかのなどについて報告を聞くことできる。Neuralink.comからストリーミングがもうすぐ開始される(日本時間で本日正午)。

(TechCrunch Japan編集部追記)現地は現在夏時間(DST)だが原文記事に「8:00PM(PT)」とあるのは夏時間ではなく標準時間のもよう。

https://techcrunchjp.files.wordpress.com/2019/07/2019-07-17-gettyimages-1035234060.jpeg?w=738
https://jp.techcrunch.com/2019/07/17/2019-07-16-how-to-watch-elon-musks-neuralink-brain-control-interface-startup-presentation-live/

65 :名無しさん@1周年:2019/07/17(水) 19:43:03.25 ID:2kXcnng20.net

脳に直接だから治験者って居ないだろうなぁ・・

146 :名無しさん@1周年:2019/07/17(水) 23:34:39.62 ID:476WVzle0.net

脳に接続するワイヤーの太さは髪の毛の1/3程で、それぞれのワイヤーに5ミクロンほどのセンサーが付いている。
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/07/17/20190717-neuralink-hello-world-04-w1280.png

ひとつのユニットで1024個のセンサーを搭載。
ユニットは最大10個まで接続できるので、1万240個のセンサーを埋め込むことが可能になる。
まずはニューロンの発火情報を記録するために使用。
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/07/17/20190717-neuralink-hello-world-02-w1280.png

161 :名無しさん@1周年:2019/07/18(木) 10:24:43.42 ID:w+3jCqr60.net

154 :名無しさん@1周年:2019/07/18(木) 05:34:57.24 ID:lf5+AR/r0.net

怖いけど期待
最終的にはスマホもこうなるだろ

24 :名無しさん@1周年:2019/07/17(水) 19:15:47.38 ID:tjYf3ajQ0.net

脳波文字入力を実現したら雑念が混ざってグチャグチャになる。

149 :名無しさん@1周年:2019/07/17(水) 23:56:38.04 ID:+qGJ/GSv0.net

>>148 そんなのを読んでも、それですぐに生体に技術的に接続できるわけでなし
こんなのを実現しようとするなら、人体として何人でも犠牲を出しても構わないという
中華などでしか、こんな技術は進展しないであろう

192 :名無しさん@1周年:2019/07/18(木) 13:52:26.23 ID:4PBJB+yn0.net

>>6
ネジ、働け。

169 :名無しさん@1周年:2019/07/18(木) 11:25:22.35 ID:QwH6du0f0.net

★自分であたま穴あけろよ そしてつなげよ

詐欺ばっかり

わらわらわらわらわらわらわ

108 :名無しさん@1周年:2019/07/17(水) 21:53:14.27 ID:Gt5sSYZf0.net

>>8
それええなw

160 :名無しさん@1周年:2019/07/18(木) 09:34:44.66 ID:p7lzlqev0.net

イーロンマスクは信用できない
ただのホラ吹き

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【朗報】三重県限定「うまい棒 えびマヨネーズ味」がマジでウマい! どこが「えびマヨ」なのかよく分からんけど、とにかくウマい!!

金 7月 19 , 2019
お土産選びの強い味方と言えばご当地スナックだ。「じゃがりこ」や「かっぱえびせん」のような人気ブランド […]