Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/2hcreate/2hcreate.wpblog.jp/public_html/wp-content/themes/default-mag/assets/libraries/breadcrumb-trail/inc/breadcrumbs.php on line 254

【医学】パーキンソン病の既存薬が筋萎縮性側索硬化症(ALS)にも効くことを発見/慶応大

1 :ニライカナイφ ★:2018/10/16(火) 01:29:21.11 ID:CAP_USER9.net
◆ iPS細胞を使って発見。 既存薬がALSにも効果
 〜ALSは進行性の難病。進行を遅らせる薬はあるが、治療法は確立していない。

■iPS細胞使って発見、既存薬がALSにも効果 慶応大

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って病気の状態を再現し、薬の候補を探す「創薬」により、パーキンソン病の既存薬が筋萎縮性側索硬化症(ALS)に効くことを、慶応大などのチームが発見した。
13日、東京都内であった再生医療のシンポジウムで、同大の岡野栄之教授が公表した。
将来的には患者の治療への活用が期待される。

ALSは進行性の難病。筋肉を動かし、運動をつかさどる神経が障害を受けて、呼吸や手足などの筋肉が次第に動かなくなる。
国内に9千人あまりの患者がいるとされる。進行を遅らせる薬はあるが、治療法は確立していない。

岡野教授らのチームは、血縁者に患者がいる家族性ALSの患者から採取した細胞から作ったiPS細胞で、病気の状態を再現。
約1230種の薬を試し、パーキンソン病の既存薬のロピニロール塩酸塩で効果を発見した。
血縁者に患者がいない孤発性ALSの患者から採取した細胞から作ったiPS細胞でも試し、22タイプの孤発性ALSのうち約7割にあたる16タイプで効果を確認した。

https://i.imgur.com/q1GQbSc.jpg
https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/13/ips-als_a_23560163/?utm_hp_ref=jp-homepage

8 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 01:38:22.81 ID:KISMwzhz0.net

効果(余命5年だったものを5年三ヶ月に延ばす)

68 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 10:17:33.49 ID:EMp3PH6x0.net

>>67
ホンマこういうの聞いたら何で安楽死できんのやろって思う

79 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 12:58:18.83 ID:Al4EjnB/0.net

親戚がこの病気発症した。
良い情報ありがたい

69 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 10:21:35.84 ID:H0HnxGs40.net

>>3

ネトエラ(ネット工作の在日朝鮮人)がすごい勢いで暴れまくってるな。

日本に密入国してきて図々しく居つき、
生活保護を受給しながら性犯罪を繰り返し、
日本人になりすましネット工作を続ける在日朝鮮人。

在日朝鮮人はスパイそのもの。
帰化人を含めて朝鮮人全員をいったん強制送還するしかない。

●●● ネトウヨ連呼厨(ネトエラ)の正体 ●●●
http://karutosouka2.tripod.com/uyokusyoutai.htm

.

84 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 13:09:24.22 ID:yx3RLhGA0.net

iPS細胞の本来想定されてた使い方でも有用性が発揮されたな
山中教授も全くとんでもない発見をしたもんだ

101 :名無しさん@1周年:2018/10/17(水) 05:10:20.54 ID:kGrRhzR50.net

>>57
意識ははっきりしてるんだってな
恐ろしい

93 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 21:48:32.57 ID:axvlccDg0.net

グルタミン酸過剰で運動ニューロンが死滅するという説
緑内障はグルタミン酸の蓄積が要因という説

2 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 01:31:12.49 ID:Lp0A6ZoP0.net

おー!やるじゃん!創価大学

82 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 13:03:02.54 ID:Py6993cX0.net

>>27
神経が麻痺してるわけじゃないからね

7 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 01:37:21.16 ID:8v14ojsX0.net

いいじゃん!

28 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 02:31:05.10 ID:eoDDpo8w0.net

似たような症状ですよね。
共通点があったのかな。

39 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 03:35:40.33 ID:uzmnS0+c0.net

細胞が変性していく難病っていくつかあるよね
原因が違っても治療法に共通項はあるかも

44 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 05:10:13.76 ID:6L0m7y+H0.net

キーパーソン病「その話、俺は聞いてないぞ」

78 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 12:32:24.30 ID:zRNaQ/f50.net

>>48
この薬で治せるなんてことは期待しない方がいいぞ

65 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 09:57:42.74 ID:1mjwcOJP0.net

>>57
さっさと楽にしてやるべきと思うわ
まぁ本人が望むならな

47 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 06:09:00.29 ID:JtkE+XUp0.net

>>9
自由連合

52 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 06:55:02.80 ID:OhDupMAi0.net

早く使って上げて

96 :名無しさん@1周年:2018/10/17(水) 01:48:06.47 ID:hvnZA2Lv0.net

なるほど、だから?

91 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 21:43:34.29 ID:axvlccDg0.net

たしか日本では1970年代を境に激増してる病気が数種類あって
ALSはその一つだったはず。

97 :名無しさん@1周年:2018/10/17(水) 01:58:08.04 ID:hG9oU0yr0.net

>>73

抗パーキンソン薬盛ってドーパミン全開にさせて
基地外病院に連れて行くんだろ

抗パーキンソン薬に始まり抗パーキンソン薬に終わるのは
マッチポンプ医療のお約束だろw

38 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 03:33:35.53 ID:Cfoq4fUl0.net

宇宙兄弟でやってたやつか
あとアイスバケツチャレンジ

105 :名無しさん@1周年:2018/10/17(水) 11:51:20.92 ID:Du2bU/Fs0.net

>>70
それはまるで永遠に続く金縛りのようだ。
ALSになる前の体まで巻き戻すとか
なかったっけ?へその緒とかから
赤ちゃん細胞取り出して全身を若返らせるとか?
なんか方法ありそうだけどね、背骨に電気ショックとか
もしかして小保方さんなら本当は出来たのでは?

86 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 13:34:55.04 ID:E1npzLWB0.net

どういった作用で効くのか調べてもっと効く薬を作る

42 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 04:12:58.14 ID:R2vH31Kp0.net

遺伝子編集で治した方が早いんじゃねーの。iPSの名前を使ったほうが国の予算が下りるんだろうけど

71 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 10:32:48.19 ID:KvbgLTeJ0.net

以前メコバラミンがALS治療に効くってニュース見たような
ナボリンいっぱい飲めばいいのかと思ったけどあれどうなったんだ

17 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 01:50:45.61 ID:cd9cxi+30.net

脳への薬って本当に少ないんだよ
手探り状態だもの
IPS細胞ってのは想像以上に使えるツールのようだね

43 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 04:23:26.90 ID:HmRoaPN00.net

IPSってそんな使い方もあるのか
知らなかった

87 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 13:36:34.04 ID:gkThzYB00.net

90 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 19:17:51.00 ID:WWokbcaV0.net

>>3
既存薬だから

21 :名無しさん@1周年:2018/10/16(火) 02:01:25.90 ID:yWg3Qvss0.net

22もパターンがあるのか

2hcreate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Next Post

【陸自】これが指導?「貯金を管理する」指導名目で後輩の口座から約590万円引き出しパチンコに 3等陸曹(38)懲戒免職 一時愛知に逃走

水 10月 17 , 2018
元スレ 1 :ばーど ★:2018/10/17(水) 12:37:47.34 ID:CAP_USER […]