Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【電池】正式発売前のテスラ「モデル 3」に試乗してみた(ただし助手席で)←研究テスト車両,剛性の高いボディと低重心の魅力

1 :一般国民 ★:2019/05/19(日) 01:35:17.07 ID:MLO8Ocol9.net
正式発売前のテスラ「モデル 3」に試乗してみた(ただし助手席で)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000002-impress-ind
2019/5/15(水) 0:00配信,YAHOO!JAPAN NEWS,Impress Watch

写真:Impress Watch
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190515-00000002-impress-000-1-view.jpg

 現在、日本でも予約受付が行なわれているテスラ「モデル 3」に試乗することができたのでレポートしよう。
 この試乗会は、テスラサービスセンター東京ベイオープンの取材の中で行なわれたため限られた時間で、また米国仕様の研究テスト車両への同乗走行であったことをお断りしておく。

 ■より多くのユーザーが対象に

 テスラでは、大型サルーン「モデル S」とSUV「モデル X」がラインアップされる。そこにモデル Sよりふたまわりほど小型のセダンが追加された。それがモデル 3だ。

 5月の時点では前述のとおり予約受付中で、その予約対象者に対して近々コンフィギュレーターを公開し、好みの仕様やモーターの出力などを決定できるようになるという。
 納車は夏過ぎが予定されている。現時点で日本仕様の詳細は正式決定していないが、関係者によると0-60mph(約100km/h)加速は3.2秒(パフォーマンスモデル)を誇るとのことなので、
 本田技研工業「NSX」並みの加速性能と言えそうだ。

 モデル 3の米国モデルでは仕様が3つあり、「スタンダードレンジ プラス」(後輪駆動)、「ロングレンジ」(4輪駆動)、そして「パフォーマンス」(4輪駆動)となる。
 航続可能距離はスタンダードレンジ プラスが約384km、ロングレンジおよびパフォーマンスが約498kmで、
 アメリカでの価格はそれぞれ3万9500ドル(約438万円)、4万9500ドル(約549万円)、5万9500ドル(約660万円)と発表されている。
 ロングレンジとパフォーマンスの違いはバッテリー性能の差で、パフォーマンスの方がロングレンジよりも加速性能が0-60mphで1.2秒速いデータとなっている。

 北米仕様のボディサイズは4694×1849×1443mm(全長×全幅×全高)で、日本でも比較的使いやすいサイズだ。

 一方、インテリアはさっぱりしており、中央部に大型のスクリーンがある以外、目立った装備は見当たらない。
 ドライバー側のステアリングを除けば左右対称の光景が広がる。
 もともとテスラのインテリアはミニマリズムを追及しており、モデル 3のそれはある意味“究極”と言っていいだろう。

 ただし、使いやすさにおいては少々難があるかもしれない。
 例えば、室内温度を調整したい場合にはスクリーンをタッチしながらいくつかのステップを踏んで画面を変えて調整しなければならないからだ。

 テスラモーターズ ジャパン マーケティングマネージャーの前田謙一郎氏は、モデル 3について「より一般的なEVです」と位置付けるとともに、
 「基本的な構造はモデル Sやモデル Xと共通なので乗り味は一緒です。
 低重心でスポーツカー的なフィーリングもありながら、室内は広く、セダンとしても十分活用できます」という。

 また、想定購入ユーザー層について前田氏は、「これまでは(高価格帯の)モデル Sとモデル Xでしたから、
 どちらかというとアーリーアダプターの中のさらにアーリーな人たちが多かったのですが、今後はもっとその裾野が広がっていくでしょう」と話す。
 そして、「よりデザインにこだわり、かつ走りにもこだわっている方に乗ってもらいたいですね。
 一方、航続距離が400kmを超えていますので、普通のクルマとして乗りたい方にもかなりおススメです。
 予想ですが、モデル 3はテスラのラインアップの中で半分以上の販売台数を占めるようになるでしょう」と語っている。

 なお、テスラモデルの特徴として、3GとLTEが搭載されていて常にテスラのサーバーとつながっている点が挙げられる。
 つまり、ソフトウェアのアップデートがあった場合には即対応が可能ということだ。
 そのソフトウェアは単にナビゲーションなどに限らず、例えばオートパイロットと呼ばれる運転支援システムなども含まれ、
 ハードウェアであるカメラやレーダー、その処理を実施する半導体チップはそのままに、さまざまなアップデートが行なわれているのだ。
 テスラの関係者によると、現在のハードウェアであれば未来に全自動運転の時代が来たときにはワイヤレスアップデートで完全自動運転ができるようになるという。

 ■同乗して感じた剛性の高いボディと低重心の魅力

(中略、続きはwebで)

 Car Watch,内田俊一,Photo:中野英幸

23 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 11:01:53.76 ID:mIRP6JP/0.net

>>19の実家と現在の勤務地ってどこなんだろ
マジで可哀想だし

5 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:44:27.94 ID:7kWqdLWT0.net

この手の分野では三菱がトップレベルなのだけど・・・まぁ色々とアレで

29 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 16:55:54.31 ID:XEN9HLNI0.net

> 例えば、室内温度を調整したい場合にはスクリーンをタッチしながらいくつかのステップを踏んで画面を変えて調整しなければならないからだ。
それな
運転しながら定位置にあるダイヤルをひねるだけで直感的に室温調整できるもののほうがいい

9 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:51:58.72 ID:pdb0lDxw0.net

センターメーターとかクッソ見づらいだけだからやめて下さい死んでしまいます

33 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 21:09:09.29 ID:hoZNyolF0.net

アメリカ人は最高だな
モデル3がアップデートで完全自動運転できるようになったら自動運転可能な地域を法律で決めてしまえばロボットカーが金を稼いでくれるからな
車両価格が400〜500万円しても10年フルタイムでロボットカーに働かせれば3000万円稼いでくれるんだろ
ロボットカー以外の車を買う価値全くないな

19 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 10:24:38.12 ID:EFAVbt3F0.net

素晴らしい車だが、500キロ先の田舎にある実家に帰るのに充電が面倒臭すぎる。
宿泊先に充電スポットないと凄い不便

26 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 12:39:40.33 ID:YCS0pl1T0.net

>>23
500kmってそんなに珍しいかな。
普通に電車で帰れよとは思うが。

14 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 06:25:05.57 ID:4rr5bcfq0.net

マイアミもフロリダだけど何いってんだw

10 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:53:28.03 ID:7kWqdLWT0.net

>>8
まぁガソリンって日本の場合は産業向け燃料やらの副産物的扱いだからねぇ
重油や軽油や灯油と違って、ガソリン価格は消費量と連動しないから
つか日本はガソリン輸出大国だし

10 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:53:28.03 ID:7kWqdLWT0.net

>>8
まぁガソリンって日本の場合は産業向け燃料やらの副産物的扱いだからねぇ
重油や軽油や灯油と違って、ガソリン価格は消費量と連動しないから
つか日本はガソリン輸出大国だし

24 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 12:37:09.68 ID:YCS0pl1T0.net

>>16
実物見たら幻滅するよ。

コンパクトカー向けのデザインなのに薄らでかすぎるのが主要因かと。

20 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 10:48:00.88 ID:aRHA0QBA0.net

>>3
政府にいえよ
税金の塊だぞ

25 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 12:38:37.06 ID:YCS0pl1T0.net

>>24
ああ、あと細かい部分の作りが雑すぎ。
質感も低い。

27 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 12:45:29.36 ID:bVajKKv60.net

>>24
実物見たがシンプルで格好良かった。
周りに威圧感を与えずに環境に馴染むが、同時に個性も持たせられているレベルの高いデザイン。

質感は確かにそうでもないけれど。

7 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:49:50.24 ID:8/1o93IO0.net

元々はアメリカがトップを走ってたが政府の介入で開発を辞めさせられた。
その隙に日本がハイブリッド出したりして市場を一時的に取れたんだな。

誰が電気自動車を殺したか? (字幕版) – 予告編
https://youtu.be/Hr6nxQCH4eI

13 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 05:56:30.40 ID:w7GUtTHd0.net

フロリダからマイアミまで4時間
一回充電したら行けるって言ってた
EV車の電気はただ
金持ちいいな

2 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:36:18.43 ID:5ibiithk0.net

いつもの花火前の線香花火?

15 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 06:25:50.03 ID:w7GUtTHd0.net

フロリダオーランドから

8 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:49:54.25 ID:eGAScYWl0.net

>>3
逆だろ?EV普及したらガソリン上がるよ

3 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:39:02.37 ID:xdYxk2Y80.net

米はさっさとEVを普及させてガソリン価格を押し下げてくれ

11 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:59:50.50 ID:fqEMwKKI0.net

花火みたいに火を吹いて燃えてるの見ると事故の時怖そう

6 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:47:10.00 ID:cebHpi1/0.net

巨大電池輸送車w

17 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 07:51:15.22 ID:RpOCZ2XX0.net

>>2
すかしっ屁だろ

18 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 09:07:18.84 ID:Hwlif3lw0.net

>>13
俺は湘南から江の島までなら1回の呼吸で行けるが
そういう話でいいんだっけ

4 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 01:42:34.05 ID:VnUuHw/o0.net

トップギア TESLA Model 3 vs BMW M3

https://youtu.be/DSRWKxytW40

30 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 17:17:30.44 ID:mIRP6JP/0.net

>>26
「航空機や新幹線が使えないルートの500km」は普通に珍しいだろ
襟裳から稚内で530kmだなw

21 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 10:49:24.68 ID:mIRP6JP/0.net

>>19
可哀想
空港も新幹線駅も無い秘境なんか

32 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 20:44:45.36 ID:WDlnG0sD0.net

>>26
電車が有ったって車を使いたい時ってあるでしょ。東京−大阪や東京−盛岡とか。

12 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 02:00:25.59 ID:8/1o93IO0.net

スカパー!ヒストリーチャンネルのカウンティングカーズでトゥイステッドシスターズのディースナイダーがテスラのカスタムを依頼してたね。
カタカナばっかりになっちまったw

22 :名無しさん@1周年:2019/05/19(日) 10:53:11.34 ID:aRHA0QBA0.net

エアコン、HID、オーディオ、モニター、これらガンガン使ってワン充電10分以内で航続距離が800km以上あればハイブリッドと遜色ないけど、まだまだ出そうにないな

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【歴史】太平洋戦争での敗戦の原因、インパール作戦のような兵站を軽視した戦いが実行された背景に“石田三成の存在”

月 5月 20 , 2019
元スレ 1 :樽悶 ★:2019/05/19(日) 17:01:28.01 ID:PAKtTQVW9 […]