Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【古代史】天孫降臨の地・日向は宮崎ではなく福岡?古代氏族研究50年の集大成★2

1 :記憶たどり。 ★:2019/03/31(日) 16:23:36.16 ID:2N0Ue4m29.net
https://dot.asahi.com/wa/2019032800022.html?page=1

ノンフィクション作家の足立倫行氏が選んだ“今週の一冊”は『古代氏族の研究(13) 天皇氏族 天孫族の来た道』(宝賀寿男著、青垣出版 2000円※税別)。

*  *  *

日本国の成立は天皇家の歴史と切り離せない。従って、代替わりを機に天皇家のルーツを振り返ることにはそれなりの意味があるはずだ。

多くの説があるが、氏族研究に基づいた本書の結論をまず示す。

天皇家の父系源流は殷王朝の流れを汲むツングース系で、鳥トーテミズム・太陽神信仰・鍛冶技術などを持ち、
平壌あたりの箕子(きし)朝鮮、半島南部の洛東江流域を経て、紀元1世紀前半頃に九州北部に渡来した。

『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』や『斎部宿祢本系帳(いんべのすくねほんけいちょう)』など古今の系図類を参考にすると、
始祖・五十猛(いたける)神(スサノヲに相当)以降の動向も追うことができる。

松浦半島から筑後川中流域の御井(みい)郡(福岡県久留米市)に移り、そこが高天原(邪馬台国の前身)。
4代目のニニギは筑前怡土(いと)郡(福岡県糸島市)に移り支分国を作る(天孫降臨)。その孫・神武は庶子だったので、
2世紀後半に新天地を求めて小部隊と大和へ向かう(神武東征)……。

と、ここまで書くと「待った」の声が聞こえてきそうだ。「左翼なのか」とか、「皇国史観か」とか。

著者も断っている通り、この仮説は左右のイデオロギーとは無縁だ。

ついでに言えば、現代の国家や政治とも直接関係はない。古代の東アジアで多数の王朝が興亡盛衰していた頃の倭地(日本)の状況を、
あくまで歴史検証の立場で合理的・総合的に再構成しようとしたものだ。

私が著者の説に注目したのは、取材で伊都(いと)国(糸島市)を訪れたからだ。そこには日の出の方角に日向(ひなた)峠や日向山、クジフル山があった。

峠の向こうの福岡市西区には、吉武高木(よしたけたかぎ)遺跡があり、その中の「最古の王墓」から日本で最初の三種の神器(鏡・剣・玉)が出土していた。

ということは、記紀の天孫降臨(北東アジアでは始祖の地域移遷を指す)の地「日向」は、南九州の日向(ひゅうが=宮崎県)ではなく、
北九州の日向(ひなた=福岡県)ではないかと思った。

著者の説に従って神武を伊都国王家出身とし、本書が強調するトーテム(祖霊の動植物)に改めて目を向けると、
これまでの「神話」の謎や奇異な記述も理解可能となる。

基盤は3層の集団である。倭地に最初に定着した犬狼トーテム種族(山祇=やまづみ族)。次に稲作・青銅器を伴った竜蛇トーテム種族
(海神族)。最後に鉄器を持ち太陽神祭祀の鳥トーテム種族(天孫族=天皇家一族)。

伊都国が天孫族なら、「国譲り」した葦原中(あしはらなかつ)国は隣接の奴国になるが、奴国王は後漢から金印を授与され印鈕(いんちゅう)は蛇(竜蛇トーテム)だった。

神話では、神武の母・祖母とも海神の娘。祖母は父を産む時に「鰐(わに)」の姿になったと伝える。トーテム動物は一族の神話に頻出し、このワニ(サメ)も海神族のトーテムだ。

そして神武は大和にやって来る。

古代史界の大勢は、「(神武東征などの)神話自体が天皇の権威の正当化で信用できない」とする。

しかしそうなら、なぜ正史『日本書紀』は、神武の前に同じ天孫族のニギハヤヒがすでに大和にいたと記したのか。しかも神武は緒戦で破れ、兄(五瀬命)を亡くし、
ニギハヤヒが敵将長髄(ながすね)彦を裏切った末の薄氷の勝利(八咫烏=やたがらす・金鵄=きんしは天孫族の鳥トーテム)だった。

この話に本当に史実はないのか。

他に、神武など初期天皇の異常な長寿や長期在位は4倍暦や2倍暦で解消すること▽三種の神器の習俗は朝鮮半島・中国東北部を経て
黒海沿岸のスキタイ族まで続くこと▽応仁の乱頃まで宮中に「帝王鎮護の神」として韓神(からかみ)と園神(そのかみ)が祭られていたこと
(両神は始祖神の五十猛神夫婦)──なども加えよう。

すると、一見荒唐無稽に見えていた冒頭の本書の結論部分が、次第に信憑性を帯びてこないだろうか。

本書は、著者の古代氏族研究50年の集大成。私はこの一石が、斯界に波紋を広げるような気がする。

前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553992732/
1が建った時刻:2019/03/31(日) 09:38:52.73

460 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 23:06:52.64 ID:7k2onHbU0.net

記紀は天皇正統性を語るために作ったんだろうけど
淡路島から生まれて四国九州隠岐だ壱岐だ、で
大倭秋津島なのか・・・・
してみると倭ってのが単に=天皇家のっていうのともちょっと違うのかもな
倭=日本だとするなら特定の島だけに倭ってつけるのはおかしいよね
世界観的に、淡路島だ四国だってのも奈良じゃねーし

911 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 20:33:25.27 ID:hZD/PSfN0.net

>>907
背のりして家のっとって証拠隠滅ニダ

にしかおもえないんだが

726 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 07:37:44.71 ID:UWT2sTxN0.net

>>505
天皇は名字を付けてあげる側だから、自分のは持ってないんだよ。
天皇に名字を付けてあげられるとしたら昔の中国の皇帝くらいだけど、
もういなくなっちゃったからね。

312 ::2019/03/31(日) 20:36:22.83 ID:Gyt3Oc2t0.net

>>305
神武天皇が即位したのは2600年前だけど、
その前の日向三代は179万年だぞ。
半万年と可愛いもんだw

267 ::2019/03/31(日) 19:59:17.17 ID:Gyt3Oc2t0.net

>>265
おお、天磐船じゃ。

553 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 00:28:09.11 ID:zBgyW8yx0.net

>>550
山口土井ヶ浜の弥生人は頭を朝鮮半島に向けて眠ってた。

594 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 01:13:48.66 ID:ETtkOxti0.net

天孫降臨神話の原型は七世紀後半に生まれた

586 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 01:02:52.82 ID:baVFOTEG0.net

もうさ?いっそのことイスラエルかあの辺が高天原で
10氏族の末裔が東に東に流れてきたことにすればいいじゃん?
日本人は昔から嘘つきで国外の時事と自分たちを関連づけたくなるミンジョクなんだから

810 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 12:43:08.05 ID:CPEA7O2F0.net

宮崎のわけねえわな
隼人が天皇のわけねえから、宮崎を天孫降臨の地としたのは中世の宮崎の町おこしだろうな

790 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 10:57:00.01 ID:zBgyW8yx0.net

>>789
伊都国に居った師升との関係はどうなるん?
なんか色々と矛盾有りすぎw

338 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 20:55:14.34 ID:U1a1H5/+0.net

>>328
呉の太伯の子孫とか姫姓説は有名だな

101 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 17:55:33.26 ID:ghEA/x8J0.net

>>98
宮崎や鹿児島は船で関西や関東と繋がっていた
実際に神武天皇の東征も船で行っている

562 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 00:38:01.47 ID:+UE7oQ7G0.net

「縄文系」というのは、ほぼ確実にY-DNAのD系統。
良く紹介されてる約10年前のY-DNAデータ https://i.imgur.com/PQBSyFZ.jpg
だと、黄色のヒマラヤ山脈と日本だけに大きく存在する非常に古いタイプ。
現代人でもアイヌ筆頭に日本各域に残されている。

問題は青い方の2色、紺と青紫の2つのO系統だ。
これが現代人では韓国人と日本人とを非常に近いDNAグループにしている。
O系統は、タイからマレーシアの南方系で
さらには去年の論文によると、シナ南部(海岸地域)にも多く
いわゆる「百越族」(の一つ)と思える。しかしそのルートが謎。
×日本→韓国 ・・ だったら韓国にもっと黄色が多い
×韓国→日本 ・・ だったら日本にもっと他の色が多い
○ ? →韓国と日本
シナ「江南」から渡来したとしてもその経路が不明
(渡来人はY-DNA資料だと日本を支配したのではなく加わっただけ)

580 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 00:59:54.25 ID:+UE7oQ7G0.net

>>570
それも古代人骨から知りたいことの一つ。(現代でも小さな割合で残ってるが)

860 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 14:11:59.78 ID:HzeC9cNq0.net

青谷上寺地の他殺体は返り討ちの可能性はないのかな、捨てられ方とかを見ると。

632 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 02:04:33.12 ID:yphVR30l0.net

>>617
飛鳥時代には醍醐(バター?チーズ?)が伝えられたらしいけど日本には定着しなかったね。
味噌は中国から遣唐使で伝えられたんだっけ。

215 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 19:25:17.80 ID:Fdotp3qu0.net

>>206
熊野の神様ってスサノオさんか、凄いな

874 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 16:13:18.05 ID:J7TOnQSn0.net

>>832
中国、近畿ってほとんど渡来人なんだな
顔の作りが薄いと感じてたが渡来人のDNAが強いからか

331 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 20:52:17.88 ID:aS8kD16H0.net

>>320
神武東征を高天原から支援してるわけなんで、どこかから指示が出てるはずなんだが
それが分からんのかなあ

992 :名無しさん@1周年:2019/04/02(火) 10:51:46.29 ID:4aKrs6Ni0.net

>>988
基本的に九州は大分とそれ以外の九州で分けるのが常識 大分に関西朝鮮人が沢山住んでるから

807 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 12:38:58.98 ID:C+B5Bwea0.net

>>806
天皇家が関西代表なら、朝鮮系なんだよな。

714 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 06:16:37.55 ID:NcDEDuKv0.net

(-_-;)y-‾
俺仮説。
日向、大隅は、もともとは、多禰国。
薩摩は、屋久国。
占領割譲されるたびに、国名が変わって行った。

718 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 06:36:16.67 ID:0BNHvWFH0.net

宮崎県人は神武さまの残りカスと自虐していても
あれ鹿児島だよというと怒るんだよな

824 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 12:59:38.28 ID:TJQ0UrwR0.net

>>806
現在の近畿人は先祖代々近畿にいた人は少ないし、
今の半島人がどこから来たのかわからないから、
こういう統計に意味があるのか、きわめて疑問。

299 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 20:24:20.41 ID:aS8kD16H0.net

記紀の事績自体はある程度、遺跡などの発掘物や外国の書物の事績と矛盾してない。
年代の改ざんだけが異様である。

165 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 18:57:18.38 ID:lvtUtHgt0.net

>>163
縄文の辺りのはず wiki調べだけどな

399 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 22:05:17.34 ID:N8O92iOj0.net

>>347
太宰府を真面目に発掘調査すればイロイロなものが出てきそうだけどね

461 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 23:06:56.98 ID:uhRFcEnx0.net

>>430
わざわざ遠回りしてかい? 

753 :名無しさん@1周年:2019/04/01(月) 08:30:39.45 ID:qfXQKkx90.net

でしょ
なんで宮崎?という違和感は昔からあった
あんな不便なところなのに

491 :名無しさん@1周年:2019/03/31(日) 23:21:46.72 ID:jjz1Dq/A0.net

倭地は温暖にして、冬夏生菜を食す。
皆、徒跣。屋室有り。
父母、兄弟は異所に臥息す。
朱丹を以ってその身体に塗る。
中国の紛を用いるが如し。

男子は大小無く、皆、黥面文身す。
古より以来、その使中国に詣(いた)るや、皆、自ら大夫と称す。
夏后少康の子は会稽に封ぜられ、断髪文身して、以って蛟龍の害を避く。
今、倭の水人は沈没して魚、蛤を捕るを好み
文身は、亦、以って大魚、水禽を厭(はら)う。
後、稍に以って飾と為る。諸国の文身は各に異なり
或いは左し、或いは右し、或いは大に、或いは小に。尊卑差有り。
その道里を計るに、まさに会稽東冶(”現中国の浙江省”) の東に在るべし。

女王国より以北は、特に一大率を置き検察し、諸国はこれを畏憚す。
常に伊都国に治す。国中に於ける刺史の如く有り。
王が使を遣わし、京都、帯方郡、諸韓国に詣らす、及び郡が
倭国に使するに、皆、津に臨みて捜露す。
文書、賜遺の物を伝送し女王に詣らすに、差錯するを得ず。

「魏書」第30巻『 魏志倭人伝 』 普平陽侯相 陳寿撰

神々からの日本最古の天皇家の歴史とされる古事記や日本書紀には記述されてないが
致密かつ高度な中華文明を生み出した古代中華帝国漢人官僚には正確に記述されてた
神々しい伝説の邪馬台国や女王卑弥呼、倭人達の倭国群は日本の何処にあったんだろう?

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【国際】ユンケル委員長「もう限界だ」 英国に最後通牒

水 4月 3 , 2019
元スレ 1 :動物園 ★:2019/04/01(月) 21:50:09.49 ID:2EtCxaEX […]