Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【食品】バターの輸入枠 50%超増へ 酪農家廃業相次ぎ生乳不足が背景 農林水産省

1 :みつを ★:2019/01/30(水) 07:19:52.72 ID:ucScbzfO9.net
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190130/k10011795931000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

バターの輸入枠 50%超増へ 酪農家廃業相次ぎ生乳不足が背景
2019年1月30日 4時55分

相次ぐ酪農家の廃業で、バターの原料となる生乳の生産量の減少傾向が続いていることから、農林水産省は、バター不足を回避するため新年度・2019年度のバターの輸入枠を、今年度より50%以上多い、2万トンに増やす方針を固めました。

関係者によりますと、農林水産省は新年度のバターの輸入枠を、今年度の1万3000トンから、7000トン、率にして54%増やし、2万トンとする方針を固めました。

これは、酪農家の廃業が相次ぎ、バターの原料となる生乳の生産量の減少傾向が続いていることが背景にあります。

また、去年起きた北海道の地震でバター向けの生乳の流通量が一時的に減少したことも影響しているということです。

バターの輸入量は、急に増えると生乳の価格に影響を与えるおそれがあるとして、国は2017年度から、年度ごとに輸入枠を設定しています。

農林水産省は、新年度の輸入枠を大幅に増やすことで必要な量を十分に確保し、バターが不足する事態を回避したい考えです。

農林水産省は、この方針を30日、メーカーや消費者団体などを集めた会議で正式に決めることにしています。

232 :名無しさん@1周年:2019/01/31(木) 11:46:55.02 ID:1hy0LmAx0.net

マーガリンが生まれたのは、いまから100年以上も前のこと。
1869年に、ナポレオン3世が当時フランスで不足していたバターの代替品を募集しました。

そして採用されたのが、メージュ・ムーリエ・イポリットという化学者のアイデアです。
上質な牛脂に牛乳などを加えて冷やし固め、バターに似せて作り出したもので、現在のマーガリンの原型となりました。

217 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 23:58:58.87 ID:zEUEjynn0.net

じゃバターは品不足で年末高騰するのかな

184 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 13:50:14.31 ID:CoFcAX310.net

アカ印乳業

205 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 21:48:37.39 ID:byFcF4YH0.net

売り切れと騒ぐぐらいの方がよく売れる!と
言ってたじゃん。

18 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 07:32:39.00 ID:2kMedfvB0.net

荒巻が百姓貴族で、
昔、牛乳があまり気味で減産計画で牛潰させたから農家がそのまま縮小したとか怒ってたよな

24 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 07:36:38.18 ID:03XR8XpL0.net

安倍のせい
>>21
潰しても代わりの物ができる
潰す労力と時間、金が無駄

169 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 11:40:07.41 ID:VgTHS07v0.net

>>168
だからさ、もう少し勉強しなさいよ
不足なんて嘘だから

204 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 21:47:07.85 ID:byFcF4YH0.net

TPP本格的に動き出せば、農協主導でのバター不足も解消されそうだな。

160 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 11:03:12.61 ID:aw4Jdu1a0.net

廃業って福島だけだろ
北海道の酪農なんてどんどん巨大化してる
年商億単位

186 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 13:58:43.24 ID:wzX1sSOp0.net

牛乳に加工出来なかった余った生乳でバターと脱脂粉乳を作っている

牛乳に比べてバター用生乳の買い取り価格は安い
だったら売らずに価格が安定するまで待てば良いじゃんというのは不可能
生乳は栄養豊富の反面、腐りやすく保存には適さない
生乳を生産したらすぐに用途を決めて加工する必要がある
もう、昔みたいに販売後に余った牛乳を生乳に混ぜるなんて出来ない

で、牛乳を作るための生乳が酪農家が止めて足りなくなっているんだから、真っ先にバターや脱脂粉乳が不足するのは当然

75 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 08:27:15.53 ID:3SO8kASu0.net

>>1
平成の黒船TPPキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

57 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 08:08:08.78 ID:d4GRtLxQ0.net

>>51
TPP締結されたら輸入品が安く出回るからな

25 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 07:37:16.00 ID:MKRoMnXM0.net

TPP「風評被害だ。利権だろーが」

81 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 08:43:03.62 ID:R8ONdg040.net

>>78
バターと発酵バターは用途が違うから
全部発酵バターにされたら困るわw

190 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 14:42:25.13 ID:b0Ncm+470.net

クッキーやケーキ沢山作りたいから安くしてほしい

114 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 09:39:28.27 ID:FswZfK/10.net

>>108
穀物食わせて乳脂肪分上げてるせいでコストがかかってる
ニュージーランドも40年前の乳製品生産量は北海道と同じ程度だった
日本も農家から出荷段階での品質を統一するのではなく
ニュージーランドのように工場入荷の段階の品質で飲料と加工の用途を振り分ければ生産コストを下げられる

185 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 13:54:49.30 ID:FuHm5St00.net

雪印の騒動の時、問題になってたみたいだが、
消費期限前の売れ残り牛乳をバターにしたら、本当にいけないのだろうか。

220 :名無しさん@1周年:2019/01/31(木) 00:11:14.59 ID:bqBRKDNp0.net

>>213
バターの輸入枠無制限にしてホクレン潰したら(というか指定団体制度廃止したら)北海道の酪農家が大儲けして本州の酪農家が潰れるだけだろ。頼むから少しでも頭使って考えてくれよ。

3 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 07:21:37.88 ID:/E7A6VUW0.net

バターがなければマーガリンを食べればいいじゃん

4 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 07:21:46.93 ID:RyIZV1fP0.net

酪農家バタバタ

91 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 09:04:03.47 ID:DGje9/ZtO.net

>>90 ガイアでやってたな
利権が産業潰してるなw

213 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 23:56:44.90 ID:3lRiTaQ00.net

最初っから枠つくってんじゃねえよ
ホクレンつぶせや

26 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 07:38:21.37 ID:Jd835MgY0.net

おっそw
何年前からバターがねえバターがねえって言われてんだよ

207 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 22:22:29.00 ID:/1thpKxj0.net

毎年言ってんじゃん
どんだけ無能なの?

2 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 07:21:24.83 ID:GkqRFc1O0.net

バタバタするな

154 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 10:40:44.23 ID:CJosbb6F0.net

>>139
不足やぞ
店頭に置いてない

そもそも民間に輸入枠をあたえればいいだけの話なんだよね
利権のクソが牛耳ってるくせに必要数量の調整もできない

10万トン必要だったら15万や20万手配しなきゃ末端で不足するっての

157 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 10:49:34.51 ID:9Z/HWMCY0.net

潰れるように仕向けてるくせによういうわ。

111 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 09:37:19.17 ID:ehvnkfxg0.net

北海道の農協幹部はまるで酪農という縄張りの封建領主気取りだ
かってに「税」を設定して農家から徴収している

196 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 15:42:25.16 ID:11DGITUT0.net

守るべきものを絶対守るカナダと次々差し出す日本〜ISDSも米加間で廃止
鈴木宣弘・東京大学教授
2018.11.15

米国は一応カナダに譲歩させた形で面目を保ち、カナダは根幹を完全に守ったといえる。
まず、現在も、カナダの牛乳・乳製品で自由化(関税のみに)されているものは一つもない。
すべての品目が極めて少量の輸入枠の設定と、それを超える輸入に対する禁止的高関税(数100%の二次税率)で守られている。

カナダは、TPPでカナダ牛乳・乳製品市場の輸入シェアが3.25%になるとしていたのが、今回の米国との合意だけで3.59%になるとしているが、
3.25%のかなりの割合を占めていた米国の分が抜けて、それを付け替えて新たに3.59%になっている。
純増部分はあるが、合計で、輸入シェアは5%前後に抑えられていると推察される。

米国もカナダも同様だが、ガット・ウルグアイラウンドで設定した乳製品の消費量の5%というミニマムアクセス枠は両国ともせいぜい2〜3%しか満たしていなかった。
コメや乳製品の輸入枠を最低輸入義務として実行して(させられて)いるのは日本だけである。
そもそも、牛乳・乳製品消費量の40%も輸入している日本は特異な国である。

また、TPPでは米国の強いハード系チーズを関税撤廃し、ソフト系(モッツァレラやカマンベール)は守ったと農家に言ったが、TPP12が頓挫した直後、
「日欧EPAをTPPをベースラインにして、それ以上譲っていいから早く決めろ」との指示に基づき、
EUが競争力のあるソフト系チーズの関税撤廃を求められ、今度はソフト系も差し出してしまい、結局、実質的にチーズは全面的自由化になってしまい、
それを日米FTAで米国にも譲る(予定)、という「自由化ドミノ」で場当たり的で戦略性がない日本とは雲泥の差である。

まず、酪農家の生産費をカバーする水準として政府機関のCDC(カナダ酪農委員会)の乳製品支持価格(買上価格)とそれに見合うメーカー支払い可能乳代がセットで設定され、
それが各州のミルク・マーケティング・ボード(MMB、州の全生乳の独占的集乳・販売機関)とメーカー間の取引乳価(バター・脱粉向け=クラス4a)として適用され、
それ以外の用途の取引乳価も慣行的な価格差に基づいて連動して決定される。
つまり、支持価格の変動分をすべての用途の取引乳価に連動させて自動的に改訂することで生産者側とメーカー側が合意している。この体系は完全に維持されたのである。
戦略なき「自由化ドミノ」の開放に陥った日本とはまったく違う。

https://www.jacom.or.jp/column/2018/11/181115-36665.php

69 :名無しさん@1周年:2019/01/30(水) 08:19:07.61 ID:iIewgH7w0.net

これ長期的目線だとかなりやばいぞ
国内の生産者が減ってどんどん外国頼りになるといざってときにバター不足して取り合いになるからな
そうなるとケーキ屋やパン屋などが潰れて従業員も働く場所なくなるからな
なし崩し的に色んなとこが影響受けるぞ

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【アニメ】ガンダム40周年でコラボ商品続々…プロ野球12球団カラーのガンプラやKEN OKUYAMAデザインも

木 1月 31 , 2019
元スレ 1 :窓際政策秘書改め窓際被告 ★:2019/01/30(水) 18:40:23.88 ID […]