Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【三重】伊賀の滝で「初みそぎ」 市内外からふんどしなどを履いた男女14人

1 :ガーディス ★:2019/01/26(土) 23:00:20.59 ID:8VST6UKn9.net
伊賀市白樫(しらかし)の岡八幡宮で二十二日、境内の滝に打たれて心身を清める「初みそぎ」があった。大井貞夫宮司ら十四人が落差三メートルほどの「洗心の滝」から水を浴び、新年への気持ちを新たにした。

 市内のほか、京都、愛知、奈良の各府県からも参加。拝殿で祈祷(きとう)した後、男性はふんどし、女性は白装束に着替えた。酒と塩を体にかけた参加者らは滝の前に集まり、「エイサー」などと声を上げ、舟のかいをこぐ動きを繰り返して体を温めた。

 みそぎは毎月二十二日に営まれているが、気温の低い一月は特に参加者には厳しいとされる。津地方気象台によると、みそぎが行われた午前十一時ごろ、市内の気温は七度。例年よりやや高めだったが、水は冷たく、震えながら声を張り上げる参加者も多かった。

 「エイッ」と気合を入れて、水の中へ。一人ずつ滝の下まで進み、水に打たれ始めると、全員で「はらいたまえ、清めたまえ、六根清浄!」と何度も唱えていた。六根清浄とは五感と意識を清らかにすることを意味する。

 知人に誘われ、初めて参加した主婦の木全英子さん(53)=愛知県豊田市=は「日本の伝統的な雰囲気や神聖さを感じることができた。これを機に、いろんなチャレンジをする一年にしたい」と話していた。

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20190123/CK2019012302000029.html
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20190123/images/PK2019012202100249_size0.jpg
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20190123/images/PK2019012202100248_size0.jpg

24 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:38:28.23 ID:FlprTFuA0.net

21 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:29:58.78 ID:0GDrtGrj0.net

えらいなあ

16 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:19:37.37 ID:ZPHkY5Xo0.net

なんだゴミか

11 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:07:34.58 ID:S1vFygMC0.net

そんなことより貴様!「山笠 女児」で画像検索するなよ絶対にだぞ!

3 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:03:14.25 ID:1uIUkKSO0.net

憤怒して褌

23 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:32:50.75 ID:qwCNRQQB0.net

おい!!どこにふんどしを履いた女性の画像がある
早くupしろよ!!

9 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:06:35.47 ID:0yhQn9yI0.net

画像がエロいな

31 :名無しさん@1周年:2019/01/27(日) 02:11:06.91 ID:l4tH2eUs0.net

憲法の一条に
「天皇の地位は『国民の総意』にもとづく」
とあんだが、この「国民の総意」が実際に確認されたことはない。

だから、糞ヒロヒトも糞アキヒトも正式には「天皇ではない」。

今回はきっちりと確認しろよ、国民の総意を。

何のための憲法だ。

そもそも冷戦終了後の糞ジャップの没落は、天皇制を残したことが原因。
テンコロの交代は、天皇制を潰す最大のチャンス。
ここで天皇制を潰さないと、
またジャップは何十年も辛酸をなめ続けることになるぞ、馬鹿が。

2 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:01:43.75 ID:7m43SATg0.net

ふんどし女だと!

8 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:05:30.73 ID:+zlLaYqN0.net

女児の褌は?

6 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:04:28.81 ID:HfHpdq4Y0.net

女がふんどし姿じゃないのは女性差別だろ!

15 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:19:07.00 ID:RwPfBBSE0.net

伊賀市白樫の岡八幡宮での「初みそぎ」といえば、六尺褌一丁の男達が、神輿を担いでぶつかり合う、 勇壮な祭として、この地方に知られている。
祭のあと、男達は集会所に集まり、普段着に着替え、飲み合う。
六尺は、激しい祭でドロドロボロボロになるから、使い捨てで、ゴミとして出される。
俺はいつもそれが狙いだ。
捨てられている六尺の、できるだけ汚れてる奴を10数本ほど、 こっそりさらって家に持ち帰る。
そして、深夜、俺一人の祭が始まる。
俺はもう一度汚れた六尺のみ身に付け、部屋中にかっさらってきた六尺をばら撒き、 ウォーッと叫びながら、六尺の海の中を転げ回る。
汚れた六尺は、雄の臭いがムンムン強烈で、俺の性感を刺激する。
前袋の中のマラは、もうすでに痛いほど勃起している。
六尺の中に顔を埋める。臭ぇ。
汗臭、アンモニア臭や、股ぐら独特の酸っぱい臭を、胸一杯に吸い込む。溜まんねえ。
臭ぇぜ、ワッショイ! 雄野郎ワッショイ!と叫びながら、前袋ごとマラを扱く。
嗅ぎ比べ、一番雄臭がキツイやつを主食に選ぶ。
その六尺には、我慢汁の染みまでくっきりとあり、ツーンと臭って臭って堪らない。
その六尺を締めてた奴は、祭で一番威勢が良かった、五分刈りで髭の、40代の、 ガチムチ野郎だろうと勝手に想像して、鼻と口に一番臭い部分を押し当て、
思いきり嗅ぎながら、ガチムチ野郎臭ぇぜ!俺が行かせてやるぜ!と絶叫し、 マラをいっそう激しく扱く。
他の六尺は、ミイラのように頭や身体に巻き付け、 ガチムチ野郎の六尺を口に銜えながら、ウオッ!ウオッ!と唸りながらマラを扱きまくる。
そろそろ限界だ。
俺は前袋からマラを引き出し、ガチムチ野郎の六尺の中に、思いっきり種付けする。
どうだ!気持良いか!俺も良いぜ!と叫びながら発射し続ける。
本当にガチムチ野郎を犯してる気分で、ムチャクチャ気持ち良い。
ガチムチ野郎の六尺は、俺の雄汁でベトベトに汚される。
ガチムチ野郎、貴様はもう俺のもんだぜ!
俺の祭が済んだあと、他の六尺とまとめて、ビニール袋に入れ押し入れにしまい込む。
また来年、祭で六尺を手に入れるまで、オカズに使う。
押し入れにはそんなビニール袋がいくつも仕舞ってあるんだぜ。

25 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:39:54.09 ID:LzDUJxIE0.net

おさわりまんこのひとふんどしてます!

30 :名無しさん@1周年:2019/01/27(日) 02:10:12.12 ID:1mF1zROv0.net

冬こそホモスレ!

28 :名無しさん@1周年:2019/01/27(日) 00:27:46.74 ID:hE0kYR070.net

>>1
どうだみんな、想像していたのと違っただろうw

5 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:04:14.34 ID:TKuIrb6Q0.net

>>4
反って耐性がつく

7 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:04:44.48 ID:i9huggHY0.net

仕舞って!ない・・・

12 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:13:50.50 ID:CGfHn2kZ0.net

平常体温からか

19 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:21:42.55 ID:DS3CdxuP0.net

生きてること自体が罪なのか、みそぎしなきゃ汚れちまうのか

18 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:20:35.14 ID:EgYvC7oJ0.net

俺の1月の体験だ。
俺は22日にかけて滝行を行う。
近畿地方のある岡八幡宮に篭り境内の滝で六尺一本になって滝に打たれる。
滝は寒さで半ば凍りつきこの冬はとりわけ寒いので氷柱が何本も勃った幻想的な光景になっている。
俺は般若心経を唱えながら滝に打たれる。
零下の気温の中で冷たい水に打たれるのは想像を絶する苦痛で寒さで金玉も魔羅も
縮こまっている。
明け方ブウォーという法螺貝の音がとこからともなく響いてきた。
今年も来たな。
俺は思った。
滝壷の前に山伏姿で天狗の面を被った男が現れた。
男は山伏装束を脱いだ。
六尺一本の逞しい身体が現れた。
冬だというのに肌は浅黒く濃い体毛が胸から下腹に続いていた。
男の股間は隆々と盛り上がっていた。
天狗男は六尺も解いた。
天狗の鼻のような魔羅がビンと飛び出した。
俺の縮こまっていた魔羅も鎌首をもたげ始めた。
「よ、よう。いい体してんな。お、お、俺と爽快なホモセクロスでハメ狂わねえか?」
天狗と分かってる奴に声を掛けるのは初めてで、不覚にも声が震えた。
「いいぜ。実は俺は天狗なんだ。俺のすげぇマラでヒィヒィよがらせてやるよ。」
俺の妄想では、天狗野郎はこう言う筈だった。しかし、現実は甘くない。
「なんなんですかあなた。気持ち悪い。警察呼びますよ。」
やはり駄目だったか……。天狗野郎は俺を睨みつけると、どこかへ行ってしまった。
まだ俺自身無垢な修現者だった頃を思い出し、俺の目から涙が溢れた。

18 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:20:35.14 ID:EgYvC7oJ0.net

俺の1月の体験だ。
俺は22日にかけて滝行を行う。
近畿地方のある岡八幡宮に篭り境内の滝で六尺一本になって滝に打たれる。
滝は寒さで半ば凍りつきこの冬はとりわけ寒いので氷柱が何本も勃った幻想的な光景になっている。
俺は般若心経を唱えながら滝に打たれる。
零下の気温の中で冷たい水に打たれるのは想像を絶する苦痛で寒さで金玉も魔羅も
縮こまっている。
明け方ブウォーという法螺貝の音がとこからともなく響いてきた。
今年も来たな。
俺は思った。
滝壷の前に山伏姿で天狗の面を被った男が現れた。
男は山伏装束を脱いだ。
六尺一本の逞しい身体が現れた。
冬だというのに肌は浅黒く濃い体毛が胸から下腹に続いていた。
男の股間は隆々と盛り上がっていた。
天狗男は六尺も解いた。
天狗の鼻のような魔羅がビンと飛び出した。
俺の縮こまっていた魔羅も鎌首をもたげ始めた。
「よ、よう。いい体してんな。お、お、俺と爽快なホモセクロスでハメ狂わねえか?」
天狗と分かってる奴に声を掛けるのは初めてで、不覚にも声が震えた。
「いいぜ。実は俺は天狗なんだ。俺のすげぇマラでヒィヒィよがらせてやるよ。」
俺の妄想では、天狗野郎はこう言う筈だった。しかし、現実は甘くない。
「なんなんですかあなた。気持ち悪い。警察呼びますよ。」
やはり駄目だったか……。天狗野郎は俺を睨みつけると、どこかへ行ってしまった。
まだ俺自身無垢な修現者だった頃を思い出し、俺の目から涙が溢れた。

26 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:40:27.97 ID:dup5cpOk0.net

ふんどしは締めるものであって履くものじゃないだろう。
スレの立て子の日本語力の劣化が著しいな。書けないならヘタクソな作文するな馬鹿ども

20 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:26:16.18 ID:YAYRncsG0.net

>>1
最近のふんどしは履くのね? 以前は絞めるって言ってたけど…

29 :名無しさん@1周年:2019/01/27(日) 01:19:55.15 ID:uWubDcEC0.net

ネトウヨのおっさんも愛用のフンドシとメンズブラをつけて
謹んでそこいらの神聖な滝に打たれ、煩悩と我欲と恥垢を洗い流せよwww
否、ネトウヨほどの病身レベルの不浄になるとフンドシも外し、
積年の汚濁に固結した金剛不洗のアナルへの直噴も検討されてよいwww

と、それこそ不浄のヨタはいいとしてレスレス

>>19
原罪ですなあ。人間こそが罪人って思想は古今東西を問わないのかもね。

>>22
女相撲って興行は明治以降あったものらしいね。
意外にもお色気とかそんなものでなく、真面目なものだったそうだよ。
タイムスクープハンターでやっていたような記憶もあるな

13 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:15:29.25 ID:KxiXLgFr0.net

女の人はこれ履いたパンティ絞ってドリンクとして売ればいい

4 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:03:18.18 ID:NsJhHWGx0.net

よりによって特別寒い日に当たっちゃったな

10 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:06:37.71 ID:tkrIG27K0.net

ミサキは?

27 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:41:43.99 ID:EhPQKXQX0.net

みそぎは全裸だろ!

14 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:18:33.04 ID:XwY21kCC0.net

女性はスケスケになるの?

17 :名無しさん@1周年:2019/01/26(土) 23:20:20.93 ID:1tgRCmOB0.net

昔の女禊は 同じふんどしだったらしいなwww

アフォ うそだぴょーん
そんな女に飢えてるわけでもなくw
禊は神事だろ 

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【風物詩】中国で春節の帰省ラッシュ始まる 30億人大移動

日 1月 27 , 2019
元スレ 1 :プティフランスパン ★:2019/01/25(金) 11:18:16.99 ID:HQ […]