Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【中国】2020年に街灯の代わりとなる「人工月」を打ち上げると発表 明るさは本物の月の「8倍」、直径10-80Kmのエリアを照射★4

1 :ばーど ★:2018/10/18(木) 19:02:15.03 ID:CAP_USER9.net
https://i1.wp.com/nazology.net/wp-content/uploads/5998.jpg

・中国に街灯の代わりとなる「人工月」が打ち上げられる予定
・人工月には太陽光を反射させるパネルが取り付けられており、その角度を変化させて照射位置を調整する
・その明るさは本物の月の「8倍」にも及び、直径10-80Kmのエリアを照らすことが可能

中国の歴史的都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工月」を打ち上げて、街灯の代わりに街を照らしてもらおうというのです。

打ち上げの予定は2年後の2020年。その輝きは本物の月の「8倍」ほどになるとされており、直径で10-80キロメートルのエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント “2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国の宇宙開発企業「中国航天科技集団」がこの計画を発表しています。

打ち上げのテストは数年前から実施されており、2020年の打ち上げに向けての技術的な準備は完了しています。また、中国航天科技集団は中国の宇宙開発を請け負う主要企業ですが、この計画が中国政府の支援を受けているのかについては不明です。

https://i1.wp.com/nazology.net/wp-content/uploads/moonshine-960797__480.jpg

この「人工月」には太陽光を反射させられるパネルが取り付けられており、その角度を変化させることで、照射位置を調整します。

世界を見渡すと、過去にも同じように太陽光を利用した例があります。2013年、「太陽が届かない街」として有名であったノルウェーの谷底の街、リューカンに「3つの鏡」が設置されました。コンピューター制御されたその鏡は、間接的ではありますが、街に待望の「日光」を届けることに成功しています。

また、1990年台にはロシアが人工衛星 “Znamya” を打ち上げ、太陽の光を地球の夜間地域に反射させて、その地点を明るくすることに成功しています。その後もサイズを大きくした “Znamya2.5” が計画されましたが、こちらは打ち上げに失敗。開発者はさらなる挑戦への資金調達ができずに、結局その構想が実現することはありませんでした。

「人工月」の登場によって懸念されるのは「夜行性の動物」への影響ですが、光学の専門家は、この人工月の光は「夕暮れどき」のようなほのかなものであり、動物のルーティーンに影響が出ることは考えにくいと説明しています。

2018/10/18 nazology
https://nazology.net/archives/22493

★1が立った時間 2018/10/18(木) 13:24:29.48
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539847603/

175 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:56:21.67 ID:ZLN+M+/O0.net

毎晩のように街灯レベルの光を広域に送れるなら農作物が激しく徒長するな
まあシナにいる動物もおかしくなるだろうけどこれは前からか

340 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 21:19:53.99 ID:wejUuacM0.net

>>323
地球の半径6千kmちょい
衛星の静止軌道3万6千km
静止軌道から地表10〜80キロに収束できる精度ならいけんじゃね?
ほんまかいなって話しだけど

283 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 20:45:07.89 ID:HbbnHltA0.net

>>262
今JAXAが歴史的な偉業に挑戦してるの知らんバカかよ

244 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 20:22:00.36 ID:knLFHwVB0.net

第11番惑星を開拓するのに使えそう

427 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 22:20:02.42 ID:PLAr0Dw80.net

曇ってたら光届かないやろ

302 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 20:54:39.02 ID:NhP6d18Y0.net

>>297
煙突の触媒何とかせいや!と日本が金渡してもポケットに入れてガンガン煙出してる国に何を望む

431 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 22:23:16.75 ID:u+mHP6iH0.net

米中貿易戦争で世界最大の貧民窟に逆戻りする
臭くて汚い共産中国
おしまいだー
おしまいだー
共産中国がおしまいだー
ブクブク沈んで再浮上なし
.。o○

沈む泥船
共産中国

288 :アベンキハンターさん:2018/10/18(木) 20:48:49.83 ID:EvIwiVXh0.net

1mに絞れば

ソーラーレイ

324 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 21:07:20.56 ID:b617n4Nf0.net

逆に地上発射のビームを敵国に叩き込む反射衛星砲だろ

44 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:13:24.24 ID:M7OH+boH0.net

真夜中が夕暮れ時と同じ明るさだったらやっぱり影響ありそうなもんだけどな

あと鏡の面積はどんくらいよたとえ一辺1kmくらいあっても
直径10〜80kmに拡散したらその鏡の面積に射した分の日光以上の光はないわけだから
面積あたりで言ったら弱い光になるんじゃねえの

光っては見えるけど地上は照らさないレベルじゃね

41 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:12:53.12 ID:1B2X3r7R0.net

町がひとつ消滅するんでしょ?

9 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:03:39.25 ID:dyJq9Yju0.net

285 : :2018/10/18(木) 20:45:36.27 ID:o68sjXBh0.net

夕方じゃ無くて夜間も照らすんだから静止軌道から反射しなければいけない物理を全く知らなくても実現不可能と判るレベル。

378 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 21:43:46.85 ID:XevlDPFX0.net

太陽を反射するためには遠くに飛ばさないと行けないしそうすると面積がでかくなる
よって無理

60 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:16:06.33 ID:XKks9ubz0.net

368 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 21:38:49.54 ID:zBiz/hwB0.net

「光……あれ!」

遙かな昔、神は光と闇を分け、光に天聖界、闇に天魔界を創造し、それぞれに天使と悪魔を置かれた。
また、お守りのためには天地球を作られた。

しかし悪魔達は、自ら神に忌み嫌われた存在であると感じ、天使たちを攻撃した。
そして今、天使対悪魔の激戦は、天地球にその舞台を移したのだ。

195 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 20:04:02.50 ID:4wILkaKU0.net

>>11
反射衛星砲

348 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 21:28:30.74 ID:P7FdMWPj0.net

>>337
>>>332
>じゃあ理論的には可能なのか

理論的に可能なのは、ソーラレイシステムも示してるけど、問題は純粋に経済的ところだろうね。電気代含めて街灯の方が圧倒的に安い。
街灯よりコスト安いシステムなら、衛星何百機と上げてるアメリカが真っ先にやるだろ?

374 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 21:41:40.13 ID:rPGfLt0J0.net

ソーラシステムやんけ!
あそこまでじゃなくても
他国を夜にしないで熱を照射し続けるとかできるだろ

262 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 20:31:47.44 ID:h0kxYp120.net

お前らバカにしてるけど日本には新しいことに挑戦する力が残ってないんだよ

81 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:22:29.09 ID:tOA9mrQZ0.net

SOL

417 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 22:10:50.33 ID:jwe4EuEr0.net

>>412
それスポットライトならどれだけ距離が離れてても
空気中で光は減退しないって言ってるようなもんじゃね?

159 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:51:10.72 ID:fymCuRJx0.net

なんだ、結局は中国独自の技術じゃなくて
宇宙開発のパイオニアであり、アメリカの40年先を行くと言われている
素晴らしいロシア製の技術をパクったものか

245 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 20:22:06.38 ID:x0kySWHm0.net

松平アナ「しかしこの計画を成功させるキーデバイスである新型バルブシステムが中国にはまだ開発出来なかった。
彼等は知らなかった。東洋の島国の町工場がその成否を握っていた事を・・・。」

301 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 20:54:00.60 ID:nYRaFUJ/0.net

例えば街灯の電源が火力ならコスト面ですぐやりたいでしょう。一般的に夜間電力は
原発で充分賄えるので、ない場合はこれを普及させるべきですね。
日本も今度は中国を真似て計画するべきでは。
山間部の街灯は少なくて暗いところは真っ暗です。そういうところも「うっすらと明るく」
なるのは安全にもつながる。
満月で0.2LX(ルクス)ですから中国の月光衛星は1.6LXということでしょうか。
映画館の座席で0.2ですから相当明るいですね。

39 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:12:44.31 ID:vUH6DpIn0.net

夜なのにサングラスかけんといかんなるな (-_-;)はぁ

193 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 20:02:48.27 ID:zBiz/hwB0.net

SFやなあ、虫メガネみたいに焼き殺すこともできそう

36 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:11:56.53 ID:5LBWalot0.net

虫眼鏡でモノを燃やせるのだから原理は極めて簡単。
数千数万の鏡を一点に集める精度さえあれば、
太陽光が無限のエネルギーを持った攻撃兵器になる。

これ、笑っている場合でもあるまいに。

137 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 19:43:59.93 ID:ij2JiDfl0.net

これ、キンペーは何の役なの?
デギン?ギレン?キシリア?

360 :名無しさん@1周年:2018/10/18(木) 21:35:55.58 ID:u3DYbNQt0.net

>>340
食に入る1時間程度のために衛星2基あげて、システムを複雑にさせるのは、流石にチャイナでもやらんでしょうね

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【米宝くじ】「メガミリオンズ」賞金が1010億円に!単独当せんなら史上最高額

木 10月 18 , 2018
元スレ 1 :ばーど ★:2018/10/18(木) 17:43:01.57 ID:CAP_USER […]