Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【裁判】飲酒運転の自転車男が水路に転落し死亡した事故で奈良県広陵町に2700万円賠償命令・奈良地裁葛城支部

1 :水星虫 ★ :2018/12/21(金) 01:09:32.73 ID:CAP_USER9.net
水路転落死 広陵町に賠償命令

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20181220/2050001645.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

広陵町で町道脇の水路に転落して死亡した男性の遺族が、町に対し、損害賠償を求めていた裁判で、
奈良地方裁判所葛城支部は町の過失を一部認め、およそ2700万円を支払うよう命じました。

おととし11月、広陵町で当時52歳の男性が、町道脇の水路に自転車に乗ったまま転落して死亡し、
遺族は町が安全対策を怠ったのが原因だとして、町に対し、損害賠償を求めていました。
一方、町側は
「現場の街灯や自転車の明かりで、水路にふたがないことは容易に確認できた」
などとして争っていました。

20日の判決で、奈良地方裁判所葛城支部の島村雅之裁判官は、
「事故現場は夜間に水路があると認識するのは困難で安全性を欠き、防護柵を設置する必要が相当程度あった」
などと町の過失を一部認めました。
そのうえで、
「男性は飲酒していて、自転車の操作に影響した可能性が高い」
として、町に対し、およそ2700万円を支払うよう命じました。

広陵町は「判決文が届いていないのでコメントできない」としています。

12/20 18:22

73 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 03:11:54.51 ID:O/iD0PfQ0.net

また被害者ビジネスか。しかし落下防止は必要だわな。

58 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 02:05:17.09 ID:H0B7HwHX0.net

何言ってるかよくわからんのだが
ぐでんぐでんに酔っぱらってても安全な社会をって?
それはいいことだw

だったら車の飲酒運転も認めたら?

3 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:10:46.46 ID:VUPab2cb0.net

こういう手もあるのか

71 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 03:01:41.07 ID:sdqLcKHQ0.net

このウンコのせいで日本全国津々浦々の水路に柵をたてなければならなくなった。いったいいくらの税金が投入されることやら。

52 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:57:24.65 ID:aj/C/m1B0.net

慌てフタめいたんだろうな

38 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:37:20.83 ID:0l27697x0.net

国賠法二条をナメないでほしいのw

33 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:33:32.08 ID:43bYkeyz0.net

>>15
死んだおっさんの稼ぎが少なくて貯金も無いから 残された家族が露頭に迷ったと涙ながらに訴えたんじゃね、、裁判官達はコレを大岡裁きだと自尊してるんだよw

15 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:20:38.26 ID:+e5fQ/hR0.net

原告側の弁護士がかなり有能なの?
町側の弁護士が相当無能なの?

68 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 02:35:03.95 ID:XaWQqFHx0.net

奈良の山の方なんてもっと陰湿で空気悪いよ
人の住む場所じゃない

44 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:45:53.13 ID:i1rVFQJT0.net

言いがかりがまかり通ったのか

84 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 04:33:50.01 ID:effw/KCE0.net

奈良県広陵町は、町の歳入に占める地方交付税の割合が20%もあり、
追加の支出をするほどの余裕が無い。
水路に防護柵を設置すれば、当然、その分、他の予算が逼迫することになる。
税金は打出の小槌ではない。
歳入に見合った限られた予算内で、優先順位の高い部分のみを執行するべきだ。

今回、被害者は酔って水路に転落しており、被害者には相当な過失があったのではないか?
確かに水路に防護柵を設ければ、事故は防げただろう。
しかし、そこまで予算をつけるだけの余裕は町にはないのではないか?
よって、これは、被害者の落ち度を大きく取って、被害者が受忍する限度内の事故ではないか?
町に賠償責任は無い。

66 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 02:28:10.80 ID:wOKGsd5B0.net

>>34
馬鹿が
お前こそ選挙行けよ

32 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:32:41.01 ID:y2eKBeif0.net

これは当然

水路を放置するな
なんのために住民税を払ってるんだ?

48 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:53:35.96 ID:cpFAcgDm0.net

36 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:36:41.66 ID:icik/8Hi0.net

>>34
最高裁判所…

21 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:23:04.98 ID:EBaJ+1nJ0.net

水路もおけないこんな世の中じゃ

80 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 03:49:31.44 ID:ykDDeLPM0.net

>>1
>広陵町は「判決文が届いていないのでコメントできない」としています。

町からは裁判に誰も出なかったのか?

23 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:26:21.49 ID:nMEfofdg0.net

>>20
自転車だろうが飲酒運転は問答無用で保険は出ないから金がほしくて町を訴えたんだろ
まあ弁護士に大半賠償金取られるような事案だけど

42 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:42:29.28 ID:cwk68gz/0.net

こういう時は 自殺説は出ないの?
ガムテープ後ろ手の時だけ自殺なの?

24 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:26:40.20 ID:TvQTn34C0.net

>>8
都市部の道路でいきなりポッカリそこだけ蓋が無くなってた、とかなら分からなくもないけど
田舎の田んぼなんて結構深い用水路に柵も蓋もないなんてごくごく普通だよね

地元のオヤジなら知ってるだろうにな

65 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 02:20:52.00 ID:CtY409if0.net

泥酔して飲酒運転で何言ってんだよ
なら自殺する奴は水路が見えにくい場所で柵がない場所だと遺族に町から2700万勝ち取れるわけね
勉強なるわ〜

77 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 03:41:25.59 ID:K9Pj7YlF0.net

痴裁はこれだから…

37 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:36:45.49 ID:7R82Ukv20.net

こういうのは懲罰的損害賠償がある国の仕事だろ

54 :帝王:2018/12/21(金) 02:02:20.12 ID:fqJlLyN50.net

78 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 03:43:34.27 ID:eUN2Ax820.net

自動車のライトで足元見えなかったとかあるかもな
接触してないからと知らんぷりで逃走
バレることはない

63 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 02:11:45.61 ID:jv9vQWlV0.net

62 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 02:11:40.03 ID:LOhEm+N80.net

でも柵無いのはあかんな

53 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:59:38.00 ID:uWUJUaN10.net

>>1
奈良地裁か

まあ、自分の金じゃないからと、血税を無駄遣いするのが奈良の伝統だわな

8 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:15:10.62 ID:liA2/bpG0.net

奈良地裁というより奈良恥裁
電灯もフタもガードパイプもない用水路なんて日本中にいくらでもあるんだから高裁でひっくり返るんじゃないの

14 :名無しさん@1周年:2018/12/21(金) 01:19:15.98 ID:9xIRwXtF0.net

飲酒運転やん

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【国交省】重大インシデント調査報告書発表 3月の那覇空港で中国旅客機許可なく離陸航空 運輸安全委員会

金 12月 21 , 2018
元スレ 1 :みつを ★:2018/12/20(木) 17:30:48.72 ID:CAP_USER […]