Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【鉄の歴史に一石】ヒッタイト起源に異説か 最古級の遺物

1 :みつを ★:2019/03/25(月) 03:27:00.32 ID:kRhq4W7l9.net
https://www.asahi.com/sp/articles/ASM3Q7THKM3QPLZU004.html?ref=tw_asahi

鉄の歴史に一石、ヒッタイト起源に異説か 最古級の遺物
有料会員限定記事
編集委員・永井靖二
2019年3月25日3時3分

人類史上「最大の発明」の一つとされる製鉄の歴史が変わるかもしれない――。古代オリエント世界でエジプト新王国と勢力を二分したヒッタイト帝国。その中心部だったトルコ・アナトリア地方の古代遺跡で、日本の調査団が製鉄関連の最古級の遺物を見つけた。

 見つかったのは、酸化鉄を多く含む分銅形をした直径約3センチの塊。トルコのカマン・カレホユック遺跡で1986年から調査を続けている「中近東文化センターアナトリア考古学研究所」(大村幸弘(さちひろ)所長)が、2017年9月、紀元前2250〜同2500年の地層から発見した。

 遺跡は、「鉄と軽戦車」を武器に古代オリエント世界で栄えたヒッタイト帝国(紀元前1200〜同1400年)の中心部に位置する。帝国は先住民が発明した「最新技術」の製鉄を独占して軍事的優勢を得たとされる。だが、帝国が滅ぶと製鉄技術は周辺各国に急速に普及。鉄器時代へと向かう転換点になった。

 大村所長によると、出土した塊…

有料会員限定記事
有料会員になると続きをお読みいただけます
残り:1504文字/全文:1903文字

131 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 21:07:56.04 ID:OrVjGpAw0.net

>>128-129
ジャンル的には召喚モノだね
少女漫画の連載だったけど

157 :名無しさん@1周年:2019/03/26(火) 12:26:12.06 ID:EnvoSC4c0.net

>>152
すでに書かれてたけど、ヒッタイト人の製鉄法は鍛造
鉄の鋳造はもっと後の時代の話

40 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 06:39:12.42 ID:XwJhH7UU0.net

12 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 03:51:10.95 ID:zSP19KeG0.net

隕鉄の模様はうつくしーですな

123 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 20:14:41.83 ID:Wptc3bH6O.net

「鉄の歴史にまた1ページ」

38 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 06:32:57.33 ID:FCTtIqG+0.net

ここの投石機が強いんだよ。

16 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 04:20:50.03 ID:UTbbXqlG0.net

宗形教授で解説してくれ

32 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 05:57:03.22 ID:wLpZtcug0.net

エラム、ミタンニ、ヒクソス、ペリシテ
古代のあの辺りの細かい民族大好き

58 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 08:05:49.85 ID:tZpFwOAh0.net

>>37
石器時代w
小学生でも6年くらいで歴史やるだろ

100 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 16:25:14.33 ID:8FQiBvEz0.net

隕鉄→カッコいい

陰毛→カッコ悪い

隕毛→カッコいい!

30 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 05:52:15.17 ID:PlA6tJ1g0.net

古巣に戻るわ
みんな 今までありがとう

116 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 20:03:19.67 ID:mz+0YlIy0.net

むかしトルコの片隅で〜♪

79 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 13:18:21.22 ID:Q4bLrERN0.net

製鉄の起源は朝鮮半島
中国を経て中東に伝わる

132 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 23:41:19.49 ID:XwJhH7UU0.net

>>85
男も女の機嫌とりに熱中するからな。(LGBTは例外=少数派)

15 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 04:05:51.17 ID:Iil1ln220.net

>>8
>昔は、地球に隕鉄がバンバン降り注いでいた

隕石は空中で爆発して粉々になってしまったり、風化して地球の岩石
と区別がつかなくなってしまうことが多い。それに対して隕鉄のほうは
地上まで届くことが多いそうだ。
だから地上で「発見」された隕石・隕鉄のうち、隕鉄の割合は
約50%にも達するそうだ。
http://polaris.nipr.ac.jp/‾academy/jiten/inseki/01.html

119 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 20:06:31.52 ID:Wptc3bH6O.net

>>117
鉄の代金はなんだったのだろうか?

124 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 20:19:09.50 ID:94fAokeg0.net

>>115
ヒッタイトといえば王家の紋章だろう

95 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 15:24:22.85 ID:X110yLmX0.net

>>59
だよねぇ

155 :名無しさん@1周年:2019/03/26(火) 12:18:09.78 ID:MY4pnBRu0.net

中国人の5つ目の発明か

34 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 06:15:48.14 ID:auxgC2sT0.net

>>20
酸化鉄というサビに被われている
小学生でも気がつく
だいだい、それに思い至って調べたらそう書かれている

だからまともな知性を持っていたらサビないとは言わない
もし言うのであれば「赤サビに被われない」だが、酸化鉄に被われているのだから当然のこと

謎だって持ち出すと頭を疑われるぞ

3 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 03:31:09.56 ID:FPompaF60.net

ヒッタイト=鉄
大学受験の思い出が蘇る

84 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 13:41:45.13 ID:6DpIY6/H0.net

騎馬民族の韓族が中央アジアまで勢力圏を伸ばした結果生まれたのがヒッタイト文明
なので、ヒッタイト以前に韓族の支配地域が製鉄の起源地域
このように文明のルーツから辿る思考方法が正しい

103 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 17:06:41.22 ID:N+yGZbhT0.net

世界史で最初にやるところだな、古代オリエント
いきなりややこしくて嫌になった

26 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 05:33:45.90 ID:L8ZKOSJ10.net

>>25
ヒッタイトといえば
「天は赤い川のほとり」な

93 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 14:41:43.20 ID:qlkCxqN50.net

>>87
一応例外はあるが(名乗りをあげての一騎打ちとか)

木の堅さも違います
樫の木とか琵琶の木は、鉄パイプより堅いのです
木刀の素材です

>>90
木刀有利なのは、その通りです。
バットは重いので素早い攻撃ができなくて
木刀でブロックされて攻撃が無効になるでしょう。

23 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 04:33:44.23 ID:yz05MmWo0.net

>>21
綺麗に消えてしまったよな
栄華を極めると衰退するのは世の常なのだろうか

147 :名無しさん@1周年:2019/03/26(火) 09:31:43.89 ID:JCr7JuhU0.net

ヒッタイトは起源じゃなくて大量生産して軍事への応用を実現した国では?

143 :名無しさん@1周年:2019/03/26(火) 06:44:34.91 ID:nUubQpFI0.net

イズミル王子が浮かんだ

125 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 20:30:54.41 ID:TEk+rFbI0.net

>>20
ウダヤギリの鉄柱だな。
略奪されて今はデリーにある。

98 :名無しさん@1周年:2019/03/25(月) 16:04:06.77 ID:KWT1bx3A0.net

鉄の武器だけじゃなくて鉄製の農具(鋤や鍬)が作れるようになって農作業だけじゃなく耕地の開拓が飛躍的に進んだことが大きい
鉄製のノコギリやノミで家や橋などの建設作業もしやすくなった

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【くやしい】愛知県人の屈辱「名古屋飛ばし」 その悲しい歴史を振り返る

火 3月 26 , 2019
元スレ 1 :みなみ ★:2019/03/24(日) 18:34:24.07 ID:EXg70vQ1 […]